激選!ポートレートにお薦めのレンズ2本

 

なんとも陳腐なタイトルですが、前回の続きという感じで参ります。

先日は良いポートレートの条件について考えてみました。

クラシックな写真の体裁を持ちながら、「家族写真的」なポートレートが良いという仮定に基づき、レンズを選んでみます。

”機材のスペック主義”にも触れたように、本音を言うとレンズよりも画角の方が重要であると考えています。

ポートレート写真の有り様を決定するのは、人物・文脈・環境・光であり、そのフレームとしての画角が重要な部分を占めているのです。

長玉や、80ミリ(35換算)あたりがポートレートに適した画角であると一般的に言われています。

しかしこれはなんとも80s的で、今や時代遅れに感じてしまいます。(世代が一周して、再び望遠、背景ボケのポートレートがスターダムに躍り出る可能性は十分にあるけれど)

そこで古典的引用を入れるなら、前回紹介した写真家たちの50mm、35mmになります。

画角については、使用してみて肌感で身につけるしかありません。

僕自身も様々な画角のレンズを使用してきましたが、同時に様々な写真家たちに会い、話を聞いて考えてきました。

印象に残っているのはリスペクトする写真家の一人である Naoki Fukudaさんとの会話です。

当時世界中を旅していた彼が話していたのは、

「35ミリだと他人を撮るには近すぎる。寄って女の子撮るには良いけれど、海外のストリートでポートレート撮るには近い。だから必然と50ミリになる」

この言葉はそれ以降、僕の中に残り続けていて、自ら実践でポートレートを撮っていく過程で、徐々に身にしみて理解できてきたところがあります。

35だと近い、故にintimate(親密)な写真となる。(前回の話しで言うならユルゲン・テラー)

50だと距離感は程良い、ただし陳腐になりうるので、その他の要素(人物・文脈・光)が強調される。

広くなればなるほど、環境を取り込んだポートレートになり、狭くなればなるほど、人間そのものに主点を置いた写真になる、ただし寄りすぎると人間を越え物質性が浮上する。(肌、ビューティー写真)

そんなイメージです。

グザヴィエ・ドランの「たかが世界の終わり」という映画は、50ミリ超の画角を多様し、正に人間の心情に重きをおいたフレーミングになっている良い例だと思います。

前置き長くなりましたが、35ミリと50ミリで激選を二本。

単焦点レンズの世界はとても広くて、マニュアルのものや、レンズ専門メーカーのもの様々出ています。また一眼レフ前提というのもポートレートの可能性を狭めることになりますが、ユーザーが多いことと、入り口としての価格とクオリティのバランスを重視してみました。画角を肌感で掴んでから、レンジファインダーや中判、大判カメラという選択肢もありではないでしょうか。

SIGMA Art 50mm F1.4

シグマより好評のARTシリーズ。完全国内生産で、クオリティも純正に引けをとらない。重いので、筋トレになる。マッチョにポートレートできるレンズ。

by sigma 50mm F1.4 ©tokimaru
by sigma 50mm F1.4 ©tokimaru

屋外での全身は程よい距離感。canon 6D jpg 撮って出し

by sigma 50mm F1.4 ©tokimaru
A by sigma 50mm F1.4 ©tokimaru

男性の役者も艷やかに。開放値が浅いので、暗い条件でも使用できる。

Canon EF35mm F1.4L II USM

昨年アップデートされたキャノン35mmの二型。前回紹介したユルゲン・テラー、国内では新田桂一さんなど御用達のレンズ。

一般の35mmは周辺に顔がくると伸びたりする歪曲が、こちらは最小限に押さえられておりキレキレである。ライカと異なり、28センチまで寄れることも魅力的だ。

by x100f ©tokimaru
by x100f ©tokimaru

レンタル使用で現在手元に無いため他の35mmの写真を掲載。

by x100f ©tokimaru
by x100f ©tokimaru

女子には寄ってオンフラッシュで。画角が広いので、近くのメンズも写り込んでくる可能性がある。



人気記事ランキング

1、フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2、ビットコインの買い方

3、フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選

4、物を持たずにシンプルに暮らす

ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です