Categories
Minimalism

服を持たない生活、フォトグラファーの場合

こんにちは、トキマルです。

今日は久々にミニマリズムネタで、衣類の整理術です。

ミニマリズムを実践している方も、し始めた方も、あるいはそうでない人も、服の整理については気になるところではないでしょうか。

衣・食・住と言われるように、年齢や場所に関係なく、生きる上で必要なものの1つだからですね。

現在の衣類の状況を記録するという意味も兼ねて、僕のワードローブを公開してみます。

その前に

ジョブズとテリーに倣う

アップル創業者のスティーブ・ジョブズはミニマリストであり、いつもリーバイスのデニムに、イッセイミヤケの黒いタートルネック、そしてニューバランスという格好だったというのはあまりに有名な話ですね。

ジョブズはイッセイミヤケから100着単位で、黒いタートルネックを送ってもらいストックしていたようです。

毎日同じものを着ることで、選ぶ時間を最小化しています。
生きるということは選択の連続であり、意識的にも無意識にも一日に何百回という選択をしています。
選ぶ時間を削ることで、その分を他の事に使うことができます。
また、選択は脳を使うので、出来る限り不要なことには脳を浪費させず、その分をクリエイションにつぎ込むという考え方です。


ファッション写真家のテリー・リチャードソンもいつも同じ服です。デニムにTシャツにチェックシャツ、デッキスニーカー、冬はダービージャケット。
テリーはミニマリストというよりも、意図的にいつも同じ服を着ることで、自分をアイコン化しています。
世界トップクラスの写真家であり、誰が見てもテリーだというような強烈なキャラ付けに成功していますね。

著名な写真家はファッションも、写真もひとつのスタイルを持っている人が多いです。そして、だいたいいつもみんな同じ服を着ています。

 

トキマル・タナカの服の数

僕も昨年の今頃に服の整理に手を付けて、私服の制服化を行いました。

今のクローゼットはこんな感じです。

トップス 5着
Tシャツ 5着
ボトムス 5着
シューズ 6足

合計21着でした。(下着類は除く)

「面白くねぇ」とか「飽きないの?」 と良く言われますが、僕は生きています

一年間ずっと、これでいってます。少数精鋭の部隊です。

トップスは写真にあるもの、ジャケット、パーカー、ニット、スウェットにシャツ。

Tシャツは、白2枚、黒3枚。

ボトムスは、デニムとファティーグパンツ、スウェットパンツ、スラックス、ショーツ。

シューズが多めなのは、ランニングシューズとトレッキングシューズが各1あるからです。
普段は4足で回します。

ファッションは好きだし、服を結構買っている時期もありましたが、今はこのラインナップに落ち着いています。

僕の場合は、写真を撮り、スケートボードに乗るので、動きやすいものが中心です。
面白いことに気付いたのが、スケートウェアは、写真を撮る時のウェアとしても最適だという事です。
写真家の藤代冥砂さんも、スケート用のパンツが撮影には最高だと言っていました。(ナイキのスケートラインを履いているようです)

スタイリスト、地曳 いく子さんに学ぶ

服を処分するにあたり、昨年読んで参考になったのはこの本です。

「服を買うなら、捨てなさい」
ファッションスタイリストの地曳 いく子さんが、ワードローブの選び方について解説しています。

女性に向けての本ではあるのですが、男性でも参考になるところはあります。

例えば

「いらないものは捨てる、どうでもいいものは買わない」

「買い足すのではなく、買い替えで定番をアップデート」

「靴に一番お金と愛を注ぐ」

「クローゼットには、今使えるものだけが入っている」

「内容に偏りがあり、ワンパターン」

「自分自身の得意分野、好きなものを極めている」

などなど。すごく頷けますね。

またワンシーズン(3ヶ月)の理想アイテム数についても書かれており、

靴 2,3足
トップス 10〜15枚(ニット・Tシャツ)
ボトムス 3,4枚
ジャケット 2枚
アウター(冬) 1,2枚
下着・ショーツ 10枚

といった具合です。
女性の場合は、シーズン毎を考えて持つということで、このようになっています。
ベテランのスタイリストならではの発想で、とても実践的な内容ですわ。

それぞれのスタイルで、楽しく断捨離

自分の服を考え、選ぶことは、自分自身を知ることでもあります。

古着が好きな人もいれば、スーツを着て仕事をする人もいます。
年齢や体型によっても、着る服は変わってきます。

自分のワードローブを再考し、断捨離することは、自分を見つめることになりますし、ファッションについて考えることにもなります。

好きなものだけを着るという姿勢は、毎日がハレの日であるという状況を作り出し、気分的にもアガるので、さらに良い循環を生み出します。

大切なのは、ただ減らすということではなく、自分のライフスタイルを見極めるということではないでしょうか。

 

ワードローブを整える。

ただそれだけで、部屋もスッキリして、人生楽しくなりますよ。

 

ミニマリスト関連記事

本家に習う、ミニマリズムのはじめかた
延長コードを使わない、という生き方

・ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

・最近のつぶやき

3 replies on “服を持たない生活、フォトグラファーの場合”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.