Category: Info

  • 写真日記出版のお知らせ

    写真日記出版のお知らせ

    昨年サイトで連載していた「写真日記」を書籍として出版しました。写真集ともエッセイとも言えない仕上がりです。個人的な365日を写真と文章で記録した日記文学は、自分のこれまでの仕事の中で、もしかすると最も長くこの世に残る作品になるかもしれません。 ペーパーバック版は767ページのボリュームです。デザインも文章も写真も至らないことばかりですが、暇つぶしにでもご覧頂けると嬉しいです。Kindle Unlimitedでも読めます。 友人たち、昨年お会いした全ての方、写真を撮らせて頂いた方々に改めて感謝します。ありがとうございました。 「2021年12月から2023年1月までを綴った、田中常丸の日々の記録。一台のミラーレスカメラと50mmレンズで、田中は何を撮り、何を飲み食いし、何に落胆しているのか。あけすけな筆致で綴る、誰も待望していない異色の写真日記、第一弾。」 本書の説明より https://amzn.to/3HFkI4j tokimarutanaka.comのWorksにも作品詳細を掲載しています。 — The “Photo Diary” that was serialized on the website last year has been published as a book. It’s a finish that can’t be said to be a photo book or an essay. The diary literature, which records 365 days of personal life with photographs and text, […]

  • BSSCというプロジェクト

    BSSCというプロジェクト

  • noteで書くこと日記の事

    noteで書くこと日記の事

  • 400記事

    400 articles 前回の記事で400本目となったようです。300本達成!のエントリーが2018年の6月12日でしたので、300から400への100本は結構時間がかかってしまいました。少しペースを落としながらも、しかしよくまあここまで駄文を量産できるものだなと自分でも感心しています。 ここまで来たら、とりあえず1000です。1000。目指したくなってきました。50になっても書いていたら面白いと思いませんか。「えっ、お前まだあのブログやってるの」と50歳の友人に言われるわけです。 大竹伸朗さんが好きで、既にそこにあるものという本は僕のマイベスト隙間本なのですが、これには大竹さんのデビュー前の若い頃の文章から、割と直近のものまでがごちゃごちゃっと入っていて、本人も「若い時のは恥ずかしい」なんて”あとがき”で述べています。 たったここ3、4年でも恥ずかしいと思うのですから、20年くらい後に今の文章を読み返すとどういう気持がするだろうと好奇心があります。でもそれは逆に意外と成長しているというか。文体やその時の気分もあるのかもしれないですが、過去の文章はとても稚拙に思えるわけです。とはいえ、今オトナで洒脱な文章が書けるようになったかと言えば全くそうではないのですが。 検索で偶然訪れてくれた方、そしていつも読んでくださってる方、ありがとうございます。 あれ、まだあいつ書いてるんだっけ、とまた忘れたころに覗いてもらえると嬉しいです。 最後に、備忘録としてアクセス数ランキング(年間)を載せておきます。自分でも知らなかった逆ランキングも笑 読まれた記事ベスト5 フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選 どうしていまさら?キャノン EOS 6D レビュー LeicaQのトーン 結局どれ使う?テザー撮影ソフトウェア考察 9年目で実感した、カメラマンの営業方法 読まれなかった記事ベスト5 猫の名は ひとつの怖い夢を出発点に 部屋から夕焼け たかが世界の終わり 言葉を逃した詩人のように 読まれたのはすべて写真・カメラ系記事でした。依然として強しです。随分前に書いたものですが、現在でもオーガニックサーチ(グーグルやヤフーから入ってくる検索)で3000~5000アクセスあります。 読まれなかった記事も今回出してみました。回数は年間で1, 2回から。書いた本人が読んでも、意味不明なものがそろっています。そりゃあ、読まれないわ。

  • 2019年

    2019年

  • PHOTO CAMP出展します

    PHOTO CAMP出展します

    東京、天王洲運河で開催されるアートフォトの祭典「PHOTO CAMP」に TOKIMARU TANAKA 出展が決定しました。

  • EC撮影ソリューション

    EC撮影ソリューション