Categories
Minimalism

ミニマリストのノート術

こんにちは、ときまるです。

ここだけの話し、あまりミニマリストと名乗りたくはないのですが、ブログSEO上使っています。

ミニマリストって別に人の役に立つわけではないですからね。

家とか、モノとか無くして、むしろ他人を頼るということになりかねないです。役に立つというより迷惑をかける可能性の方が圧倒的に高い、それがミニマリストです。

だから先にごめんなさいと謝っておきます。

ミニマリストかどうかは抜きにして、ノートの整理術は役に立つかもしれません。そんな思いで今回は僕が試行錯誤の末たどり着いたノート術を書いてみます。ありきたりですが一度この企画やってみたかったんです。本質的に文房具フェチなのかもしれません。

デジタルとアナログを併用する

ノートを整理すること=思考を整理すること

だと考えています。

現代はデジタルのノートアプリを使っている人が多いでしょう。

ミニマリストであれば、デジタルだけにして、紙のノートを切ってしまいがちです。

しかしアナログとデジタルの併用に落ち着きました。その理由は哲学者の千葉雅也さんがわかりやすく書いています。

「書くことの有限化」についてさらに言えば、デジタルな方法に加え、手書きを併用することも重要です。僕の実感としては、紙のノートへの手書きでは、アウトライナーでの箇条書きよりもさらに強く、有限化が働きます。
…タイピングよりもペンで書く方が、手が疲れます。…書く内容が強く絞り込まれるので、手書きは、考えの「太い」部分を整理するのに役立ちます。

– 千葉雅也「勉強の哲学」より

打ち合わせや、読書・映画中のメモは紙ノート。仕事のアイデア出しや、少し長めの文章を書く時はデジタルという使い分けをしています。また紙に書いたものを写真に撮り、ノートアプリに入れるということもよくやっています。

ただ一冊のノート

今までは、撮影用ノート、ブログ用メモ帳、その他、みたいにいくつかノートを使い分けていました。

カメラ同様に、知らぬ間に増えていくのがノートです。

それらを整理し、今はこの一冊に全てまとめています。

moleskine

ノートは何でも良いのですが、サイズ感とゴムバンドの使い勝手がよいモレスキン使っています。ソフトカバーで、適当にバッグに放り込んでもまとまってくれます。

撮影のラフ

書く内容は

・仕事のアイデア
・撮影ラフ
・予算管理
・日常のメモ
・イラスト
・読書、映画メモ
・インタビュー(聞き取り)
・歌詞

などです。内容は制限していません。書きたいものを書きたい時に全て書いていきます。

今僕のノートを見返すと

石川直樹の機材

ドラッカーの言葉

トム・クルーズとキャメロン・ディアスがアゾレス諸島、航空券32万。

SF的な夢のはなし。

佐藤健寿のカメラの話し

NEMの秘密鍵

マルコベイリーがどのようにしてFUSEのレジデントDJを務めたか。

ポーラ美術振興財団、若手芸術家の在外研修助成

– Tanakaのノートより

などなど。キリがないのでこの辺にしておきますが、あらゆることが書かれています。

重要なものや、バックアップの必要な内容は後述するノートアプリに写真で保存します。

色々入るバックポケット

裏表紙にポケットがついているのが何気に便利です。ステッカーや領収書など、適当に入れて、気が向いた時に整理しています。

何でも書いていると大体1~2ヶ月くらいで使い切ってしまいます。

次のノートに引っ越しする時に、重要な情報を持ち越したいという悩みが長らくありました。一時期は新しいノートに書き写したりしていましたが、面倒で辞めました。

このノート引っ越し問題は、小冊子を使うことで解決しました。

こいつです。

ジブン手帳

博報堂のプランナーである佐久間英彰さんが開発した「ジブン手帳」というシステム手帳があるのですが、それに付属しているLIFEという小冊子だけを使っています。(他は捨てます)

長期的なスパンで使う情報、例えば、旅の記録や証券会社の口座情報、連絡先などはこの小冊子に記入できます。そしてノートに挟んでバンドで止めておけば一体化した風に持ち運べます。

LIFEノートは同じものをずっと使い、モレスキンは埋まり次第新しいものに買い換えるということです。

使っているペン

今は4本のペンを使っています。

ハードコアなミニマリストからすれば、一本じゃないの?と思うかもしれませんね。

左からジェットストリームの三色ボールペン、パーカーボールペン、ラミー、油性マジックです。

日常使いが左2本で、右2本は主に現場(スタジオ)や出先で使用することが多いので常にバッグに入れています。どこにでも太くかける油性マジックはなにかと便利です。

デジタルツール

メモアプリは様々使用してきました。長いあいだMacの標準メモ帳がトップの座を占めていましたが、今はこちらの2つに落ち着きました。

Evernote

エバーノート

おなじみエバーノートです。

メンバーシップ加入時期を確認したら2008年でした。もう12年も使っていることに驚きです。

最初はモバイルとデスクトップ間で同じ環境で使えるだけで感動していた記憶があります。

様々なアップデートを重ね、とても使いやすい仕様になりました。

この手のアプリは、倒産などによりサービスが終了するとメモがなくなってしまうという不安がつきものです。エバーノートも経営状態が必ずしも良い時期ばかりではありません。しかし検索性やアプリの使い勝手がとても良いことから、ファンが世界中にいるおかげで、なんとか続いているのではないでしょうか。どこかに吸収される可能性もゼロではないですが、たぶんそれまで使い続けます。

Workflowy

WorkFlowy

もうひとつは、アウトライナーのWorkFlowyです。

エバーノートが文章、写真、音声なんでもこいの万能ノートであるなら、こちらは箇条書きしか出来ないシンプルなアプリです。

アウトライナーという形式的記述ができるので、文章を書く以外にも、TODOや、サイトマップ作ったり、台本書いたり、様々な使い方ができます。特にアイデア出しには威力を発揮します。

昨年末に導入したばかりですが、もうこれなしでは生きられないので、年間契約のProプランで使っています。

フォントや画像のことを一切気にしないで書けるので、思考だけに集中できます。

まとめ

使用例とともにノート術を書いてきました。

使っているノートは全部で3つです。

・紙ノート
・Evernote
・WorkFlowy

スケジュールはGcal一択。手帳は使いません。

デジタルを中心にして、アナログノートを一冊だけ補助的に使うというスタイルに落ち着きました。

ノート術はそれぞれの仕事や生き方が出る部分ですので、他の人の話しを聞くのも面白いです。

モノ(道具)や書き方のスタイルに凝りまくって、肝心な人生や計画が全く前に進まないという本末転倒な状況にはなりたくないですね。笑

手帳マニアや文具マニアであれば、それが楽しいので良いとは思いますが。

今回紹介した自分の例も、今だからこうなっているわけで、今後ライフスタイルが変わる度に、変化していくのだと思います。

なにかと参考になれば嬉しいです。

それではまた。

登場したアイテム

勉強の哲学 来たるべきバカのために 増補版 (文春文庫) 千葉雅也
モレスキン ノート クラシック ソフト
コクヨ ジブン手帳 Biz Spring 手帳 2020年 A5 スリム マンスリー&ウィークリー
三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 
パーカー ボールペン 油性 ソネット マットブラックCT 1950881 正規輸入品
LAMY ラミー ボールペン 油性 サファリ イエロー L218 正規輸入品
マジックインキ 油性ペン No.500 細字 黒 6本 M500-T1-6P

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru

Categories
Minimalism

モノを増やさないために行う4つのこと

こんにちは、ときまるです。

モノ、捨ててますか?

僕はもう捨てるものが無いくらい持ち物がありませんので、最近は捨てていません。Tシャツを何枚か処分したくらいです。

捨てること自体に意味はありません。少し気分がすっきりするというくらいです。本質は、自分に必要なモノを見極めて、集中力を高め、生産性を上げることにあると思っています。生産性が上がると収益率も上がり、収益率が上がると少ない労力で生きることが可能になります。それが幸せかはまた別の話ですが、時間・資本・身体の余裕は多幸感の種になります。

少ないモノで暮らすことは、動物的な勘をとり戻すことでもあります。

私たちは日々多くの情報に晒されています。ニュース、会話、環境音、ディスプレイ。多くは目に見えないものですが、身の回りにあるモノはそれ自体が情報を含んでいます。そして無意識に作用します。

それらが無ければ否応無しに「自分」を見つめることになります。頭の上から足先の感覚まで、そして呼吸をしていて、今を生きています。

多くの情報に晒されていると、過去にしがみつき、未来の不安に怯えることになります。後悔と回顧、期待と落胆を繰り返します。

モノではなく、身体にフォーカスすると現在を生きることができます。お腹がいたい、喉が乾燥している、鼻水がでる、背中が汗ばんでいる、筋肉痛だ、そのような今の全ての状態を受け入れて、過去の過ちを繰り返さないように、確固たる意思をもって先へ進むのです。今この瞬間に気づく力をつけて、過去を指針にして、未来への確かな行動をとる必要があります。

そのために少ないモノで生きることを選びます。
余計な飾りは放り捨てる。(feat. AKLO)

そんなにカッコつけながらも、僕は新しいものが好きです。買い物も好きです。だから買っては捨ててをいつも繰り返していました。今でもたまに買ってはすぐに捨てたりします。

5個セットのボックスティッシュを買って、2つ捨てたりします。3つとか、1つでいいんです。なんで5個なんですか。1つ売りのはなんでプレミアムでふわふわで高いのしか無いんですか。ごく普通の”スコッティ”を1個か3つ売ってくれませんか。いや、もう渋谷の街中で配っているポケットティッシュでいいです。それで良いかもです。

色々モノを捨ててきましたが、さすがに5年やってるとスタイルが固まってきます。そしてコツのようなものもわかってきます。

このようなツイートをしました。

この4つで物が少ない状態を維持できます。

1、3ヶ月に一回持ち物を見直す

タイトルどおりです。3ヶ月に一度、部屋の中やバッグの中で根を張っているモノを処分します。

雑誌やペン、消しゴム、書類。

部屋の中でまるで住む前からの定位置のように、ショッピングバッグが置かれていたりします。

君の定位置はそこじゃない。少し厳しくいきます。

モノだけでなく、支出に関しても見直してください。

近くのコーヒースタンドの月間サブスクリプション、ネットフリックス、ノートアプリ、課金ゲーム。3ヶ月の間にいろいろ支出が増えていませんか。

ノートに全ての支出を書き出して、どれが支出のメモリを食っているかを見極めてください。そして使用していないサービスは積極的にキリましょう。キリマンジャロです。

2、モノに執着せず今のライフスタイルに合わせる

三ヶ月前はサラリーマンだったのに、今はジャージでニート生活。

そんなあなたは、まずスーツを捨てることから始めましょう。

ライフスタイルは3年周期で変わるのではなく、この瞬間瞬間に変わることを意識してください。

スノーボードやサーフィンに年に1回しか行かないのに、ボードやゴーグル、グローブを溜めてませんか。行くその時に買うかレンタルで対応できます。あなたが毎日ランニングを行うのなら、ランニングシューズに投資する価値は十分にあります。

ブランドもので高額な2年前の服を大事にクローゼットにしまってありませんか。もうデザインもシルエットもあなたの気分ではないことを、あなたが一番知っているはずです。高かったからとか、このブランドだからという理由で使わない衣類を持つことは、時間・空間の大きな損失です。

春なのに、夏服や秋服を先取りして買うのも良いアイデアではありません。

今必要なものだけを持つこと。

これだけで随分身軽になります。

3、飽きの来ないものを選ぶ

先程述べたように、衣類は身体に纏うものなので、サイズの変化やトレンドの変化により必ず”飽き”がきます。

ではせめて、身にまとわないものは、飽きにくいモノを選ぶと長く使えます。

日々使うもの。

スマホやペンやノートやカメラ。バッグや洗濯機やまな板。

そんなこと考えていると、いやむしろ洗濯機いる?ということになってきますよね。

「飽きのこないもの」なんて実は最初から無いのです。

変化していないように見えて、人間もモノも一刻一刻微細に変化しています。それは劣化や成熟というかたちで、長い期間を経て現れてくる。

変化しないものなど、この世にはない。

そんな真理を片隅に置きながら、それでもロングライフデザインなプロダクトを選択することは、モノを増やさないことに役立ちます。

4、身の丈以上のモノを持たない

これは砕けていうと

レバレッジをかけない、ローンを組まない、借金をしない

ということにつきます。

僕はモノも含めて、生活の中の全ての決済をクレジットカードで行いますが、分割払いは一切しません。(仕事の経費、スタジオ費さえも)
というか、分割払いが出来ないカードを使っています。

カードを使うのは、現金を扱いたくないのと、カード会社との信頼を構築するためです。(ささやかですがポイントも有効です)生活の全てを単一カードで決済していますので、1年で国内線に4回〜6回乗れるくらいマイルがたまります。また信頼度を上げると、支払限度額が上がります。限度額が高額になると、ポイントの優位性が高まります。例えば100万の機材や、400万の車を一括でカードで買えると、値引率の交渉もしやすくなる上、ポイントによる割引率が向上するのです。

身の丈以上のものを持つということは、自分の支払い能力以上のものを購入することです。

家や車のローンは典型です。

資産はポートフォリオで考えなければなりません。

4000万の家を30年ローンで買ったとしても、手取り40万の会社員なら資産のポートフォリオは永遠にマイナスです。そして30年後にようやく家が自分のものになったときには、家の価値はほぼなくなっているでしょう。さらに今回のウィルスによる世界的驚異や、気候変動、災害、地価変動、世の中には様々なリスクがあります。家を30年ローンで買うことは、30年間4000万をそれらのリスクに晒しながら、借金をしていることと同じことです。何が最適解であるかは、資本主義の仕組みを理解し、世界経済を少し勉強すると見えてきます。それは予めそこにある情報であり、真理です。

身の丈以上のものを持たないだけで、身軽になり、生きることが楽になります。

全て現金一括、またはカード一括で買えるモノを持つ。ただシンプルにこれだけです。

少し長くなりましたが今回は以上です。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru