1/3の純情な感情に対する複雑な感情

どのような経緯か忘れたけれど、1/3の純情な感情がiTunesから流れてきた。

1997年にSIAM SHADEというバンドが発表した楽曲だ。近い世代なら多くが知っている有名曲だと思う。おそらく当時はアニソンからjPOPをブーストさせる音楽業界のビジネス戦略が流行っていて、これもアニメ”るろうに剣心”のオープニングかエンディングだった。

イントロが気持ちパワフルで、ヴォーカルが入ってきてみたらSIAM SHADEではなかった。

どこかで聞いたことがあるし、ハードロック系の人だということはわかったが、誰かは特定できなかった。

そこに名前があったのは、Warrant というバンドのJani Laneだった。

My Heart ~ の伸びが異常に良い。

Jani Laneがアル中で死んだことは知っていたが、調べて見るとこのカバー曲を歌った後だったということが判明した。

LAメタルのヴォーカルが、極東日本のしかも90年代のバンドの楽曲を英語で真剣に歌っている姿が浮かび、熱いものを感じ、なんとも言えない気持ちになった。

SIAM SHADEの解散後に15周年を迎えるということで作成されたトリビュート・アルバム。こんなアルバムが出ていたとは知らなかった。いつしか音楽を追うことも辞めていたから。

企画は、オジーやエアロスミスなど世界的なバンドをプロデュースしているマーティフレデリクセン。日本のアーティストとのクリエイティブワークを模索中に、SIAM SHADEを発見したらしい。よく解散した90年代のバンドを、それもSIAM SHADEを選んだなと思ったけれど、アルバムを一通り聴いて納得した。参加アーティストも、セバスチャン・バックにエリック・マーティン、マイク・ヴェセーラにジョージ・リンチ、リッチー・コッツェンと僕が13歳頃に聴いていたど真ん中の超王道たち。

メンツが良いということもあったが、SIAM SHADEが純情なハードロックだということが改めて浮き彫りとなったのだ。というか1/3の純情な感情以外、SIAM SHADEの楽曲をあまり知らない。

なんだか懐かしくなって、そういえばエリック・マーティンがJpopをカバーしているアルバムがあったなと思い、掘り出してみた。

それが2008年に発表したMR.VOCALISTで、一青窈やELT、ミーシャにドリカムと、女性ボーカル縛りで、日本の楽曲を英語でカバーしているアルバムだ。随分異色だが、Mr.Bigのフロントマンとして日本ととても親和性の高いエリックが歌うとあまり違和感がない。キーはエリックに合うように変更されている。セレクトにはこれもまた90年代感が漂う。

すると関連アルバムに、MR. ROCK VOCALISTが出てきた。

中身を見ると、グレイにラルクにB’z、そしてSIAM SHADEの1/3の純情な感情!

またもここで1/3の純情な感情に出会い、複雑な感情に支配される。

前作のJpopカバーが好評だったのか、エリック・マーティンは2012年に、メンズのロック楽曲縛りのJpopカバーアルバムを発表していたのだ。

演奏もマーティーフリードマンやリッチー・コッツェンと元バンドメンバーが参加していて、微笑ましくも安定して聴かせる。

しばらく聴いていると、英語じゃなくていいな。と感じた。

いや正確には、これらは英語であってはいけないなと。

ラルクアンシエルのHONEYをとってみれば

When I was just a little boy~
I’d stared at your picture everyday
And now I think of how years have come and gone
And your pretty photograph is still hanging on my wall

これを最初に聞けばハマってはいるんだけど、やっぱりWhen I was just a little boyではないんだよなぁと。

ずっと眺めていた
遠く幼い頃から
今も色褪せたその景色は
真っ白な壁に飾ってある

改めて、日本語の美しさを感じたのでした。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

映画の制作費に関する覚書

最近、映画モードです。

4月以降の自粛から、なぜか全く映画を見なくなりました。

ドラマを数本見たくらい。

それが9月に入った途端に、映画モード。

見始めると、途端に映画モードに入ってしまい、ひたすら映画を見てしまうんです。

自分でもわかりません。

とにかく、一旦モードに入ると、狂ったように映画を見始めます。

前回の映画モードは2010年くらい。一年で300本くらい見ました。たしか前のブログでも羅列した記憶があります。

映画マニアからすると普通かもしれませんが、僕はただの冒険家です。2時間座っているのがちょっと苦痛なくらいです。

当時は吉祥寺に住んでいて、知る人ぞ知るローカルな「ドラマ」というレンタルショップで(その頃はまだDVDでしたね)、ジャンル「ドラマ」の棚の左上から、もう片っ端に見ていくという方法でした。

気の進まないタイトルでも、とりあえず機械的に棚の端から端まで5本くらいづつ借りて、ひたすら見てました。(吉祥寺のドラマは新作でもなぜか190円とかで借りれた。今でも謎)

今回は、アマプラ縛り。それも洋画フェーズです。

多分、映画モードのときはなにかに取り憑かれているか、病んでるんだと思います。見方が普通じゃないですからね。

次の記事では最近見た映画挙げてみます。

今日も映画見なくちゃいけないので、今回はこのへんで。

低予算にはカルト系多いな。。
ピンクフラミンゴ、学生時代思い出す笑

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

ユーチューブに関する覚書

トゥルーマン・ショー的プラットフォーム。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

儀式としてのひげ剃り

朝起きて、ひげを剃った。

友人の結婚式があるわけではない。特に何かがあるわけでもなく、ひげを剃った。しばらく剃っていなかったから、そろそろ剃り時だと感じていたのか、九州に大型の台風が近づいている緊張感からなのかはわからない。母から、近くのホテルに避難しようと思ったがどこも空いていないので避難所に行くというラインが来ていた。今まで台風で避難した過去があっただろうか。小さなころから台風とは隣り合わせでいくつもの台風を乗り越えてきたが、二重雨戸を閉めて凌いで、たまに雨漏りがあるくらいで特に大きな問題はなかった。宮崎でも、どこもホテルは一杯だと聞いた。気圧とスペックと進路を見ても今回はかなり危険なのだと思う。どうか無事でいてほしい。

実家にはいつも貝印のゴールドステンレスがあった。父が、(たぶん祖父も)使っていたものだ。の中学くらいの時に、はじめてそれで髭を剃った。どうやればいいかわからず、それでもなんとなく無事に剃れて、不思議な感じがした。

その後も、米国ブランドの4枚刃とか5枚刃のカミソリで髭を剃り続けた。一時期、充電式のシェーバーを使ったこともあったが、音や充電の手間や大きさや剃り心地に満足が行かず、結局T字に戻ってしまった。僕はその時、T字で髭を剃る感覚が好きなのだと気がついた。コーヒーを淹れるように、髭を蒸らすところから始まって、一連の手順に沿って進められるその行い。シェービングフォームの香りと、手に響くじょりじょりとした感触。

スティーブ・ジョブズが毎朝鏡を見て「もし今日がお前にとって最後の日だとしたら、今日やることがお前のやりたいことか?」と問いていたように、鏡に向かって同じように問う。もしその答えがNOなら、今すぐ何かを変えなければならないというのが彼のルールだった。凡人にはとても厳しく難しいルール。しかし何も変えることができない時、唯一変えれることがある。それは、自分の顔から髭を無くすことである。

村上春樹は「1973年のピンボール」の中でジェイという登場人物に「どんな髭剃りにも哲学はあるってね、どこかで読んだよ」と語らせる。イギリスの小説家サマセット・モームからの引用だ。春樹はこれを、どんなに些細なことでも続けていれば、何かしらの哲学がそこに生まれると言い換えた。哲学はもっと噛み砕いて、自分なりのモノの見方とでも言えるだろうか。そのあとで、「走ることについて語るときに僕の語ること」というランニングについてのエッセイ書いた。

タクシードライバー」のロバート・デ・ニーロは、どんどん狂って行き最後にテロを起こす直前に、髪を剃った。そのモヒカン姿だけがイメージとして独り歩きするくらいに鮮烈だった。それをオマージュする形で、堀江貴文はライブドア事件で出頭、収監前に髭を剃り頭をモヒカンにした。ロバートも堀江も、おかしいのは俺じゃない、社会だ、というメッセージをビジュアルで表現したのではないかと思う。言葉が通じない世界では、イメージだけが無言の言葉となる。

東京では昨日から、バケツを引っくり返したような雨が降っては止んで、変な天気だ。今朝も降ったかと思えばまた晴れてきた。

しかし髭だけは剃れているので、今日は何かできそうな気分だ。

あるいは、もう髭を剃ったから仕事をした気になって、このまま何もしないかもしれない。でもどちらでもいい。

たとえ全身脱毛したとしても、ひげ剃りという儀式を行うために、首から上の毛は残しておこうと思う。(できれば髪の毛も残ってほしい)

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

冷蔵庫なしで夏を越える

こんにちは、ときまるです。

あれやこれやしていうるうちに9月になりました。5月に冷蔵庫を捨てて早4ヶ月。冷蔵庫なしで無事に夏を越えることができてほっとしています。

食中毒にもならず、体調も変わらず。減ったのは電気代と、深夜のサーモスタットの音だけで、他に問題という問題は見当たりませんでした。

人間というのは環境によって行動が変わるということと、環境に順応する力があることを実感しました。冷やすものが無いと、それに合わせたふるまいをするしかありません。

朝昼はもともと外で食べることが多かったのですんなりいけました。

たまに自炊する際の食材はこんな感じに保存しています。

Vegetable
食材

はい。保存というか、床に放置ですね。

ここから食べたいものを選んで調理します。冷蔵庫の中からごそごそ選ぶよりも、なんとなく貴族感が持てました。
「今日はどいつを食べてやろうか」貴族感を持てることは普通に生活していてそんなにないと思います。久々の貴族感でした。

たまたまこの場面に来客した友人は「わぁー田舎の野菜売り場みたい♡」と少し楽しそうでした。心の中では馬鹿にしていたのかもしれませんが。

野菜売り場。渋谷ですけど。

まあ、たしかに。

というかほぼ同じですね。野菜売り場ということにしておきます。

9月に入りましたがまだまだ暑いので油断はできないですが、ひとまず山場は超えたということで、報告させていただきました。

これからは自信をもって、役所の書類や、履歴書に、冷蔵庫が無いことを明記していこうと思います。

配偶者、なし

同居人、なし

冷蔵庫、なし。

みなさまも良き冷蔵庫なしライフを!

ちなみに、夏野菜は、常温で保存するほうが味が落ちずに夏を味わえます。暑い時期は風通しをよくすることが長持ちさせるポイントです。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

ヨガと瞑想

時間のある朝は、軽いヨガをして、瞑想をする。

このように書くと、アメリカかぶれ洒落ぶりの都市生活者のようだが、実際はただストレッチと呼吸をしているに過ぎない。

要するに一人で孤独で暇人なのだ。

こういうのは嫁や猫がいるとできない。座って胡座をかいてる上に、猫が飛び乗ってきて、瞑想を邪魔される妄想をしている。こらにゃろめ、あっち行ってろ。なんて。。本当はそういうのがやりたいんじゃないか俺?

肝心のヨガは全く進歩しない。

理由は分かっている。太陽礼拝という5つの動作をローテーションで行う基礎の基礎のようなものがあって、それしかやってないからだ。

他のポーズを練習している時もあったが、形の多くはもう忘れてしまった。続けている太陽礼拝も相当奥深く、今でも美しく良いかたちでできている自信はない。

肩、脹脛、腰、背筋を伸ばすことになるのでただただそれが心地よい。心地よいからせめてそれだけは、ということで地味に長く続けているわけだ。

太陽礼拝が5セット終わった後は、そのままマットの上に胡座をかき、瞑想に入る。

どちらかといえば今は瞑想の方に重きを置いている。僕の場合はごくシンプルに、軽く目を閉じて鼻IN鼻OUTで深い呼吸をする。写真家の師匠に教えて頂いた手法をそのまま実践している。

15分も続ければ深い瞑想状態に入ることができるようになった。コツを掴むまでは時間がかかるが、一度掴むと脳のメモリを解放するような感覚、効果を体感できる。時に大自然の映像や模様が浮かんだり、痺れる感覚や鳥肌が訪れるときもある。

ポイントは鼻の入口に意識を集中させることと、なるべく空腹状態で行うこと。これだけで随分楽になる。

今年はヴィパッサナーの瞑想修行に行く予定だったが、コロナで断念している。日本では10日間のプログラムが千葉と京都の瞑想センターで展開されていて、制約や状況もかなり厳しいものになる。気になる人は調べてほしい。来年はと意気込んでいる。

サピエンス全史で有名なイスラエルの歴史学者、ユヴァルノアハラリは、このヴィパッサナーのプログラムを20代前半の若い頃に履修した。

今では1日24時間のうち、朝1時間、夜1時間を瞑想に割いているという。残りの22時間は、全力で仕事や家族や恋人とのコミュニケーションに忙しくしているそうだ。

そして彼は「瞑想がなければ、サピエンス全史もその他の長編著書も書き上げることができなかっただろう」と本の中で言っている。

科学的にもその効果は証明されつつあるが、実際にどのような影響を及ぼすかは試してみなければわからない。

あいにく僕は長編を書く予定も力もなく、ふざけたこのブログで精一杯なのだが。

修行は続く。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka