iPhoneもある種のコンパクトカメラである

 

2018年3月28日、どこからどうみても、桜の季節だ。

今年も無事に冬を越せたことを幸せに思う。

毎年、次の桜を見れるとは限らないという気持ちで生きている。

芭蕉か、いいえ田中です。

震災を経たことも少なからずその気分に影響しているとは思うけれど、たぶん少し違う。

きっと乾けない世代特有のものなのだと思う。考えればミニマルに暮らすことも、写真を撮ることも、文章を書くことも、歌うことも、全て繋がっていて、今を生きることを強調する為にあるような気もする。

桜はいつでも、別れの悲しさと出会いの喜びをファンデメンタルに含んでいる。

だからあまり予定をたてて「さー花見すっかー」というのは最近の気分ではない。(上京した時は花男と企画側にいたけれど)

たかが桜を見るのに、コンテクストを意識するのはただのナルシズムに過ぎないと言われそうだが、それでも文脈が欲しい。

月の初めに、3冊の写真シリーズを制作したが、一度先生方に見てもらい、それから未だに完成できずにいる。

それ以来あまりコンパクトカメラを持ち歩かなくなった。

いつもこの季節なら、何かしら持っていたはずなのに。

それでもいつでも桜はきれいに咲いている。だが撮りたいという気分も、歩きながら後方へ流れて行ってしまう。

夜歩いていると、暗闇の中にぼんやり浮かぶ桃色の花があった。

桜ではない。

一度その場所を通り過ぎたのだが、どうしてもその瞬間的な艶めかしさが頭から離れず、来た道をもどり、持っていたアイフォンで写真を撮った。

椿だった。

椿は桜よりも古く、縄文からあると言われる。

桜と同じ時期に花を咲かせながら、桜の華やかさと人気の影に隠れるように、しかし確かな存在感と艶めかしさを湛えて低いところに生きている。

なんだか、しっくり来た。

理由にならないような理由だが、今年は桜より椿かもなと思った。

あとで写真を見てみると、乱れるままに夜の闇に咲く椿の花があった。

僕のアイフォンがコンパクトカメラになった瞬間だった。

tsubaki tokyo 2018, iPhone8で
tsubaki tokyo 2018, iPhone8で



人気記事ランキング

1、フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2、ビットコインの買い方

3、フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選

4、物を持たずにシンプルに暮らす

ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください