本家に習う、ミニマリズムのはじめかた2

こんにちは、ミニマルです。

前回は仰々しいタイトルで、ミニマルになったきっかけを書きました。
その記事はこちら→本家に習う、ミニマリズムのはじめかた

今回はその第二部「二つの塔」をお送りします。
なぜかロード・オブ・ザ・リング調になってしまっていますが、一切内容は関係ありません。

ハードコアなミニマリズムではなく、シンプルライフ

僕は始まりこそ、パッキングパーティーをして、持っているものを一斉に手放しましたが、極限まで物を持たないというわけではなく、必要最低限のもので生活するというスタイルをとっています。

The minimalists の二人が言っているように、減らすというのは料理の材料のようなもので、それに集中すると本質を見失ってしまいます。

ただシンプルに生活するということです。

一方で、極限まで物を持たないハードコアなミニマリズムを実践する方もいます。

このしぶさんという方は、現在スーツケース一つで国内を移動しながら暮らしています。
しぶさんのブログ→キャリーバッグ1つで、東京のシェアハウスへ引っ越しました

役立つコンテンツが沢山ありますね。
面白いのは、最初からスーツケースに詰めれる量だけしか物を持たないのではなく、様々な経緯があって、現在はスーツケースひとつで生きているということです。

仕事や人間関係や年齢や。日々流動する人生の中では、その都度その都度、自分にとって必要なものが変化します。
それを見極めて、持つものと持たないものを判断していくことが、ミニマリズムの実践です。
その結果ハードコアになろうが、なんちゃってミニマリストになろうが、どちらでも構わないです。
ひとつとして同じ人生が無いように、ミニマリストになる手段も人それぞれなのだから。

そういえば、NYにはホームレスでありながらフォトグラファーとして仕事をしているマーク・レイがいます。
ドキュメントした映画も面白いです。

家がないというのはミニマリストの一つの究極の形でしょう。
サバイバルに都市生活を送る方法は、とても参考になります。

ミニマリスト界の二つの塔

ミニマリストな重要人物を。

佐々木 典士さん

佐々木 典士さんは日本でミニマリズムブームの火付け役でしょう。本も売れに売れ、メディア等でご存じの方も多いと思います。

持ち物や具体的な実践法が書かれています。
ミニマリスト本は他にも沢山出ていますが、どれも似通っているので、これ一冊読めば足りる感じ。

紀里谷和明さん

紀里谷和明さんは、映画監督やその他様々な顔をもつ方ですが、ミニマリストです。
昨年とあるインタビュー拝見したのですが、バッグの中の持ち物情報が語られていました。
国内海外飛び回っていますが、持ち歩いているものは

  • iPhone
  • iPad
  • MacBook Air
  • ケーブル類
  • 歯ブラシ
  • 下着
  • Tシャツ
  • パスポート

のみ。とてもシンプルです。その他、洋服はコートを含め3着で、同じものをずっと着ているということでした。
持ち物を必要最低限にすることで生まれる空間や時間を、思考やクリエイションにつぎ込んでいるのでしょう。
iphoe,iPad,macbook という機能的に重複しているものがあるのは、職業的な理由だと思います。

その他に堀江貴文さんも、家は持たずにホテル暮らし、iPhoneのみで全ての仕事をこなす等、公言はしていませんが、ミニマルなスタイルで生きています。

新作「多動力」は面白かったですね。
読んでみて、意外にも僕が既に実践していることもありました。
これからの生き方について非常に考えさせられる本で、ミニマリズムに関係なくオススメです。

それでは、また。

第三章「王の帰還」へ続く。続くのか

これまでのミニマリズム関係の記事はこちらから。

→カテゴリー:ミニマリズム

・ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

・最近のつぶやき

One thought on “本家に習う、ミニマリズムのはじめかた2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください