「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」 佐藤航陽

「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」 佐藤航陽 2018.2.21

メタップスの代表であり、「タイムバンク」を発明した著者が語る新しい経済のルールと生き方。

フィンテック、ビットコイン、シェアリングエコノミー、評価経済、そのような単語が出てきた現在は「お金」や「経済」に関する大きな変化の現れである。ネットの出現により、過去20年は情報とコミュニケーションの在り方が変わった時代だったが、今後は「経済」のあり方そのものが変わる時期である。

現在の経済やお金の起源、それらのメカニズムを紹介し、テクノロジーによって今それがどのように変化しているのかを語り、資本主義の欠点を補う形で登場する、価値を中心として回る社会「価値主義」という枠組みを提案する。

常時接続やIoTにより経済も非中央集権化され、独自に価値を発揮する経済システムそのものを作ることが出来る存在が、大きな価値を持つようになっていく。現代で「知識」がコモディティ化したように「お金」もコモデティ化され、それ自体に価値は無くなり、むしろどのような経済圏を作り、回していくかが重要な時代になる。

私達日本人の拝金主義的傾向は高度経済成長時代につくられたものだということがよくわかる。ミレニアルな世代の僕らは、お金に縛られなくとも人生を謳歌できる仕組みを既に手に入れている。次世代の人間とテクノロジにより、この傾向はますますこれから加速していくことだろう。お金とは一体何なのか。お金が無くて困っている人にも、お金があってその使い道に困っている人にもお薦めの一冊。



人気記事ランキング

1、フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2、ビットコインの買い方

3、フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選

4、物を持たずにシンプルに暮らす

ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください