沼津、旅の終わりと旅の始まり

Gotenba, Japan July 2020
Gotenba, Japan July 2020

スナップ写真は日々撮影するので、年次ごとのフォルダで管理している。それが旅だったり、個人的なアサインメントの仕事だったりすると、それ用のフォルダと階層を作り、スナップの中から部分的に選択して放り込んでいる。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

つまり僕にとって写真はそれが仕事か遊びかはさておいて、まず全てがスナップであるという前提がある。スタジオでキャプチャーワンのテザリングにおいて行う撮影仕事だけは例外で、最初からキャプチャーワンのフォルダの元、仕事写真として遂行される。(その写真群はスナップフォルダに入ることは無い)

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

スナップ写真が前提で、そこからプロジェクトとして切り出される。なぜこういうことになってしまったかと言えば、カメラを一台にしてしまったせいだ。一台しかカメラを持っていないが故、自ずと仕事用カメラ、日常用カメラなんて区別が一切なくなってしまった。一台で全てやるということ。それでできない案件はその都度適したカメラをレンタルしている。このようなやり方で仕事をしているフォトグラファーはとても少ない。出会ったことも聞いたこともないので、おそらく僕だけではないかと思っている。ただのバカだと言われれば、僕には返す言葉がない。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

そのような写真整理のやり方をやっている中で、時に境界を見失うことがある。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

全てを2020というフォルダにとりあえず突っ込むわけだが、そこから今回の伊豆半島の旅を抜き出そうと試みる。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

だけど、一体、どこからが旅の始まりで、どこからが旅の終わりなのだろうか?

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

撮影された場所を基準にするのなら、ここは渋谷だ、ここは品川だ、よしここで伊豆半島に入っているな。だからここからの写真を今回のプロジェクトとしよう。というやり方ができるかもしれない。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

だけれど、写真を見てみると僕にはその境界がわからない。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

家を出た瞬間から撮っていたりするので、その写真も「沼津フォルダ」に入れようかとも思う。しかしそれは、どこからどう見ても、いつもの近所のただの渋谷なのだ。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

こうなってくると、日常全てが旅だと言えるかもしれない。よくどこかで聞くセリフだ。写真整理において言えば、全てを旅とするのは少々暴力的にすぎるのではないだろうか。というかこの考え方で行くと、写真整理・フォルダ整理が全くできなくなってしまう。撮るだけで編集者に丸投げして、あとはよろしくできる巨匠ならまだしも。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

それでこういう結論に至った。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

日常と旅の境界を定めることが、撮影者の仕事なのだと。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

始まった仕事は終わらせなければならないように、始まった旅もどこかで終わらせなければならない。

Numazu, Shizuoka Japan July 2020
Numazu, Shizuoka Japan July 2020

スナップフォルダから部分的に切り出され、写真の連続性が断たれた時はじめて、それは日常から旅になるのだと思った。

Atami, Shizuoka Japan July 2020
Atami, Shizuoka Japan July 2020

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

Atami, Shizuoka Japan July 2020
Atami, Shizuoka Japan July 2020

人生に必要なものをほぼ全てグレゴリーのリュックに詰めて行く

Atami, Shizuoka Japan July 2020, LeicaM10-D
Atami, Shizuoka Japan July 2020, LeicaM10-D

伊東にいる。

Go To キャンペーンということで、東京から富士を眺めながら御殿場をぐるりと周り、沼津へ。そこから熱海に立ち寄り、伊東まで降りてきた。

ベタにうなぎや海鮮丼を食べて、温泉に入りながら。

伊豆半島は何度も訪れているものの、街々でそれぞれ趣きが異なる点がおもしろい。沼津、三島、伊豆、下田、熱海、伊東。どれも似ていて、どこか似ていない。ちょっと温暖で、リタイア寸前のお金持ってるシニアたちが温泉のために療養する場所。そんな偏見が少なからずあった。だいたい間違っていないのだが、実際に訪れて歩いてみると、経済成長期に造られたモノたちがとてもフォトジェニックなのだ。時間的退廃と、過去に確かにそこにあったものたち。

コロナ期のため人も少ない。毎日入ってる全ての温泉が貸し切り状態で、とにかく街に人がいない。いつも沢山の人で溢れている街だけに、どこか寂しさと不気味さが漂っている。それが港町ということも相まって。

最初は九州を旅する予定だった。10日間ほどの休暇と、フライトをとった。しかし、しばらくして10日間も九州をめぐることが億劫になってきた。なぜだろう。いつもであれば家よりも、空港のラウンジに滞在することや、長時間電車に揺られること、旅館や実家の畳を好むのに。あるいはここ2、3ヶ月の自粛生活で、外に出ることをめんどくさがるようになったのかもしれない。

とにかく僕は気づけばフライトをキャンセルしていた。飛行機代の4万円は1万2000円となってクレジット残高に返ってきた。巷で政府がゴートゥーキャンペーンと言い出したが、それは全く関係ない。僕は昔からテレビもラジオも無いし、政府の政策や政治とは全く無関係なロジックで動いている。そう思いながらも国に所属しているからには、何かしらの不利益や利益を被っているんだけれど。

九州を諦めて、思い立った先が伊豆半島だった。随分近場だし、自分の想像力と発想力の狭さにげんなりする。他にもっと行くところあっただろう。だけど今回は、伊豆半島だったのかもしれない。いや、たぶん場所はどこでもよかった。ただこの渋谷を出ることさえできれば。

グレゴリーのリュック

具体的な行き先も滞在期間も決めないまま、いつもより多めの荷物をグレゴリーのリュックに詰めた。バックでもザックでもなく、リュックに。響きがいい。小学生の気分にさせる。

いろんなバックパックを使ってきた。ミレーやパタゴニアやエパーソンマウンテニアリング、ノース、吉田カバン。

今はグレゴリー。耐久性もポケットも申し分ない。インナーのPCスリーブは底と差を持って縫われているので、地面にどんと置いてもPCに衝撃がいかないようになっている。時期により改良されているようで、微妙にデザインやポケットの仕様が変わる。

僕の旅の道具は80%が石川直樹さんの装備がベースになっている。写真家であり冒険家で極地に行く彼の道具をとりあえずパクっておけば、そんなに極地に行かない写真家で冒険家の僕には十分だと考えたのだ。このグレゴリーも石川さんの装備のひとつ。

現在持っているバッグはこれひとつなので、街でも山でも旅でも使っている。何も問題はない。黒くて地味で、誰もが持っている無難なベストセラーに少し愛着が湧いている。沢山詰めても背負心地が良いのがなにより。

中身は人生に必要なもの全て

多くの人は、もう既に人生に必要なものを全て手にしている。

ただそれに気づいていないだけだ。

今、名言っぽく言ってみたけれど、もう既に誰かが100回くらい言ってそうなセリフだ。

Everything in the bag.
Everything in the bag.

今回の持ち物。インナーバッグに包まれているので写真だと何がなんだかわからない。

左がラップトップで、右の荷物群をそれぞれ解説してみます。

まず左上の黒いのは、無印の吊るせるポーチ。このブログでも何度か登場している。東京の自宅にも吊るしておいて、そのままパックして旅先のホテルでも吊るして使えるスグレモノ。中身は、歯ブラシ、ペースト、オイル、フロス、日焼け止め。爪切りとハサミと毛抜と耳かき。衛生用品を全てまとめてます。

その隣、グレーのポーチは、PCの電源ケーブルとiPhoneケーブルの予備、ディスプレイ変換コネクタ、名刺、マスク、ボールペン、マジック。が入っています。仕事で使う系ですね。

その右隣が、折りたたみ傘と、カメラ

上段右端にあるのは、ノースフェースのレインパーカー。旅先では夏でもクーラー効きすぎてる場所や、突然の雨にさっと羽織れて重宝します。しかもたたむとこんなにコンパクトになるのでかさばらない。もちろん登山でも着用していて、秋冬はこの中にインナーを着込んでハードシェルとして使用します。

続いて、下段左の赤いやつはXERO SHOESのベアフットサンダル。これが最強。最近買ったアイテムで最も使っているものです。素足で歩く感覚をもとに作られていて、ソールがないペラペラのサンダル。人は靴を履く文化で生きているので、裸足で歩くことに慣れていない。使わない筋肉を使うので最初はとても疲れるんだけど、徐々に筋肉と関節が柔らかくなり、人間の本来持っている動物的身体性を取り戻せるというもの。素足が健康に良いことは知られているけれど、ベアフットの強者はこのサンダルでランニングしたり登山したりしています。さすがに僕はそこまでやれないけど、裸足はきもちいい。ビーチに出たり、温泉後の散歩だったり、汚い部屋に遭遇したりと、どんな旅行にもサンダルは必須アイテム。CHAIのライブ限定ビニールに入れてます。

その隣は本(Haruki Murakami)とノート。今読書は全てキンドルなのですが、小説はペーパーバックを一冊だけ持つようにしています。バッテリー切れた時やディスプレイに疲れた時でも紙だと楽です。緊急時はトイレットペーパーとしても使います。(海外バックパッカーじゃないんだから)なぜか春樹を英語で読むのがブーム。アナログノートの活用術についてはこちらの記事で書いています。

その隣のネイビーは、吉田カバンのインナーポーチ。これおそらく学生時代から唯一使っているもので10数年選手。確かな縫製で全くやぶれもほつれもしないんですよね。これにはカメラの充電関係と、ストロボ、バッテリー、LEDライトが入っています。

そして下段の一番右がパタゴニアのTシャツ。今着ているものを含めて、今回服は2枚です。昔は綿100を好んで来ていましたが、最近は化学繊維が好きになっています。登山とランニングをやるので化学繊維に移行したのですが、一度着るとその快適さから綿に戻れないくらいです。汗もすぐ乾くし、臭わない。旅先でもちゃちゃっと洗って干しておけばOK。パタゴニアのシンプルなTは耐久性もあり、UVカットも入っているのであらゆるアクティビティに対応できる。ランニングでも登山でも重宝しています。

服持たなすぎ問題

ここで既にお気づきの方もいらっしゃるでしょう。

服、なさすぎじゃね?

というかパンツ(下着)とか靴下は。

そうなんです。あまり大きな声では言えないのですが、今回ノーパンで旅しています。不快に思われる方いましたら申し訳ございません。伊豆半島をノーパンで徘徊しているのは、私でございます。

弁解するかたちで補足するなら、水着ひとつで移動しているわけです。

あ、東京では履いていますよ。

というわけで、今回持っている衣類は以下の通りです。
夏旅スタイルということで勘弁してください。

・Tシャツ 2枚
・ショーツ 1枚
・ソックス 1組
・レインジャケット

でもよく考えたら、これで2,3日生きているということは、これから先も同じ気候であれば、これだけの衣類で生きれるということです。

水着履いてるくせに、レインジャケットで雨防ごうとしているじゃねーか、濡れろよ。という声聞こえてきますね。

用途と場面でーということで。場面でー。

これから御殿場方面に戻り富士界隈の山を登ろうとも考えたのですが、どうやらしばらく天気が優れないみたいなので、そろそろ東京に戻ることを考えています。

珍道中の写真はインスタ&twitterで発信中ですのでぜひ御覧ください。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

キッチン事情 2020

All of my kitchen tools, Shibuya, Tokyo July 2020, LeicaM10-D Summicron35mm
All of my kitchen tools, Shibuya, Tokyo July 2020, LeicaM10-D Summicron35mm

今年のはじめに、全ての持ち物をまとめました。ミニマリストあるあるなネタ的な記事でしたが、個人的なの備忘録としても役に立っています。半年くらいのスパンで見直すと、ああこれ不要だよなとか、あっあの時こんなの使ってたんだと一瞬で思い出すことができるからです。

その記事では、キッチンで使っている道具を記載していませんでした。最後の方の文章を読むと、どうやら山道具との融合を目論んでおり、悩んでいた様子が伺えます。記事を書いてから数ヶ月後、僕はキッチンまわりにおいて、見事にアウトドアとシティライフでの融合を実現しました。渋谷の低層ペントハウスの最上階で、「山小屋」にいるかのような暮らしをしています。

というわけで今回は現在のキッチン事情を紹介したいと思います。

まず、食器類と調理道具ですがトップに写っているものがほぼ全てです。皿もボウルも菜箸もレードルもターナーも処分しました。

写っているもの以外にキッチンにある道具は

・ケトル
・炊飯器
・グラス1つ
・マグカップ1つ
・ストレーナー(お茶用)
・コーヒー器具(ミル、サーバー、ドリッパー)

となります。

トップ写真の道具で、調理と食事を全て行っています。

左の陶器の器は、ご飯を食べたり、シリアルボールになったり。けっこう昔に、吉祥寺の食器店で買ったもの。

右側は山用のMSRステンレスクッカーで、これひとつでスープや炒めものを作り、食べる時はそのまま器となります。山でも使っています。家庭用よりも金属が薄いので、すぐに火が通ります。焦げ付かないように最初は少しコツがいりますが、なれると最速で飯をこしらえることができます。味噌汁から、スープカレー、野菜炒めにガパオライス、目玉焼きと何でも作れます。(味噌汁の例:昆布をちぎって湯を沸かして、具材をいれて味噌をスプーン1杯溶かす。10分かかりません)

今まではデバイヤーの鉄製フライパンと、片手鍋を使っていました。どちらも良い道具でしたが、一人暮らしのソロアルパインシティスタイルにおいては、調理器具はひとつで大丈夫という結論になりました。

カトラリーは2種です。無印の箸と、以前も紹介したスノーピークのスクー。箸は菜箸として調理にも使用します。

このスタイルになってから、調理も洗い物も一瞬で終わるようになりました。ちゃんと飯食っている?と心配されることもありますが、人と食事する時は基本外食ですし、調理器具がシンプルになることで迷いが消え、朝晩もきちんとご飯を食べるようになりむしろより健康的になっています。

山に登っていなければ、このスタイルになることはなかったと思います。自分で全ての荷物を担いでの山行では、調理道具はひとつしか持てません。だけどそれで十分に生きれるのです。

もやしとニラと目玉焼き
もやしとニラと目玉焼き

日曜の朝、全ての窓を開け放ちサクッと朝食をこしらえる。オリーブオイルを敷いてニラともやしを入れて塩コショウ。卵を割って蓋をして、火を消して。テーブルを整えて蓋を開ける。

すると、どうだ。

風が吹いて眼鏡が曇り、ここは一瞬にして白馬の山小屋。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

写真家との再会、渋谷のアラート

Shibuya, Tokyo July 2020, LeicaM10-D + Summicron35mm ASPH.
Shibuya, Tokyo July 2020, LeicaM10-D + Summicron35mm ASPH.

街に随分人の気配が戻ってきた。笑い声にグラスの重なる音、店員の元気なコール、土曜日の喧騒に夏の夕暮れを感じる。水着とビーサンで渋谷に繰り出せば、太鼓の音、盆踊り、花火に夏祭りがもうすぐに始まりそうだ。

昨夜は久々に写真家の友人と再会した。何年越しかも覚えてないくらい月日が流れていたようだが、会ってみると元気な顔がそこにあって、それほど時間の経過を感じなかった。互いの状況を共有して、似たような経験を異なる場所で体験していたり。微かだけども確かな連帯のようなもの。同種類の人間であることを再確認することとなった。

二軒目でまた別の友人たちと合流し、夜が深まる前に酔いはまわり渋谷のアラートが点灯し始めた。それから他に誰も客のいない貸し切り状態のバーで、ウイスキーのソーダ割りを飲んで、四軒目に円山町のいつものスナックにたどり着いた頃には、アラートの点滅すら誰も目視で確認できないくらいになっていた。きっとそこはスナックではなく動物園か遊園地だったのかもしれない。

どのタイミングだったかわからないがこのようなフレーズを言ったことを覚えている。
「僕は街なかで人を撮る術を心得ている」
どういう文脈で放った言葉なのかは不確かだが、誰かにストリートフォトのことを尋ねられたのだろう。あるいは、歩いて家への帰り道、ひとりでに発した独り言だったのかもしれない。まるでカルティブレッソンの言葉のようだと思った。

シラフで今考えてみると、よくそんなこと言えたなと思う。人を撮る術など未だに体得できていない。体得できていないから日々こうして撮り続けているのだ。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

コニカビッグミニのネガフィルムに残された、過去の本棚

Book Shelf, Tokyo 2014, Konica BiGminiF
Book Shelf, Tokyo 2014, Konica BiGminiF

おはようございます!渋谷の片隅から今日もお送りするtokEmaru レディオ。金曜日です。曇り空で少し涼しいですね。週末のパーティーに向けてウキウキの方も多いと思いますが、傘のご用意をお忘れなく。それでは一曲目参りましょう、サニーデイ・サービスで「雨が降りそう

過去の写真を見ていたら、ビッグミニで雑に撮られた本棚が出てきました。ファイル名見ると2014年ごろでした。

ツイッターでちょうど鈴木達朗さんの写真集のことを呟いたのでその流れで書いちゃおうというわけです。ドイツのSteidlという出版社は美術書において世界的に権威のある出版社です。写真家の中では、ここから写真集を出したらもう「アガリ」と言われています。鈴木さんはストリート写真家ですが、日本よりも海外で有名です。少し前に富士フィルムのプロモーションに起用されて、その撮影方法が批判されましたね。こういっちゃあれですけど、正直に言っちゃいますけど、あれは割とナチュラルです。もっとヤバイやつ(ゲイリーウィノグランドとかブルースギルデンとか)たくさんいます。まだ警察沙汰にはなっていないですが、僕もだいぶやばいと思います。基本的にストリートはやばいんです。この話は深くなるのでちょっと置いておきます。

Steidlから日本人で写真集を出しているのは、杉本博司、森山大道、荒木経惟くらいかなと思いますが定かではありません。このあたりの情報お持ちの方教えて下さい。

僕は当時写真集を割と熱心に集めていました。職業柄、勉強のためにと言い訳をつけて、単純に写真集が、写真が、写真家が好きだったのだと思います。一般の書籍もカウントすると200冊は超えていました。ここに載せている写真の時期です。その本棚の一部を切り取られた写真を自分で今改めて見るのはとても興味深いものがあります。写真の情報量を感じます。35mmフィルムのビッグミニですが写りがシャープなのは確かです。横1000pxの解像度でも、誰のどの本なのかが分かってしまいます。

個人の本棚を見せることは、脳内や裸をみられているようなとても恥ずかしい感覚があります。幸い、えっちな本が写ってなくてよかったなと思います。いや多分ベッドの下にも隠してなかったというか、エロ本世代ではないはずですがなんとなくそんなことを心配してしまいますよね。(ロバート・メイプルソープの写真集はえっちと言えば少しえっちかもしれません)

左上から、東賢太朗さんやらレヴィ・ストロースさんやら人類学、人文系が少々あって、突然ワイン入門笑、ライアン・マッギンレー特集の美術手帖、ピータリンドバーグのタイトル忘れたけど最高のやつ、右上は大和田良さんやホンマタカシさん日本の写真家の語る系が多い。シャーロットコットンの現代写真論はポストモダンな世界の写真家を体系的になめるには最適な良書。

下の段はほぼ写真集で、ティム・ウォーカーの名作に、その師匠であるアヴェドンが並び、アヴェドンの影響下にあるレスリー・キーが偶然か連なる。ライアン挟んでの、テリー・リチャードソンの撮るこれ以上にないレディ・ガガ。マーク・ボスウィックなんかがあったりして、大好きなデイヴィッドアームストロング!ああ、これもう一度見たい。家政婦として第一次世界大戦後のニューヨークを取り続けたヴィヴィアン・マイヤー、ロバート・メイプルソープに、僕のファッション写真の先生スティーブンメイゼル!この写真、今思い出したけど彼が撮影し続けていたイタリアンヴォーグのカバーだけを20年分とかそこそこ集めたもの。ネタと引き出しの多さ!これぞメイゼル。写真集をあまり残してない彼の希少なポートフォリオだ。それから当時デビューして一瞬で写真界をぶち抜いたヴィヴィアン・サッセン。今見たら両方とも一冊4万とか笑 残しておけばよかったなー。その横のロレンツォヴィトゥーリのDalston Anatomyも世界1000部の限定版。超レアです。こちらも今25000円だ笑。輸入費含め8000円くらいだったはず。エルスケンの左岸の恋(荒木が左眼ノ恋で後にオマージュ)、アニー・リーボヴィッツの展覧会図録、スティーブン・ショアに続き、ヨーガンテラーの名作GOSEES。これはブログでも何度か紹介していますね。当時でも2万はしたけど、現在33000円也。写真集はもう立派な投資商品ですね。そしておそらく初めて買ったロバート・フランクのThe Americans. こちらは先に述べたSteidl復刻版。とても美しい印刷でした。その横は、上田義彦による蒼井優の写真集「A DREAMS」全てライカで撮影されていて、ポートレートとしては秀作だと思います。端っこにはライアンの弟子のZINEなんかが写ってます。奥山由之さんの処女作「Girl」は本人の直筆サイン入りだった。わざわざもらいに行ったんだ笑

影響受けているものが出てしまっていますね。偏ってて、狭いですし。だからこうやって渋谷の片隅からレディオ・ガガしちゃってるというか。僕もSteidlから一冊くらい出してみたい人生でした。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE