ズームレンズから単焦点へ

同じレンズしか使わないのは、単純にレンズ交換が面倒だからではないかということに思い当たった。新しいズームレンズを試していて、重さも1kくらいあるのに、一度取り付けてしまえばずっとつけっぱなしでそればかり使っている。この写真日記のおかげでここしばらく50mmばかり使っていたので、生活をズームで撮る自由さを感じている。一方、写真には自由すぎるが故の不自由がいつも付きまとうので、有限性の付与という意味では単焦点は強い。今日は移動が多い日だったので、久々に50mmをつけてみると、その軽さと軽快さに改めて驚いた。小さなカメラばかり使っていた身としては、ミラーレスでさえ重量級に感じるのに、ズームレンズで更に負荷をかけてみると、ミラーレスとマニュアル単焦点という組み合わせがとても軽々しく感じる。どうやらモノとモノとの比較によってそのモノへの認知と知覚を行っているらしい。そういう意味では、好き嫌いせずに、あえて極端な方向に振ってみることは、新たな展開を招くのかもしれない。積極的に、極端な方向へ。久々に50mmに戻したせいか、今日は写真がたくさん撮れた日だった。そういう日は文章で書かなくとも写真だけを貼っておけばよいのかもしれない。が、一応記しておく。いつの間にか書くことが好きになってしまっている。朝、Soushi Sakiyamaを聴きながら4キロを走る。汗かいて、シャワーして、気持ちい、もう夏のよう。昔、仕事でお世話になったアパレルの友人からお前の好きそうな靴を入荷したからと勝手に取り置きしておいた連絡がきて、二つ返事で購入。夕方、オフラインMTGのため芝浦のスタジオまで。千代田線と銀座線とゆりかもめの乗り換え、ゆりかもめだけが冷房が効いていて、気が利くなと思った。夜、大阪から来ていたSと合流して焼き鳥。スクランブルスクウェアの展望台に登ったらしい。僕はまだ登ったことがない。その後カフェでCBDビア、その後宇多川のバー。カウンターにはみぞさんと、有名なロックバンドのドラムとギターがいた。最後に近所のバーでジントニック。編集長とげんきさんもいて、みんな元気にしていて世界は通常運転していることを確認。

– https://linktr.ee/tokimarutanaka