カラグレ、撮影、渋谷千葉

朝からカラーグレーディングを行うAIについての記事を読んだ。このような技術は映像編集者やカラリストの職を奪うようになるのかという議論はいつもされるが、基本的には補助的にというのがこれまでの路線だったはずだ。だがiPhoneで写真がコモディティ化したように、コンピューテーショナルな画像編集の行先は確実に撮った瞬間から、あるいは撮ったものが完成系という方向に向かっている気がする。午後スタジオにて、ものすごい豪華なメンツで撮影。日本のファッション誌やビジュアルクリエイティブを牽引してきた大御所たち。書きたいところだけど公表は来月ごろになりそう。渋谷の事務所近くの建設工事が本格化してきて、日中の騒音がひどい。オンラインでのmtgが難しいレベルなので、夜、また千葉の別荘に移動した。多拠点生活を試していてマンスリーのマンションを千葉の何もない田舎町に借りている。先月はコロナ隔離ですごく役に立ったが、本当に静かで、自然豊かで、歓楽的誘惑も一切なく仕事にも集中できるのでたぶんこのまま契約を延長するかも。このスタイルはなかなか楽しい。