鳥とソウルミュージック日

まだ四月なのにこの写真日記の終わり方について考えていて、とりあえず1年書いた後は別の場所に移って書くのかそれともダラダラとこの場所で続けて行くのか。というかもうここまできたから、1年間いけるだろうと思ってしまっているけどまだわからない。途中で飽きてしまって、あるいは書く力が無くなって更新を止めてしまうかもしれないし。とにかく油断はできない。ふとそんなことを考えた朝だった。雨が上がっていたので洗濯をしてネスカフェゴールドブレンド。その後総勢80名くらいの人数で会議。このような会議には意味があるのか。発言者は限られているし何も決まらない。立て続けにもう1本オンラインMTGをして昼食は大戸屋で鳥定食。ひと気の少ない平日の街を歩いていて、写真を撮るためにはひとりでいることが大事だ、という言葉がなぜか浮かんだ。夕方オフラインMTGを1件。途中でナポリタンから茶をしばくかという連絡がきて、何かの隠語かと思っていたら本当に茶をしばきたかったらしく、夜からの酒になる。久々の三軒茶屋で、ヘアメイクのKとセレクトショップiremonoを経営しているSも一緒に鶏の店。これを書くまで昼も鳥を食べたことに気がつかなかった。二件目色々と迷い鳥ラーメン屋で瓶ビール。どれだけ鳥好きなんだ。その後二人と別れ、ナポリタンと不慣れな世田谷の夜を彷徨い、何を血迷ったかソウルバー。ファンキーで明らかにソウルな店の番人のような客がバーカウンターに二人。女性店員二人で切り盛りしていて、ソウルにどっぷり浸かった顔をしていたがリクエストなんでもどうぞと言われて全くソウルが浮かばず山下達郎の「スパークル」をリクエスト。かかった瞬間マスターらしき女性店員の一人がご機嫌に口ずさんでいる。どうやら達郎は達郎で正解だったらしい。ナポリタンはソウルの世界観に全く馴染めずグラスが一杯も空かないうちに同じ方面にタクシーで撤退。その後一人、近所のバーでギネス。奥渋は観光地化されブームが絶頂を通り越した。これからは幡ヶ谷と笹塚あたりが次の消費の場になるらしい。

– https://linktr.ee/tokimarutanaka