荷物を軽量化する方法

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

存在感を増す小林私と崎山蒼志という二人の次世代シンガーソングライター

久々に音楽関連の記事を。

小林私 Kobayashi Watashi

コロナ禍で存在と作品を更にブーストさせているアーティストと言えば、小林私。1月に「健康を患う」5月に「包装」とアルバムを立て続けにリリースし、ライブと配信も継続している。画面の中の仕掛け、そのキャラ、その次世代感。

端正なルックスとロン毛、手前のタバコの煙と背景の実家感漂う俺の部屋、時にニコニコのコメントのようなものが画面に流れる。そして歌。

全てが、なにか引っかかる

彼は単なるユーチューバーではなく、ユーチューブでの表出含めて全てが彼の作品なのだ。

崎山蒼志 Sakiyama Soushi

「次世代」というキーワードでもうひとり思いつくのは崎山蒼志。4歳から音楽を始め、制作楽曲は300曲の18歳。オベーションを使ったカッティング多めのテクニカルな楽曲、独特の歌唱と誰も聴いたことのない音楽を奏でる。

メジャーに移籍して今年になって発表したアルバムは、アコースティックの楽曲を殺さずに見事なバンドサウンドとアレンジになっている。スリーピースの構成とサウンドプロダクション、むしろ崎山の楽曲を高めることに見事に成功している。

シンガーソングライターであること

テイラー・スウィフトとエド・シーランがBoys/Girls next doorとして2010年代の中で存在を確固たるものにし、かつその繁栄は時代に”反発”するかたちで生まれたものだとしたら、小林私と崎山蒼志は時代に”同調”するかたちで生まれたアーティストだと言える。

二人に共通するのは”私”と”蒼志”で名前が韻を踏んでいること以外に、コロナ禍にブーストさせていること以外に、シンガーソングライターであること。

崎山さんはスタイルは全く異なるが実はあいみょんの存在に近い。コンポーザーとしての才能がありすぎるので、将来、菅田将暉あたりに楽曲を提供して名曲を量産するかもしれない。

今後が楽しみであると同時に、若い才能に嫉妬している。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

Published
Categorized as Essay

ドクターブロナーのマジックソープひとつで暮らしてみる

初めてドクターブロナーのマジックソープを使ったのは、もう10年ほど前になる。

学生以来インドネシアのバリ島を訪れた際に、バックパックに小さいボトルを一本忍ばせていった。

ちょうど去年の今頃、なぜか突然また使いたくなって、Amazonでベビーマイルド(無香料)をポチったことをきっかけに、また僕の中でマジックソープブームが再発した。

当時は旅行中の為に使ったが、普段の生活で試しにハードユースしてみようかという気になった。

なにせこのマジックソープの良いところは、何にでも使えるところだ。身体や顔を洗うのはもちろん、食器洗い、洗濯、掃除、全ての洗い物系をこれひとつで賄うことができるとされている。そして天然成分のみでつくられているので身体にも環境にも優しい。

一つのもので多くの役割をもつアイテムは、ミニマリズムとの相性がよく、軽量化にも役立つ。

食器用洗剤としてはコスパが悪いので、バスルームに置いて下記の用途で使っている。

・洗顔

・ボディーソープ

・メイク落とし

・洗髪(ごく稀に)

・バスタブ掃除

マジックソープを使うことによって、洗顔料、ボディーソープ、メイク落とし(アウトドアアクティビティが多いので日焼け止めを落とすのに使用)、シャンプー、バスマジックリン的なやつ、を手放した。

うちのバスルームには、237mlのこいつが一本置かれているだけである。

多くのボトルがあるのは見た目にも、掃除にも良くないので、今は本当にラクそのものだ。

1年間テストしてみて、全く問題ないどころか快適そのもの。もちろん個人の肌に合う合わないはあると思うので、試す人は慎重に行ってください。

ポイントは肌に使う時は少量を良く泡立てることくらい。使ってもらった友人曰く、そのへんのメイク落としよりも落ちるらしい。今まで、NARSの洗顔フォームや資生堂のパーフェクトなんとかとか色々使ってきたけど、そんなものが今後一生不要だと思うと、とてもいい気分です。最初からそんなものは不要だったのです。

人間の身体というのはよくできていて、長いあいだ洗顔料や保湿剤を使わずにこの地球上を生きてきたわけだから、環境に適応する能力が予め備わっています。人類が洗顔料やシャンプーを毎日使うようになったのはここ100年間以内の出来事。

宗教や国家と同じように、「洗顔料」や「シャンプー」や「化粧水」というのも、企業が創り出した壮大な幻想だとしたら。。

昨年は無香料ティートゥリーと使ってきました。多くの香りがあるので毎回変えて気分転換してみようと思い、3本目はサンダルウッド&ジャスミンを使用中。甘い線香のような香りです。

無香料とティートゥリーが今のところ好きです。実際の精油が使われているので、殺菌効果やアロマテラピー的な効果もあるのだろうか?ここは検証が難しいところ。

上記した全ての用途に使って1年間で2本(2600円)ほどの消費量ですので、コスパは最強だと思います。

飽きるまで、もうしばらくハードユースしていくつもりです。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

はじめての腱鞘炎

生まれて初めて、腱鞘炎的なものになった。

今整形外科の待合室でこの文章を書いているのだけど、午前の診察も終わりかけで、ようやく人が少なくなってきた。カーペンターズのスーパースターが、安い打ち込みのアレンジで流れている。

二日前から急に右手首が痛みだし、タイピングもままならなくなった。ネットで調べたら、痛み方的にステロイド注射が必要だったり、手術が必要との文字があったのでひとり怯えていた。

これまでギターやピアノを激しく弾いたり、色んなスポーツをやってきたけど、腱鞘炎とは無縁だった。今回の原因も特にこれといって思い当たるものがない。こんなにも急に、自分の右手が使えなることに、ただ驚いた。

湿布と包帯を適当に巻いて、1日なるべく右手を使わないようにしていた。朝になると少し痛みは楽になっていた。包帯に対する突っ込みに「るろうに剣心みたいでしょ」と返したら、そんなこと言わずに早く「検診」してもらってこいという仕事仲間の言葉を思い出して笑った。

どうもこの整形外科は人気らしく、おじいちゃんおばあちゃんたちで溢れている。あまり見たくはないが、ネットのレビューを見ると名医と書かれ評判がいい。そのせいか1~2時間待ちが日常のようだ。

僕と同じく初診の人が、会計時に「2時間も待ったんですけど、初診でもそうなんですか?」と軽くクレームをこぼした。

看護師は「はい、順番通りです」と忌憚なく答えている。

カーペンターズの曲がその情景に見事にマッチした。カレンカーペンターの真っ直ぐな歌声は、初診、お得意様にかかわらず順番という公平さを最大限に讃えているようだ。(残念ながらその打ち込みBGMに歌は無いが)

お世話様です。と言いながらおそらく慢性的な関節炎で通っている常連客が次々と支払いを終えて病院を後にする。

そろそろ僕の番がくる。

保険証を渡して1時間半。待ってる間に書き終わらないかもしれないという心配は無用だった。

この腱鞘炎的なものが、慢性的なものでないことを願う。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

ウルトラライトにおけるフードシステムとミニマリズムの相性

連休のど真ん中に、丹沢へ行ってきました。

昨年もヤビツ峠から塔ノ岳への縦走を連休中に行ったのですが、今回は大倉から丹沢山をピストンで。

前回はまだみんなが自粛している時で、政府の言うことを聞いていたので空いてて最高でしたが、今年はもう誰も聞いていないので予想通り多くのハイカーで賑わっていました。ほぼフジロック状態でした。

もう休日に人気の山には行きません笑

ここ一年くらいで登山装備のUL化を進めてきました。

ザックやウェアも国内外のガレージブランドをひたすらテストする日々。

山でも使えて、日常でも使えるようなものを探っています。ミニマルな生活を送る中で「山道具」という専門の道具が増えるのが嫌になり、ならば日常生活でも山道具を使えばよいという考えにシフトしました。

今では街で過ごす時も、山で使うものと同じ道具を使っています。特に衣類やキッチンまわり。

上の写真は最近の行動食です。左から

・トキマルオリジナルナッツと小魚ミックス
・Nature Thingのエナジーバー
マナバー
・Nature Thingのデーツチョコバー

行動中は食べやすさからバー系が多くなります。どれもナチュラル系で地上でも食べたいくらいうまいです。

上部に写っているのはカモシカスポーツオリジナルの山飯。アルファ米のような感じですが、最悪お湯で戻さなくてもそのまま食べれます。非常食としても活躍しそう。

最初の頃は、ウィンナー焼いたり色々作ったりしていましたが、結局面倒になって「お湯で戻す系」ばかりになっています。

重量とスピードの面でも有利なので、ウルトラライト系の人は多くがそうなってしまうようですね。

お湯で戻す系だけに絞れば、クッカー類も最小限ですみます。お湯を沸かせさえすれば良いのですから。

アルコールランプにすれば更に重量やサイズを削れますが、安定性とメンテナンスの手間を考えて現在はバーナー派です。

バーナー soto amicus
OD缶 soto 105
EVERNEW チタンカップ570

エバニューのチタンカップにはOD缶がすっぽり収まります。

更に良いところは、アルファ米を戻すために必要なお湯と、お茶やコーヒーを飲むためのお湯を同時に沸かすのに最適なサイズであること。大きすぎず、小さすぎず。

400mlくらいお湯を沸かして、アルファ米を戻しつつ、待ち時間でお茶を飲むというのが最近の山飯ルーティンになっています。

エバニュー(EVERNEW) チタンカップ400FD、こちらの一回り小さな400FDでも105mmのOD缶が納まることが発覚したので、試そうか迷っています。どうしても余分な重量やスペースは削りたくなるULの宿命のようなものですが、これだとお茶用のお湯が残らないかなとも考えたり。実験と計算が必要です。

UL装備になって、登山へのアプローチも変わってきたように思います。トレランシューズに変えたことで、山用のシューズを別に持つ必要がなくなりました。

ブルックスのシューズを使ってみたら、見事にフィット。今は街のランでもこれ一足で走っています。最初はロードを走るにはオーバースペックで、何かしら身体・精神的に影響出るかなと思っていましたが、全く問題ありませんでした。むしろ公園やオフロードに積極的に入りたくなります。初めて長靴を買ってもらった少年みたいに。笑

これにより街と山をシームレスに移動できるようになりました。

海、街、山と全てつながっていることを思えば、どこへ行くにしてもただの「移動」なのではないかと実感する日々です。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

The impact of the Pocari Sweat project by Yoshiyuki Okuyama

Otsuka Pharmaceutical’s Pocari Sweat, recently directed and photographed by Yoshiyuki Okuyama.

This is a bit of a buzz among photographers and stakeholders in the advertising industry.

https://www.otsuka.co.jp/adv/poc/tvcm202104_06.html

Otsuka Pharmaceutical is a Japanese pharmaceutical manufacturer that provides products that are useful for health. Another product, CalorieMate, is appealing and recognized by a wide range of people, and is produced with an advertising “unlikely” approach. Likes and dislikes are divided, but in the situation of school, it has been produced for many years with a tone that suits the words of group shooting of group acting, energy and sadness due to youth, and impression.

It reflects the corporate spirit and products, but it is born from the creatives around Dentsu, which is in charge of advertising.

Mr. Okuyama is a Japanese photographer who probably needs no explanation for the readers of this note. He is a filmmaker rather than a photographer.

There are several versions of this Pocari Sweat ad.

“But I saw you” and “New heroine Sena Nakajima”, like most recent advertisements, are linked to CM / Movie and graphics. As for the posting form, there is a multi-layered approach from station pasting to the web, storefront, SNS development.

So, first of all, what is amazing about Mr. Okuyama’s production method, but the easiest thing to understand is that it was shot with an iPhone.

He said, “I made a class of 30 people and took a document with my iPhone about how I actually lived in school. I made a poster by cutting out from the video.”

Mr. Okuyama has been in charge of advertising photography for Pocari Sweat several times in the past, and has published a photo book by itself. This advertisement is also produced with the same approach as that time.

As he wrote, he created a class of 30 people, had them actually live in school, and photographed it with an iPhone. Perhaps, in order to actually take multiple pictures in one day, indoor and outdoor group photos of entrance ceremonies, breaks, cleaning scenes, physical education classes, and all the scenes of school life are covered. The schedule is set up so that.

If you look closely, the school has only 30 students, so the background picture is unnatural. The budget and the situation of the corona may not have allowed the school to have the extras of all students. Without such restrictions, Mr. Okuyama would probably make a proposal to pursue reality.

However, even that seems to represent the quiet interior of the school due to the corona, which is a good visual effect.

Continue from below

The Japanese version is available from the note.

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE