外付けドライブをやめて、512GBのSDカードだけで生きていく

ついに外付けHDDを辞めました。

写真を扱っているとデータ量は増えるばかりです。仕事でもプライベートでも撮るので、これまで多くの外付けドライブやクラウドサービスを使ってきました。

動画も撮るので、データ量が加速度的に増えていき、Macのタイムマシンのバックアップや、ディスクエラーチェックの時間も大幅に伸びていてストレスでした。

以前は家にPegasusドライブを置いてレイド組んでサーバー的に使っていました。何にそんなに怯えていたのか、おそらくデータ紛失のリスクを最小限にするのがプロとして必要だという意識が高かったのでしょう。もちろんリスク管理レベルは高い方がいいのですが、僕の仕事のスケールに対しては過剰だったと今振り返って思います。

それからずっとラシーのHDドライブを使ってきました。ルールはいっぱいになったら別のディスクにコピーし、ラベルをふって保管します。いっぱいになっていなくてもドライブは2年に1回は新しいものに買い替えます。(だいたい2年も経たずにいっぱいになるのですが)

そうやって同じ型のラシーがひたすら家に溜まっていくわけです。5年分くらいのデータは殿堂入りさせていました。殿堂入りとは問答無用に実家に送りつけることです。帰ったらそれも捨てなきゃ。

最近はラシーのSSD版も出ていて、より大容量で快適でした。SSDはHDDよりも圧倒的にデータの転送速度が速いです。動画をやる人は絶対にこちらのほうがいい。作業効率変わってきます。

そしてノートでも書いたように、クラウドと外付けドライブのデータを整理し、ついに512GのSSDに納めることに成功しました。

現在、512Gと32GのSSDを持っています。32Gの方はカメラ用です。そして全てのデータをこれらのSDカードとクラウドで管理しています。クラウドサービスは、LightroomとiCloudとGoogleドライブの3つです。(納品時のみDropboxを使っています)

デスクの上もスッキリし、とても身軽になれた気がしています。何より、軽さが最高です。仕事でも旅行でも、必要な時は気軽にポケットに入れて全データを持ち出せるわけですから。バッグ内のスペースに余裕が生まれ、圧倒的に軽量化できました。高城剛さんはSSDやマイクロSSDしか使わないことで知られていますが、その理由がわかりました。これは持ち運びが楽すぎるのです。

今まで”外付けドライブでなければならない”という思い込みに縛られていたんだなと思いました。

最近はSDカード自体の容量が増えたので、これが実現できるわけです。10年前は2Gとか、4Gとかだったのに、すごいですよね。転送速度も断然早いし。今は1Tまではあるけれど、ハンドリングと信頼性を考えSanDiskの512Gを買いました。

モノでもそうですが、減らした後は増やさないことが大切です。そしてこれがなかなか難しい。モノは生きてると勝手に増えていくものですから。目に見えないデータであればなおさらです。

だから僕はデータもこの512Gに入るものだけを持つことにしました。今後これ以上は増やしません。この容量だとバックアップもすぐに終わりますし、データを探すのにも時間を取られません。大きなプロジェクトを行う際はその仕事専用にSSDかsdカードを別に準備します。そしてプロジェクトの終了と共に、殿堂入りさせて身の回りからは手放します。

デジタル依存していてデータの収集がつかなくなっている方は試してみて下さい。具体的な整理方法についてはこちらのノートで書いています。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

カメラを持たずに7つの持ち物で旅してみる(ショート編)

福岡にいる。

前回のエントリーで書いたように、ラーメンを食べにきた。目的は到着してすぐに達成された。空港から近い「いっぷくラーメン」にチェックイン。至高のとんこつ。なぜか替玉の方がキレ味がよく、とても美味しかった。

今回の旅の持ち物はこちら。

あえてカメラを持たないスタイルで来てみた。おそらくこれまでの宿泊を伴う旅で、最軽量。

写真に写っているもの+こちらを撮影したiPhoneXSで全て。

数えるほどでもないが、一応リストしてみる。(右から)
ライトニングケーブル
Air Pods Pro
UV入りリップクリーム
ロート目薬
・薬とサプリとフロス
・現金少々とクレジットカード
・iPhoneXS

合計7つ。着替えはもちろんなし。
たぶん、究極的にはこれだけで人は生きれる。

薬は怪しいものではなくて、花粉症のアレグラビタミンCと最近試しているNMN。ニコチンアミドモノヌクレオチドというもので、体内で生成される抗老化作用物質。30代以降はこの物質の生成が減少することにより老化が進む。食物からもとることができるがブロッコリー200個分みたいな数が必要になる。発見されてから年数と実験が伴っていないので、効果は不明。怪しいといえば怪しいか。数年前は高価だったが、最近はメーカーも増えて割と安価に手に入るようになってきた。

僕はサプリストではないので、サプリの効果を期待しないし過信はしない。同じものを決めて飲み続けることもない。昨年はビタミンDを飲んでいたので、今年はビタミンCとNMNでも飲んでみるか、という感じ。調子が良ければ続ける。

ひとつだけ10代の頃に地元の皮膚科医に進められて、アトピー性皮膚炎を完治させたサプリがあって、青汁みたいに普遍的なものだけれど、信頼しているものがある。何事も自分の身体で試さないとわからない。

登山(ウルトラライト)の技術を流用するかたちで、薬のアルミ部分を極限まではさみで削ったり、フロスはケースごとではなくて必要な分だけ出して丸めて持参してみた。こうすることでわずかながらも軽量化され、全てポケットに収めることができる。職質された時の出しづらさというか、見た目はなんだか怪しくなるんだけど。

ラーメン目的で行ったのだけど、幸運にもルーフトップの大浴場と、太宰府の美味しいスイーツにも出会えたので良かったです。何も決めずに、行き当たりばったりの誤配を楽しむ。修学旅行のように計画性とイベントぎっしりの旅も好きだけど、ノープランのラフな旅も好きみたいです。

旅の持ち物ネタは過去に何度も書いてるんだけど↓
ミニマリストの旅の持ち物まとめ

今見返してみると、多いな。。

もうリュックも背負えない身体になってしまいそうな自分が怖いです。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE


カメラのデザインに沿って

羽田空港にいる。

博多のとんこつラーメンが食べたくなって、急遽go to travelすることにした。とは言ってもラーメンを食べることしか目的はなく、到着してラーメンを食べ、一泊して帰ってくる予定だ。

今回は珍しくカメラを持っていない。もちろん手ぶらなのでまるで渋谷まで散歩に出かけるような装いだ。圧倒的にモノを持たないショートトリップ。持ち物についてはまた別に記そうと思う。

カメラを持ってきてないので、この今文章を書いているiPhoneだけで写真を撮ることになる。いつもカメラを使っているから、iPhoneでどこまで撮れるのか試したいという気持ちだ。

iPhoneは縦に構えるようになっているので、そのまま撮ると自然と縦の写真ができる。普通のカメラでは正しく構えると、横位置の写真が出来上がるからその点で既にカメラとしての潜在的なポテンシャルが異なる。ビートルズとABBAくらい違う。

だからいつものように横位置に構えたくなるのだが、そこをグッと堪えてそのまま縦位置で撮ってみる。カメラのデザインに逆らわない。なんとなくこの週末は縦位置縛りでいってみよう、と決めてみた。

それにしても首からカメラをぶら下げていないと、体も心も軽い。

iPhoneひとつ。楽すぎていいなぁ。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

春の湿度と予感

花粉がひどい。今年は特にひどい感じがする。

目覚めたら雨が降っていた。春の雨はいつも湿度と予感を含んでいる。気温も少しだけ緩んでいて、なんともいえない気持ちになる。

だから今このワードプレスのエディットページを立ち上げて書いている。普段はテキストアプリに書き付けて、何度かリライトする。先生から「書いたものは寝かせて、読み直して、書き直しなさい」と言われていたからその掟を守っている。そうした方が、誤字脱字も減り、文章の精度も上がる。とは言っても元々持っている頭が頭なので、良い文章は書けないのだが。

突然書きつけて、いわゆる”撮って出し”みたいになるのは、読者に対して失礼だと思っている。いくら読者が少なくとも、僕はその数少ない読者に向けて書いているのだから。

だけど今朝みたいに、湿度と予感を含んだ春の雨が降った時は、テキストアプリに書きつけている暇はない。このなんともいえない新しい気持ちを、どう文章にしたらよいか悩む前に手を動かさなければならない。

僕たちは春という季節よりも、春という言葉そのものに春を感じている。実際はその周辺に、たくさん春めいた事象があって、それらを捉えるのは難しい。みんなそんなに暇じゃないから。

しかし今日のような、明らかに季節のフェーズが変わったと感じられる日が、ふと訪れる。

僕はそのような日に春を感じると同時に、何かを捨てたり、何かを新しく始めたりしがちだ。

捨てなくても、別れなくても、出会わなくても、人生が何か新しい局面に入りそうな予感がして、ワクワクする。

陳腐だけども、ただワクワクするのだ。

最近呼んだ本
「デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場」河野啓
「サバイバル家族」服部文祥
「人類の選択」佐藤 優

ツイッターに簡単に感想書いてます。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE