これ1つでOK、フィルム写真の露出の決め方

こんにちは、トキマルです。

今日は、フィルム写真での露出の決め方について。

 

ネガなら適当で大丈夫

フィルム写真はネガの状態がプリントに大きく影響してくるので、適正な露出で撮影することはとても大切です。

しかしそれは、写真を生業とするプロか、あるいはプリントや展示を行う作家であればの話しです。

ただ単に写真を趣味として楽しむ、一般の方にとっては不要なことです。

むしろ、ネガフィルムの味や使いやすさを知り、思う存分自由に撮れるようになることの方が大事です。

自由に撮れるとますます楽しくなります。

そしてネガフィルムはその特性上「プリントで融通がきく」ので、撮影時にある程度適当に撮影しても、現像・プリントすれば大体の場合きちんと写ってくれます。

ラティテュードといって、白から黒までの階調の許容範囲が広く、大きな露出処理を加えても”ネバる”ようにできています。

フィルム写真をやる場合に覚えておくと便利なルールがひとつだけあります。

16ルール

それは「16ルール」です。

晴天順光の場合、シャッタースピードは感度(ISO)分の1F値(絞り)は16適正になる。

これだけです。

どういうことかと言うと

感度200のフィルムを使っている場合、シャッタースピードは1/200、絞りは16で撮影すれば、ちょうどよく写るということです。

フィルムカメラの場合、実際には200という半端なシャッタースピードは無いカメラの方が多いので、近似値で250と考えます。

感度400のフィルムであれば1/500のF16。

絞りF16というのはいつでも一緒なので、16ルールです。

曇りの日や、暗い場所で撮る場合は二段開けると覚えてください。

絞りであればF16→F8 またシャッタースピードであれば、1/500→1/125 です。

簡単ですね。

このルールさえ覚えておけば、露出計がなくてもだいたいのものは撮れてしまいます。

また、少しだけ露出の知識があれば、この値を基準に更に絞ったり、シャッターを遅くしたり、自由に設定できるようになります。

 

フィルムカメラで、かつネガフィルムで撮っている人は試してみてください。
露出計を使わず、これを基準に続けていくと、露出を読む力がついてきます。
露出を測る時間を無くし、その分を構図やピント、フレーミングにつぎ込むのです。

まぁ、デジタル全盛、オート露出の現代では不要な話かもしれませんがね。

leica-mp
トキマルのLeica MP。露出計搭載のフルマニュアル機は現代でも超実用機。

では。

・ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

・最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です