写真生活の英語版をSubstackで配信開始しました

フォトグラファーの先輩が、最近インスタグラムで過去の写真をアップし続けている。

SNSに写真を(仕事のも個人的なのも)投稿しないタイプの写真家だったので少し驚いていると同時に、ありもしない不吉なことを考えたりもした。ぐるぐる巡って、結局理由という理由は見つからなかった。

長く生きている写真家ほど競争力と、写真そのものの力は高まる。

5年前の街の風景なら、みんなの手元にあるアイフォンに入っている可能性は高いが、20年前に写ルンですやビッグミニで撮られてた渋谷のクラブカルチャーをネガで保存している人は少ない。

もちろん写真が時代を超えて残るには、ただ保存しているだけでなく、保存されるに値する写真を撮っておく必要がある。

1950年代のシカゴの写真をベビーシッターをしながらひたすら撮り続け、死ぬまで現像しなかったヴィヴィアン・マイヤーはとてもわかり易い例だろう。彼女の場合は、ネガの状態も良かったが、圧倒的に写真のクオリティーが高かった。本業写真家ではない視点が、時代を超えて新たな価値を生んだのだ。

そのように考えていくと、現在70、80歳の巨匠たちにはアウトプットの宝の山を持っていると思うのだ。彼らがすごいのはアウトプットだけに注力するのではなく、今でも街で、生活の中で、時には仕事として、写真を撮り続けていることである。

個人的には、長年、インスタグラムは写真をアーカイヴするには値しないサービスだと考えてきた。あくまで時流的なプラットフォームで、いずれみんな飽きて、忘れ去られるだろうと。

しかし最近、テクノロジーの進化速度、その周辺企業の資産価値とコンバージェンスを考えると、なんらかのかたちで半永久性を獲得するかもしれないと思えてきている。

さて、朝からそのようなことをぼんやり考えていて、緊急事態宣言も三度目の発動が決まり、酒の提供もなし、20時消灯、路上飲みも禁止とだいぶおかしなことになってきた。

速報続きのニュースにうんざりしながらも、移動もしづらい酒も飲めない中で、できることと言えば読むことと書くことくらいである。(フォトグラファーにとっては読み書きは何も文章だけを意味しない。写真を読むこと、セレクトして現像して書き出すことも”読み書き”なのである。)

なので、ノートでメルマガ的に連載している「写真生活」を、英語版でもお送りできるようにしてみた。

英語圏の読者にも、この身勝手でローカルな写真にまつわる小話を楽しんでいただけたら、これ以上嬉しいことはない。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

映画「ノマドランド」ヴァンで漂流する高齢労働者たちの話し

友人たちの間で話題になっていて、トキマルお前ノマドだろ、見ておいたほうがいいよ。と言われたので行ってきました。

しかも土曜日の朝7:20から。

いくらなんでも早すぎるとは思いましたが、内容と映像は土曜の朝にとてもふさわしいものでした。いや、しかし早い。

公開時から気になってはいたんです。

タイトルからなんとなく、ゆるーくノマド生活を送る人たちの話しか、Into the wild的な話しかと思っていましたが、そのどちらでもありませんでした。

ジェシカブルーダーの「ノマド 漂流する高齢労働者たち」が原作です。その名の通り、季節労働をしながらアメリカ国内をヴァンでホッピングする高齢者たちの話しでした。手持ち多め、自然光。今のアメリカの問題をドキュメンタリー的に描いています。

主人公のファーン演じるフランシス・マクドーマンドがずっと悲しい目をしているのが印象的でした。笑う時も目に悲しさを宿したままなのです。彼女の演技とアメリカ西部の大自然に全てをもって行かれた感じです。

この作品はベネチア・トロント・ゴールデングローブ・アカデミーと、数ある賞を受賞しています。

ファーンが姉の家族たちに言われる
「あなたみたいに皆は身軽じゃないんだから」

という言葉と、ノマドランドの人たちが別れ際に言う
「See you down the road」(またどこかで会おう)

が心に残りました。

僕もこれから”さようなら”は言わないようにします。

さて、9時に映画が終わって朝の渋谷を歩いて、家についてコーヒーを作っている時、自分のやっている生活と行為もnomadlandの方々の生活とさほど変わらないのかもしれないなと思いました。

VAN生活ではないものの、山小屋のような小さなペントに住み、ミルに豆に一口ガスコンロにケトル、それからベッドと椅子と机。手に届く範囲に全てのものがあって、今こうしてコーヒーを作っている。ノラ・ジョーンズのsunrise(Live ver)が小さくかかっている。

いろんな仕事をしながら、写真を撮って、文章を書いて、山に入って、移動して(今は主に九州との行き来)、最近は家まで捨てようとしている。

全くアメリカンスピリッツは無いのだけれど、なんとなく共感できるところがる。映画と違うところは、近隣のミニマリストたちと心の交流がないことかな。ミニマリストだけでなく、今は多くの人々のあいだで心の交流が失われていると感じます。

しかしどんな生き方でも生活でも、ファーンみたいに誇りと自信をもって、自由にいきたいものですね。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

コーヒーの印象とマイルドカルディがおいしい理由

コーヒー豆の印象を勝手に考えてみる。

コロンビア=フルーツ、酸味
エチオピア=大地と草原
ガテマラ=大地とフルーツ
ブラジル=太陽、コクと苦味
キリマンジャロ=雪、酸味
マンデリン=ジャズ、芳醇
マイルドカルディ=主婦たちの戦場、家事と休息

本日はマンデリンスタート。コーヒー中毒。

渋谷のこのエリアはサードウェーブ系コーヒーの激戦区で店の数もクオリティも国内トップレベルにどこもうまいんだけど、一杯450-600円のコーヒーを飲むよりも豆200gで500円のマイルドカルディを家で挽いて飲む最強説が浮上していて、実はコーヒーラヴァー&中毒者にとってはマイルドカルディが最強なのでは疑惑。

マイルドカルディの旨さはブレンドではなくその回転率にあると思っている。店頭でのサービスコーヒーであり、数あるラインナップの中で最も安価、主婦やコーヒーに特にこだわりの無い層にバカ売れする。流通量が多いので店舗在庫の鮮度も高いはず。全国どこでも買えて、癖なく毎日飲める。

そう、行き着く先は、マイルドカルディ。

マイルドカルディでいい、じゃなく、マイルドカルディいいという時代がもうすぐそこにきている。 そろそろ誰かが(例えばkohhあたりが)「マイルドカルディ」という曲を書きそうだ。もう書いてたかな?

そんなことを思いながら、カルディーコーヒーファームで注文の際に

「マイカルください」

って言ってみたんです。

マイルドカルディはもうマイカルと愛着をもって短く、いつもの!って感じで呼ばれるべきだと、そういう感じがしたもので。

店員さんが「はいマイルドカルディですね」とナチュラルにフルネームで復唱してくれた時、いよいよ新しい時代の風を感じた春の午後でした。

というか、アマゾンで買えるの今知りました。
やはりとっくに時代は来ていたようです。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

福岡、中洲の屋台も営業再開

3月は割と移動していました。

オフシーズンを良いことにフライトを4本ほど。博多、小倉、大分、長崎。

福岡の中洲に立ち寄ってみたところ、屋台が営業再開していました。

いつも、じんと来ますこの風景。

2月後半は一切なにも出ておらず、寂しい風景でしたが、中洲の街も少しづつ日常を取り戻してきています。

だいたいどのお店も、おでん、らーめん、おつまみ。という感じなのですが、洋風の屋台もちらほらありました。

なんと言っても福岡なので、食のレベルは屋台と言えど高いです。渋谷のサクッと系居酒屋はどこも敵わないんじゃないかと思います。

今回は肉を食べた後に、おでんを頂いてきました。夜はまだ少し肌寒いので、心地よかったです。

九州と言えば魚というイメージですが、肉もおいしいです。というか最近の博多は焼き肉を押している印象があります。魚はもちろん最高なんだけども、焼き肉に関しては老舗から、新しいお店まで盛り上がってきています。佐賀や熊本、宮崎、鹿児島と九州は肉の産地でもありますので、そのあたりから新鮮で良質な肉を仕入れることができるためでしょう。海もあって山もある。今更ながら、九州の良さを再確認している私です。

今回は「いその商店」の焼き肉を食してきました。
若干映え系ではありますが、東京で食べる1/2くらいの価格でクオリティーの高い肉を楽しむことができます。博多を訪れた際はぜひ試してみてくださいね。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

中洲 福岡 2021 ©tokimaru

ワードプレスのバージョン5.7に上げたら表示速度改善されました

ワードプレスのバージョンを5.7にあげてみました。

バージョンをあげる時はいつも気を使います。エディターを含む構成になっているため、テーマが対応していないとブログ投稿に支障が出てくるからです。

僕の場合は、サイト内にコマースもコンバートしているため、三者が揃ってからじゃないと、安心できない感じ。エディター・テーマ・コマース。まるでスリーピースバンドをやっているみたいです。

アップデートのタイミングは人それぞれだと思いますが、出た瞬間はバグが怖いので、少し経ってからにしています。WPは特にオープンソースなので、その点改善スピードが早い。エラーはアーリーアダプターたちが補正してくれるため、1ヶ月もすれば多くの情報も出回っています。

だからそんなに神経質になる必要もないのだろうけれど、記事が増えた今や、ちょっとした写真のストレージみたいになっているので、バックアップも必須です。(ライトルームのライブラリで消失した写真が、唯一ブログに残っていたりする)

バージョン上げたら、なぜか爆速になりました。

元々テキストベースでオフィシャルテーマのため、表示は速かったのですが80〜90あたりでした。それが突然99点。

裏の事情はわからないですが、表示が速いに越したことはありません。

最近はせっかちな世の中ですからね。

ニュースサイト等で表示が5秒以上かかると待てないし、全面広告なんて出てきた時には、iPhoneを投げ飛ばしたくなります。僕がせっかちなだけかもしれません。

速度足りない方は、バージョン上げるだけで改善するかもしれませんよ。

その他不要なコードの削除や、javaの排除、サーバー側のPHPバージョン上げは前提ですが、それらを行っても速度が伴わない時はWP側に何かしらの要因があるのかもしれません。

追加したCSS等のバックアップは念の為にしておいたほうが無難です。

アップデート後はアドセンスのタグも消えますので、再度挿入をお忘れなく。←僕これいつも忘れがち。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE