亀戸餃子

こんにちは、トキマルです。

先日、亀戸餃子へようやく行ってきました。

1955年創業の亀戸にある老舗餃子屋で、人気スタイリストの木下さん(Keisuke Kinoshita)も御用達のお店です。

仕事で会うたびに餃子の話になり、終始餃子モードで撮影をすることになるので、一度は行っておかねばという思いでした。

kameido-gyoza2

噂には聞いてはいましたが、予想以上にストイックな餃子屋でした。

まず、席についてすぐさま餃子が運ばれてきます。

メニューは餃子しかありません
お通しもライスも無し、本当に餃子のみです。

(種類は焼きのみ。中国では水餃子が主流で、夕食に食べきれなかったものを、翌日焼いたのが焼き餃子の始まり。すでに一度火が通されているというのが、日本の餃子との違いだ。カレーと同様、ローカライズされ独自の進化を遂げた食べ物だと考えることができる)

ドリンク類はビール・日本酒中心に数種類。

kameido-gyoza

一皿250円。

残り二つくらいになるとおばちゃんが「もう一枚いく?」と聞いてくる。

ただひたすら餃子。

ほぼわんこそば状態

しかし、常に熱々で、そのシンプルな味は幾らでもいけそうな気がする美味しさ。

客の回転も早い速い。

急かされているような気がしてくる。

最近は、食事内容もスタイルもスローがトレンドのトキマルタナカには、その忙しさがちとキツい。

30分で二人で5皿づつ、10皿食べた。

ごちそうさまでした。

<店舗情報>
亀戸餃子 本店
オープンは 11:00~売切れ次第終了
東京都江東区亀戸5-3-4
亀戸駅から徒歩3分ほど。

・ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

・最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください