味噌汁を作ることから全ては始まる

 

この世界には美味しいものが沢山ある。

美味しいものが沢山あって、会いたい人が沢山いるから、毎日飲み歩くことになる。

そういう生活が続くと、どうもカラダの調子が良くないと感じることがある。

そんな時には、丹精込めて、味噌汁を作ることを薦める。

この世界に一人暮らしで自炊を始めた女子がいるとする。あるいは男子でも構わない。

彼/彼女たちはひとつもレシピを持っていない。

新しい一人暮らしは、始まったばかりなのだ。

クッキング教室に通う? レシピ本を買う? クックバッドで流行りのレシピを探す?

どれも間違っている。

そんな時には、丹精込めて、一杯の味噌汁を作ることを薦める。

具材はなんだっていい。

出汁と、野菜と、豆腐と味噌を少々。今回はネギと大根を入れた。

温かい味噌汁に、玄米と、納豆と、お漬物かあるいはキムチ。

考えてみれば全て発酵食品だ。

腸を調子よくすると、カラダの全てにエネルギーが湧いてくる。

ポイントは、美味しい出汁をとることと、味噌をほんの少しだけ入れること。

マティーニというカクテルの王様と称されるものがある。

材料は、ジンと、ドライベルモットとオリーブだけ。しかしそのバランスと、冷え方で、作る人の数だけ味が変わる大変デリケートなもの。

味噌汁において、出汁をジンとするならば、味噌はドライベルモットに当たる。

ある有名なバーテンダーは、ベルモットを入れずに、ボトルをグラスにかざすだけでマティーニを作る。それはほぼジンなのだが、ベルモットの残像だけが残り、ひとつの個性的なマティーニとなる。

味噌はそのように使いたい。

流石に、出汁の前にかざすだけでは、酔ってもいないので、味噌汁は完成しない。

だけれど、ごく控えめに、そういう気持ちで味噌を溶かし入れてみる。

心から元気になっていく。

これだけの自炊で、生活が上手く回っていく。

生活が上手く回れば、人生も回っていく。

味噌汁を作ることから、全ては始まる。

 

<今回使った出汁>

これプラス、昆布をちぎって入れて具材にします。出汁はどれでも美味しいのですが、初めて使ってみたこれとても美味しいです。甘み、深み、バランス。少し味付けされているので、味噌はほとんど必要ない。

ミニマリストの大原扁理さんも、食生活において味噌汁を大切にしています。粗食を基本にする生き方。新たな豊かさのかたちがここにあります。



人気記事ランキング

1、フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2、ビットコインの買い方

3、フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選

4、物を持たずにシンプルに暮らす

ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください