整うにはまだ時間がかかる

朝のうちにヨガと瞑想が決まった日は一日中調子がいい。片岡鶴太郎のことを思ったし、マリオソレンティとヨーガンテラーのことを思った。ヨガと瞑想は圧倒的に個人的で内的な行為なのだが、共鳴性が非常に高く時に集団の知へとも接続する。呼吸が一分間に3、4回の頻度になり、していることを忘れるくらいに無意識になったら、目の前に光と形が現れて脳内で何かの像を作る。ここまで来たらならフロー状態に入っていると言える。こう書くと随分怪しい話しに聞こえるが、実際に深い瞑想を体験したことがある人には「ああ、あれね」とわかるだろう。しかしどれだけ書こうとしても書ききれないことに、おそらく実践の意味がある。久々に片岡鶴太郎を調べたらインスタのアカウントを作っていてますます格好良くなっていた。自分も早くこれくらい整いたいものだ。天気こそパッとしなくて寒い日だったものの、mtgやその他諸々の仕事をこなして昼は鴨南蛮を食べた。