Categories
Essay

村上春樹がTOKYO FMにてDJを

 

昨夜、TOKYO FM にて村上春樹がパーソナリティを務めた。

その名も「村上RADIO」

村上春樹を文章ではなく、声で、ラジオでという、なんという新鮮さ。

個人的には、収録ではなく、生放送で聞きたかったけれどそんな贅沢は言えません。

他局ではまずかけないような曲をかける、という宣言通り、素晴らしい選曲でした。こんな本気なラジオ番組が存在したら、欠かさずチェックするだろうな。

今、唯一本気の番組は Inter FMの「DAVEFROM SHOW」くらいなので。バラカンモーニングも無くなっちゃったし。

選曲した曲の中で、僕がラジオで実際聞いたことがあったのはJoey Ramoneによる「What A Wonderful World」だけでしたね。これはたまーにInterのジョージ・ウィリアムズがかけています。笑

流れた曲を貼り付けておきます。

ランニングがますます楽しくなりそう。

MADISON TIME DONALD FAGEN

Brian Wilson – In The Key Of Disney album sampler

The Beach Boys – Surfin Usa – Remastered 2014

KING PLEASURE – D B Blues ~Exotic Blues~

Eric Burdon and The Animals – Sky Pilot (1968) HQ

Joey Ramone – What A Wonderful World

George Harrison – Between The Devil & The Deep Blue Sea

Ben Sidran Dylan Different Knockin on Heaven’s Doors

Love Train – Hall & Oates

Helmut Zacharias – Light My Fire

特設サイトはこちら→https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/
ラディコのタイムフリーで視聴もできると思います。

やはり60年代のジャズからポップへの移行期って素晴らしい音楽多いですね。

スタッフの感想に「村上春樹は存在した」とありますが、いやいや、音声だけのラジオですので、まだわからないです。



ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています