夏のJAZZな林檎を楽しむ、の巻

こんにちは、トキマルです。

みなさん、りんごは好きですか?

僕はわりとフルーツ全般は好きで、リンゴ、バナナ、キウイ、渋谷のギャル等、だいたい毎日摂っています。

この時期にうまいリンゴを見つけました。それはこいつ

JAZZ APPLE

です。

日本では基本”ふじ”なのですが、たまたまスーパーで見つけて名前に惹かれ袋買いしました。

「ブレイバーン」と「ロイヤルガラ」の交配種で、ニュージーランドにて自然栽培されているものです。

調べたらオフィシャルサイトまであり、きちんとブランディングされている雰囲気です。
https://jazzapple.com/jp/

林檎というよりも、もうアイチューンズミュージックのトップ画面みたいです。

JAZZの味は?

味は、ひとことで言うとうまいです。

プラムのような香りと酸味、バランスの良い甘み、シャキシャキ感、果肉の硬さ。僕好みです。
若いのか、果肉はふじと張るくらい、硬い部類に入ると思います。

ふじがサッポロ黒ラベルだとしたら、JAZZはよなよなエールといった感じの芳醇さがあります。

そしてこの小ぶりなサイズ感が、朝まるごとたいらげるにはちょうどよい大きさです。

ふじってデカいんですよね。なのでカットする必要がありますが、これならポケットに入れて家を出て、モデルのメイク待ちの時間にさっと出して食えそうです。

パリにいた時は、ボルドー色の小さな林檎をよく食べていました。ヨーロッパの林檎のバリエーションには驚きましたね。

日本にはなかなかこのような小ぶりなものがないので、これは良いなと思った次第です。

なぜうまいのか

作り手がきちんと計算して作っているというのもあると思います。

もうひとつの大きな理由は収穫時期にあります。

日本の林檎は冬が旬、というイメージがあるように、9月半ばから1月頃までに収穫されます。

ニュージーランドは気候の関係で6月から9月に収穫されます。

なので、まさに今が旬の果物というわけです。

名前がJAZZなので、音楽のJAZZにもなかなか合います。
カーティス・フラーの「Five spot after dark」なんかを聞きながら齧ると、まるでニューヨーク・マンハッタンのビルの高層階から、明け方の街を見下ろしている殺し屋のような気分が味わえます。

でも殺し屋って、フルーツ食べているイメージが無いですよね。ジャンレノは食べていたかな。忘れました。

うまいので林檎ファンの方は試して見てください。

・ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

・最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です