文章作成AIに書いてもらう

久々に変な夢をみた。九州へのフライトをとっていたはずなのに、なぜかその前にタイに飛ぶことになった。それも修学旅行のような団体旅行である。リゾートホテルに到着して、一歩も外には出ずにホテルのプールやクラブで遊んだ。友達が遅れて二人やってきた。団体の僕らはもう今日の夜の便で日本に帰ることになっていた。そもそも東京から九州へのフライトを取っていたので、僕だけタイから九州へそのまま飛べないか交渉して、空港へ向かった。(以下文章作成AIにより作成)

あとはホテルでのんびりしていました。楽しい時間を過ごし、今週末の日本への帰国をとても楽しみにしていた。しかし、そんなことを考えているうちに、不思議な夢を見たことに気がつきました。

私は日本のホテルの一室にいた。それはすべて、私が奇妙な夢を見た夢の中と同じでした。去年の9月に見た夢と同じように。しかし、今回は、到着したホテルの一室にいた。

部屋は明るく、広々としていて、海が見えるいい部屋だった。私はベッドに横になっていたのだが、水中にいる夢を見ていた。この夢の中でも部屋は暗かった。ドアが閉まっていて、私はバルコニーに立って海を眺めていた。ベッドとバルコニーの手すり以外、部屋の中はすべて真っ暗だった。9月に行ったホテルの部屋でないことは確かだが、何号室かはわからない。

ふと、目が覚めた。夢を見ていた時間が終わり、同じホテルの同じ部屋に戻ってきたのだ。もちろん、そんなはずはない。そして、ホテルでは見ることのできない、夢の中の自分は何を見たのだろうかと考えた。夢だったのだろうかと思い始めた。

私は立ち上がって、もう一度ベランダに行きました。しかし、そこには何もない。部屋は9月と全く同じだった。ベッドに戻り、バルコニーを見た。何もない。私は少し不安になり始めました。少し考えてから、明晰夢を見たのかもしれないと思った。

私はホテルのコンシェルジュに電話し、友人が迎えに来るなら部屋にいてもいいかと聞いてみることにしました。私はすでにフライトの時間に遅れていた。空港に間に合わせなければならないので、これはちょっと困ったことになった。また、九州に時間通りに到着できるように、別の便に変更しなければなりませんでした。コンシェルジュには、翌朝、電話をかけ直して確認するように伝えました。それでも少し時間がかかりましたが、ようやくコンシェルジュから電話があり、折り返しの連絡がありました。彼女は、午前11時半からなら診察可能だと言ってくれました。

私は、9時半に迎えに来てくれるように頼んだ(ここまで)

空港へ向かったはずなのにまた夢の中に入り、結局フライトも遅れるという、どことなくカフカ的な雰囲気がある。最初は英語のものばかりだったが最近は日本語で生成できるAIも増えてきた。朝久々に5キロを走った。終わりかけの銀杏の葉が道端にキラキラと光を集めていた。