売れてないホストのセリフ

月曜のせいかひっきりなしに連絡がきてずっとバタバタしていた。朝はウェビナーを視聴しつつデータ集計とスケジュール調整。様々なことを同時進行しているせいか、何も進んでいる気がしない。セレクトとレタッチもタスクとしてあったけれど、ライトルームの同期がうまくいかず。昨日は全く問題ないように思えたのに。やはりそれなりの枚数とデータ量がある時はローカル編集の方がいい。JPGは問題ないのだが、RAWになるとクラウドからの読み込みに時間がかかってしまう。読み込んでいる間はトーニングやトリミングの作業ができないのでものすごく時間がかかってしまうことが判明。アップデートされる度にそろそろいけるんじゃないかと思って毎回試しているが、どうもうまくいかない。ライトルームだけでワークフローを完結できるようになるのはまだ先みたい。機材返却のため再び新宿へ。鼻がむずむずする。ついにあいつが来ているようだ。冬が終わる嬉しさと、目鼻が常時不快な哀しさと。薬によって抑えれることを思えば、冬が終わる嬉しさの方が少しだけ優っている。2月も終わりで、この日記を書き始めて2ヶ月が経つ。よく書いてきたなと思うし、意外と続けられるものだと自分でも驚いている。書けなさについて書くということも随分減ってきたけれど、日常の記述と思考の混在が難しい。そう、公開日記というのはすごく難しい。10年くらいweb上で様々発信をしてきながらも今更そんなことに気づくとは、成長のなさに落ち込む。40過ぎても同じこと言ってたりして。友人女子が彼氏に「自分のやっていることが中途半端だから、まだ結婚は考えられない」と言われたらしく、それを職場の女先輩に格好いいセリフとして話たところ「それってまだ売れていないホストが言う言葉だよ」と返されたという話を夜聞いた。僕もまだ売れていない、いやこの先もずっと売れることのないホストなのかもしれない。そう考えて更に落ち込んだが、今は公開日記の困難性の中に撮ることと書くことについての重要な何かがあるような気がしているので、もう少し続けてみます。

– https://linktr.ee/tokimarutanaka