スタイリッシュな旅写真を撮るための8つのポイント(ライアン・マッギンレー兄さんより)

こんにちは、常丸です。

ライアン・マッギンレーがビギナーに向けて、旅写真の撮り方を紹介していたので日本語でまとめてみます。

参照:https://www.vogue.com/article/ryan-mcginley-polaroid-travel-photography

ライアンはデビューから、超大御所写真家になった現在でも、年の5ヶ月はニューヨークで過ごし、それ以外は国内・海外中を移動しながら写真を撮っています。

彼はポラロイドやフィルムの印象が強いですが、実は制作にあたっては現在かなりデジタル派で、キャノンのカメラを使います。またiPhoneでも多くの写真を撮ります。インスタグラムでもiPhoneで撮られた写真の投稿が多いですね。

活動初期の1998年から2003年にかけては、イーストビレッジの自分のアパートに来る友人達をひたすらポラロイドで撮影していました。部屋中が友人のポラロイドで飾られていたそうです。

その後1999年に自己出版したZINE「The Kids Are Alright」が、その後2003年の世界最年少でのホイットニー美術館での展示へと繋がっていきます。それからの活躍は世に知られる通り。

ライアンによる旅写真を撮るポイントは、ビギナーも実践しやすいので、これからのホリデーシーズンで試す価値ありです。

1、鮮やかな色を追え

「秋になると、色を探すためにニューヨークのアップステートまで出かけるんだ。ただ車に乗って、道端に車を止めて、多分1日に50回くらい。ただ色に導かれるままにさ。何か面白いものに出会うと、停まって、写真を撮る」

2、光を探せ

「夕暮れの時間帯やマジックアワーの時間は、本当に美しくてパステルカラーの絵が撮れる」

3、フラッシュを再考せよ

「アイフォンでフラッシュを付けて撮るのが好き。使い捨てでチープな感じが出るから」

4、目をぼかして

「風景を賢く選んで、最初の二秒は瞼を瞑るようにしてぼんやりして対象を見るんだ。そうすると人物じゃなくもっとそのシェイプが見える。そのシェイプがフレームの中で良いバランスを取れているかを見る。これは面白い構図を構成するのに役立っている。」

5、賢く編集せよ

「色の調整に時間を使うことだ。僕はシャドーを少し持ち上げて、少しコントラストを加えて、ハイライトを少し下げる」

6、被写体と話そう。たとえ彼らをよく知っていても

「僕はたくさん撮るし、どの制作段階でもずーっと人と話してる。僕の撮影は、いわばセラピーと光を融合したエアロビクスみたいなもの。」

7、自然をみくびるな

「多くの予期しない失敗も起こる。問題を乗り越えるために、時間を使わなければならない。いつでもそれが、旅の価値になるから」

8、自分の好きなものを撮れ

「確実で誠意を持つ写真になる」

 

hong-kong-2013
Hong Kong ©tokimaru 2013

 

ライアン・マッギンレー使用のカメラ


「CONTAX T2」
ライアンのフィルム写真を生み出した名機。初期のモリッシーのライブ写真なんかはこれで撮られている。


「canon 5D」
トラベルシリーズ、ケーブシリーズでは、フィルムと併用してキャノン5D。
以降、多くの作品で使用されている。「一度の撮影で5台位を使い、ばしばし撮りまくる」とあるインタビューで語っている。後処理でフィルムの質感を出し、ギャラリープリントも制作している。


「iPhone」
そしてアイフォーン。まるでポラロイドの感覚で使っている様子。

写真集


You & I 2009年
ライアンを概観できる一冊


「Whistle for the Wind」 2012
バンド、シガー・ロスのジャケットにもなった


「The Kids Were Alright」 2017
伝説のデビュー作のリイシュー版

・ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

・最近のつぶやき

2 thoughts on “スタイリッシュな旅写真を撮るための8つのポイント(ライアン・マッギンレー兄さんより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください