Categories
Essay

藤代冥砂さん、90Nights

昨夜は写真家藤代冥砂さんの写真展「90Nights」のレセプションへ。

藤代さんが90年代のクラブシーンを、コニカビッグミニで撮影した新作写真集とその展示が原宿bookmarkで開催されます。

90年代の空気をたっぷり含んだスナップ。僕の中でライアンマッギンレーを越えてくるこのユース感。僕たちは藤代さん達の写真を見て育った世代です。当時の(多くは今も)レジェンドたちが、クラブで戯れる姿が、ストレートに写っていました。

若い頃の藤原ヒロシさんや、ZIGENさん、ああこの人誰だっけ。展示会場の熱気が、そのまま写真の中のクラブと見事にリンクしていました。

週刊朝日のカバーやグラビアを思い出しました。藤代さんは7年間同誌を撮影していたから、ポートレートが無意識に刷り込まれている。

会場にはヘアメイクのはっしーこと橋本孝裕さんや、櫻井浩さん、フォトグラファーの宮澤聡さんや、スタイリストの岩田巧さんなどなどこれまたレジェンドな方々とお会いできました。

橋本さんが写真をみて「俺まだ同じことやってる」と言っていたのが印象的でしたね。いつになっても遊び心を忘れない、そんな大人になりたいです。

でもこの90の雰囲気って、もうこれから生きてる間には来ないんだろうなあ。

短いながらも熱い夜でした。

展示は原宿のbookmarkで本日から。