Categories
Essay Minimalism

旅の持ち物 – 蕎麦をめぐる冒険「松本編」

 

先日、松本までの小旅行。
「蕎麦をめぐる冒険」と称された、一泊二日の男三人旅。
朝蕎麦、昼蕎麦、夜蕎麦。酒蔵をめぐって、また朝蕎麦、そして帰路前のラスト蕎麦。
松本でひたすら蕎麦を食べるという旅。
少しだけ、蕎麦というものを理解できたような、出来ていないような。

「温かい蕎麦は論外。ざる蕎麦一択」
「掴みようのない店では一番上のメニューを注文せよ」
「名店にはツーリストが並ぶよりも更に30程早く並び、ムーブメントを作り出せ」

様々な憶測と、体験から生まれた変えようの無い真実が飛び交う。
達成困難な過密スケジュールを、軽々と超越してくる松本の名店。

長野の大地が育む、鮮血のように新鮮な聖水で作られた日本酒と獣肉、そして蕎麦。
今まで体内で生成された東京での食事の成分は、全て松本の蕎麦と日本酒に入れ替わった。

僕は蕎麦だった。

その旅の後、僕たちそのものが蕎麦となったのだ。

野麦

nomugi matsumoto
野麦に並ぶ人々

蕎麦が切れ次第終了の神店「野麦」
1時間程前に並んでしまい、松本の街をざわつかせた。

soba nomugi
ざる

何も言えない、禅なる趣を備えた素晴らしさ。
おつまみもおいしかった。

手打ちそば あるぷす

arupusu soba
あるぷすセット

松本駅から少し離れたところにあるこちらも名店、あるぷす。

名物”みずそば”は、出汁ではなくアルプスの水につけて食べることにより、蕎麦をのものを味わえる。

他は十割と二八そば。

善哉酒蔵

善哉酒蔵、試飲の風景
善哉酒蔵、試飲の風景

前代から続く歴史ある蔵。

事前予約で蔵の見学と試飲が無料でできる。
女将さんの解説と、手作りのぬか漬けも頂いた。

珈琲まるも

まるも珈琲
珈琲まるも

旅館に併設されたクラシックな珈琲店。
雰囲気はもちろん良い。
しかしレトロカフェにありがちな”そこそこさ”を裏切って、とてもおいしいコーヒーが飲める。

今回の持ち物

minimalist
持ち物、松本一泊二日。ビジネスホテルで

中身は、衣類ケース、吊るして使える洗面用具、カメラの3つ

香港に手ぶらで行くくせに、今回はバックパックに2つだけ物を詰めていった。
今回の旅を共にした友人もミニマリストになっており、彼の方が小さな荷物で身軽だった。

なぜか。

僕は荷物そのものをもミニマルにしようと努めているが、同時に「旅行スタイルのバリエーション」をミニマル化している。
つまり、僕が外に出る時のスタイルは3つに限られる。

1、手ぶら
2、バックパックひとつ
3、バックパックとスーツケース

という3パターンだ。
1、の手ぶらは最小のスタイルではあるが、旅の着地点が想像できることが前提で、事前のイメージトレーニグの準備時間を要する。考え抜いて、ポケットに入る物を激選することになるので、その選択を誤った時のリスクは大きくなる。

なので着地点が読めない旅や、準備する時間が無い旅の時(出発直前まで仕事の時など)は、僕はよく2、バックパックスタイルを適用する。

2、バックパック であれば、そこに決められたものを放り込むだけで、そのまま出発できるからだ。

この方法を適応するには、それぞれのパッキングツールを限定することが重要なので、バッグやケース類はそれぞれ1つしか持たないようにしている。

エパーソンマウンテニアリングのバックパック

以前もこちらで紹介したバックパック。
価格も下がりお手頃になりました。

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

これはお気に入りのアイテム。
歯ブラシや洗顔等のケースで、家のバスルームにもこれを吊るして使用しています。

旅に出る時は、そのままジップして、バッグに放り込めば完了。めんどくさがりには最強。
小さなインナーポケットが充実しているので、スキンケアアイテムが多い女性にもおすすめ。

ビジネスホテルでも家と同じ環境が構築できるので楽です。
僕の場合部屋に何も無いので、東京の家もビジネスホテルもだいたい同じ感覚です。

そのまま洗える衣装ケース

これもすごいです。
絶対無印の商品企画開発室に、めんどくさがりなミニマリストいてるでしょうと。

着替えを詰めて旅に出て、帰ったらそのまま洗濯機へ。

そのまま乾燥させて、クローゼットに収納できたら最強なのですが。さすがにそこまでは。

コンセプト的にはこれに近い

圧縮した物を再圧縮とまでは行かないけれど、衣装ケースに入れたまま乾燥させてそのまま持ち運べるような。

今後の商品開発に期待します。

 

nagano
nagano

冒険は続く



ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru

1 reply on “旅の持ち物 – 蕎麦をめぐる冒険「松本編」”