Categories
Camera

Summicron 35mm ASPH. レビュー

はじめに

今年に入ってズミクロン35mmを使うようになったので、このブログでレビューめいたものを書いてみる。noktonの40mmを買おうか迷った末、ファインダーが合わないのが気になり、気がつけばsummicron 35mmをポチっていた。

ライカで使うレンズはどういうわけか今までずっと50mmだった。レンタルして一時的なテストのために、28mm、35mmはズミルックス含めて試してはきた。しかしフィルム時代のMPでも、デジタルになってのM10-Dでも組み合わせるレンズは50mm一本。それも決まってズミクロン

思えば商業的フォトグラファーを志すようになって、学校を出て初めて買ったレンズもニコンの50mmだった。(FEというフィルムカメラにつけていた)

最初に見たものを「親」と思うヒヨコのように、それ以来僕の中で50mmという焦点距離はひとつの基準というか、基本のようなものになった。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

35mmという焦点距離

35mmという焦点距離についてはどうだろう。

これも個人的な経験からしか語ることができないのだが、また一つの基本形であることに変わりはない。そしておそらく僕がここ10年間で最も多用してきた焦点距離だ。

写真をはじめて間もない頃、尊敬する写真家の先輩と高円寺の喫茶店で話している時、なにかの流れで彼がJuergen Tellerが主に35mmを使っていることを教えてくれた。(その後機材まで全く同じコンタックスG2を買うことになる)
僕はそれ以来、35mmの魅力に取り憑かれて、ひたすらに35mm判の35mm焦点でいくことになった。もし彼が、ヨーガンに、あるいは写真やカメラについて語ってくれなかったら僕は今頃写真をやってなかったとさえ思う。誇張ではなく。

それくらいに、僕は焦点距離や機材に関して無頓着に写真を撮っていた。当時勤めていた制作会社でもズームレンズが基本だったから、考える余地もなかったのかもしれない。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

35mmレンズを使う写真家たち

それ以来、35mmの写真家たちを追いかけることになった。

ヨーガンをはじめ、Josef KoudelkaLee Friedlander、Matt StuartやAlex Webb。Ari Marcopoulos、マーク・ボスウィックStephen Shore。それから僕の個展にコメントを寄せてくれた、Bryan Derballa。

荒木経惟、沢渡朔、鈴木親、ヒロミックス、Sandy Kim、奥山由之、笠井爾示、半沢健。

ライカ使いで言えば、瀧本幹也、佐藤健寿、操上和美に藤代冥砂、桑島智輝。(敬称略)
などなど。全て僕の間接的な”先生”たちだ。

挙げればきりがない。それほど使う写真家は多く、普遍的な焦点距離だとも言える。

もちろんここに上げた写真家たちは35mmだけを使うわけではない。だが、35mmで多くの素晴らしい作品を残している。

なにより、35mmは旅の香りがする。そして僕は上に述べたような普段バチバチの商業写真を撮影しているような写真家が、日常や、旅の途中に撮る写真がたまらなく好きだ。ささやかな物語を自分ごとのように感じられるし、35mmというフォーマットには親密性があり、それがとても写真的に伝わるから。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

現行ズミクロン

現行ズミクロン 35mm
現行ズミクロン 35mm

ライカレンズはその耐久性と同じマウントを使用していることから、50年前のレンズでも今使うことができる。そのためレンズ構成のアップデートにより、何世代、〇〇ジェネレーションといった呼び方をされる。

世代による描写比較、みたいなものは他のブログに任せるとして、ここでは僕が使用している現行のズミクロン35mmについて書く。

現行は世代的には4世代目となり、発売日は1997年。意外と古い。主な構成は変えずに、コーティングや細部をリニューアルして2016年に登場したのが、この「現行」と呼ばれるズミクロンだ。

4年前ということなので、他のメーカー感覚からすると古く感じるかもしれない。しかしライカの場合「レンズにセンサー開発のほうを合わせる」という他とは逆の方法をとっているため、レンズ寿命は遥かに長くなってくる。

個人的にはこの「現行デザイン」が好きだ。50mmも現行を使用している。

このように時代に合わせてデザインされたという解釈を勝手にしています。真相は定かではないけれど。

描写力と使い勝手

見出しをつけておきながら、描写力って、言葉にすることが難しい。

「開放からキレる」と言われればそんな気もしてくるし「絞り込めば隅々までシャープ」と言われればそういう気もしてくる。ボージョレ・ヌーボーが毎年「比較的にだいたい良い」ように、ライカレンズもどこにでもだいたい同じような「良い」ことが書かれている。

何より画像圧縮度合いや、ボディ、閲覧環境によっても大きく変わってくる。だから僕は描写力について述べることをいつも躊躇してしまう。

そして個人的にも「高い描写力」みたいなものを最初から求めていない。それよりも、どこでも持っていけるコンパクトさと、そこそこ写る(と思わせてくれる)感じと、ちょっとやそっとでは壊れない耐久性。正直な話、それがあればどんなレンズでもいい。

でもその条件を満たすレンズというのは案外少ない。Summicron 35mmは見事に満たしている。だから使っている。

ここでは写真をあげることで、その性能の説明に代えさせてください。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

50mmレンズもそうだけど、引き寄りで標準っぽくも広角っぽくも使える。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

デジタルにおいて「トーン(色味)」はセンサーに左右されることが多いけれど、さすがにセンサー側に寄せてレンズ開発されているだけあって、jpegでサラッと撮影してもなんの違和感もない。ハイライトも心地よく抜けてくる。

snow peak sku
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

ブツ撮り。金属表現はズミクロンが得意とするところ。なぜだろうと考えてみたら、それはおそらくシャドーが良い締まり方をするからだろう。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

コンパクトだと毎日持ち歩ける。持ち歩けるとストリートでブツ撮りができる笑。

35mmは金属製のはめ込み式レンズフードが純正で付いている。僕は取り回しやすさの観点から、フードなし、リング付けで持ち歩くことが多い。そうするとズミクロンの50mmよりもコンパクトな撮影システムができあがる。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

山でも、街でも、旅行でもオールラウンドに使える。風景写真のように50mmだと少し窮屈さを感じる場面でも、35mmならなんとか上手くまとまる。そして一眼レフのように移動の妨げにならない。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

花のような身近なものを撮るのに、35mmほど適した焦点距離は無いだろう。昔のコンパクトフィルムカメラによく使われていたことを考えれば納得だ。

最短撮影距離はライカ標準の70cmだが、引いても寄っても心地よい。マクロで撮れないもどかしさも、時にはそれがレンジファインダーライクな味となる。

Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.
Leica M10-D, Summicron 35mm ASPH.

人生をドキュメントするにあたり、僕は50mmと35mmがあればもう何もいらないと思うようになった。そういう意味では、50mmでも35mmでもどちらでも良いはずだ。
しかし、35mmで譲れないところがひとつある。それは飲み会での向かいの席を撮れるということだ。50mmだとどうしてもひとりにフォーカスされてしまい難しい。35mmは上手く収まるし、とっさの集合写真にも対応できる。そこが好きだ。

テクニカルデータ

summicron 35mm ASPH
summicron 35mm ASPH  Amazonで購入
レンズ構成5群7枚
距離計連動範囲∞〜0.7
フィルター径E39

絞り
設定方式 :クリックストップ(1/2段ステップ)
最小絞り :F16
絞り羽根 :11枚
バヨネット :ライカMバヨネット方式
レンズフード :ねじ込み式

寸法/重量
長さ :約35.7/54.4mm(レンズフードなし/装着時)
最大径 :約53mm(レンズフードなし)
質量 :約252g/287g(レンズフードなし/装着時)

まとめ

よく「無人島に一本だけもっていけるなら、どのレンズを選ぶか」という話をしたりする。

実はこの問いは、非現実的なものではなくて、撮影者にとっては考えるべき命題ではないかと思うのだ。

なぜなら身体ひとつで撮影している時は、一本のレンズしか使えないからである。もちろんズームレンズを使えば、あらゆる焦点距離を一本で自在にコントロールできるようになる。

しかし持ち運べるコンパクトさやカメラと一体化して写真を撮る歓びは、一本を決めたときに体感としてもたらされるものだ。焦点距離を決めることは写真家の意思表示ともなり、スタイルになりうる。

好みの焦点距離と出会った時、家でも、いつもの街でも、そこは冒険できる無人島と化す。お気に入りのレンズをみつけて、それぞれの冒険を楽しんでほしいと願う。ただし、レンズ沼だけには落ちないように笑

leicam10-d

作例写真増量版は、ノートで公開中です。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

Leica M10-D のすべて

Categories
Camera Photography

仕事に必要な最低限の撮影機材について

こんにちは、ときまるです。

今回は、フォトグラファーとして独立する際に、揃えておく必要がある機材について考えてみます。

フォトグラファーを目指している方や、アシスタントの方々と話している時にたまにこのような話が出てきます。

最初に言っておくと、撮影内容やスタイルは人それぞれですので「絶対これ!」というような万人に通用するものはありません。

しかし僕の経験から、何があれば困らないのか。何があれば仕事を受け、フォトグラファーとして活動を続けることができるのかを書いてみます。ひとつの参考にして頂ければ幸いです。

フォトグラファーとして独立する時

フォトグラファーとして独立するタイミングは人により様々です。

しかし何もないところから機材を揃えて突然、さあ独立しよう。という人は少ないと思います。

多くの人が、組織や師匠の元である程度経験を積んでから、然るべきタイミングをみて独立しています。そしてその期間にある程度の機材を揃えています。

僕の場合は5年ほど前に、所属していた写真事務所を辞めたタイミングで独立しました。独立と言っても最初から写真の仕事があるわけでもなく、バイトのようなことをしてしばらくは食いつないでいましたのでいわゆるただのフリーターです。その時持っていた機材はフルサイズの一眼レフ(キャノン5Dm2)とシグマの50mmレンズ一本だけでした。

その後少しずつ仕事ができるようになってから、徐々に必要な機材を買い足していきました。

ロールプレイングゲームで、少しずつレベルを上げて、良い装備を買うような。フォトグラファーという職業にはそんな感覚があります。僕たちは幼い頃、プレステの中でやっていたことを、大人になって人生というリアルゲームでただ繰り返しているだけなのかもしれません。おっと、話が逸れそうなので戻します。

ここで言えるのは、独立して最初から全てを持っておく必要は無いということです。

もちろん、最初からある程度の機材を揃えておくことは、仕事を進める上でとても有利になりますので、金銭的余裕がある人はどんどん買って持っておいて良いと思います。

スタンダードセットと、ミニマルセット

では実際にどのような機材を揃えておけば、仕事として写真が撮れるのでしょうか。

機材なんてどうでも良いという人がいますが、それはある意味では間違いではありません。例えば写真家の奥山由之さんは”写ルンです”で単価50~150万ほどの仕事を実際に行っています。(実際は写ルンです以外の機材ももちろん現場で使っているはずですが)

作家という軸で写真家のポジションを築ける人はそれでいいわけです。この場合クライアントは「写真家のスタイル」にお金を払っています。

ただそのような写真家は一握りです。2017年頃で、東京にはフリーランスのフォトグラファーが約2万人いるというデータがあります。2020の現在はそれより増えているか減っているかわかりませんが、とにかく東京だけで2万人カメラマンがいるのです笑

フォトグラファーは明らかにレッドオーシャン市場なので、スタイルにお金を払われる人よりも、確実に写真を撮ってくれる「信頼」にお金を払われる人の方が圧倒的に多いのです。

これは逆に言えば、特別なスタイルが無かったとしても、確かな技術と一定の品質が出せれば、フォトグラファーとして仕事ができるということなのです。

前置きが長くなりました。

今回は標準的な機材セットと、最小限スタイルの2通りを提案します。前者をスタンダードセット、後者をミニマルセットと便宜的に名付けます。

なぜこの2通りなのかと言いますと、僕自身が実際に、スタンダードセット→ミニマルセットの経緯で仕事をしてきたからです。

[スタンダードセットの内容]

  • 35mmフルサイズボディ2台
  • 35mmレンズ
  • 50mmレンズ
  • 85mmレンズ
  • 24-70mmズームレンズ
  • 70-200mmズームレンズ
  • クリップオンストロボ
  • Macbookと外付けHDD

[ミニマルセットの内容]

  • 35mmフルサイズボディ
  • 50mmレンズ
  • 24-105mmレンズ
  • Macbookと外付けHDD

機材内容はこのようになります。

まず、スタンダードセットはこれさえあればほとんどの仕事をこなせるという内容です。実際に活躍しているフォトグラファーもこちらのライナップを中心にそろえている方が多い印象です。

フルサイズボディに、ほぼ全ての焦点距離に対応できるレンズ群。基本を単焦点レンズとしているのは、コンパクトでとりまわしがしやすいということと、圧倒的に描写性能が良いという理由です。解像度や歪曲収差などがズームよりも良く、コスパも良いです。

良いレンズ(単焦点)で撮ることは、後処理の時間短縮にも繋がります。

撮影はバックアップ(予備機材)が最も重要です。トラブルが起きて撮影が出来ないとなると、一回で信頼を失い仕事は二度ときません。それくらい厳しい世界です。ここでは独立したてを仮定していますが、本来は「MacやHDDなども全て2台以上現場に携行することが基本」ということを覚えておいてください。

ミニマルセットは、初期投資を抑え、あらゆる不便を被ることを受け入れたうえでの選択です。しかし、後述しますが、ある程度仕事ができる(複数のクライアント)ようになると、とても威力を発揮してきます。

償却期間と外注費を考慮する

撮影内容によってはミニマルセットのみで完結できる仕事は実際多いです。ミニマルセットで撮影出来ない案件の場合は、外部レンタルやサブスクリプションサービスを利用することでクリアできます。

ミニマルセットで撮影単価の低い仕事を行う場合、外注費が発生するために、純利益が少なくなります。時によってはマイナスになります。

スタンダードから→ミニマルの流れになるのはこのためです。

独立したての頃は、高単価の仕事を受けるのは難しいでしょう。(署名な写真家についていたとか、名門スタジオを卒業して優秀とか、作家性が高いという条件がない限り)

なので単価の低い仕事をすることになります。そうなると、機材は自前で持っていた方が、外注費がかからないため有利なわけです。

撮影単価の低い=2~5万の仕事と考えてください。機材をレンタルするとボディ15000円、レンズ10000円で、25000円です。撮影料としての収入はほぼ無くなります。(場合によってはマイナスになります)

撮影単価が上がる=20万~100万になれば、その案件において多少の外注費がかかっても余裕でペイできます。しかもレンタル会社のメンテナンスがされている、最新機材を使うことができるので、実はレンタルした方が安全面、クオリティの面でパフォーマンスはあがるのです。

僕も当初は、少ない機材から→多くの機材を揃えていくことになるのだろうとなと思っていました。どんどん機材が増えて、強くなっていくイメージです。

しかし最近は、多くの機材から→少ない機材という流れで、所有する機材をどんどん減らしていく傾向になっています。

それは僕がモノを持たないことを好む為はなく、仕事内容や、案件規模や、利益率や、現場でのリスクを考えた上での判断です。

また、カメラ自体のアップデート周期が早すぎるということも関係しています。昔は一台ボディを買えばそれで、5年、10年と仕事ができたかもしれませんが、今は1年おきにアップデートされた最新機種が発売されます。

毎回新品を買っているよりも、レンタルした方が圧倒的にコスパも撮影パフォーマンスも上がるような時代なのです。

使い慣れている自分の機材というのは確かに素晴らしいのですが、いつ壊れるかわからない古い機材で撮影することほど、恐ろしいことはありませんからね。

クライアントに対して良い写真を確実に撮り、素早く納品するためにもそのような仕事方法、撮影機材の選択方法が今は求められていると感じます。

今回は以上です。

最後に現行商品で、機材のリンクだけ貼っておきます。

焦点距離のラインナップさえあれば、メジャーメーカーなら、どこでも良いと思います。僕は仕事写真においてはキャノンを使うことが多いので、そちらを。

多くのメーカーからミラーレスも出ていますが、仕事は一眼レフ派です。撮ってると意識させる撮影においては、やはり取り回しのよいサイズ感と音の心地よさは一眼レフが勝ると思います。

フルサイズボディ

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4
キヤノン (2016-09-08)
売り上げランキング: 53,538

35mmレンズ

Canon 単焦点レンズ EF35mm F1.4L II USM フルサイズ対応
キヤノン (2015-09-17)
売り上げランキング: 32,058

50mmレンズ

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.4 USM フルサイズ対応
キヤノン
売り上げランキング: 11,820

85mmレンズ

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.4L IS USM フルサイズ対応 EF8514LIS
キヤノン (2017-11-01)
売り上げランキング: 179,430

24-70mmズームレンズ

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応
キヤノン (2012-07-20)
売り上げランキング: 67,581

クリップオンストロボ

Canon スピードライト 600EX II-RT
キヤノン (2016-07-31)
売り上げランキング: 43,596

ラップトップとHDD

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru