どうして人はキスをしたくなるんだろう?

 

一昨日くらいに、SPBS(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS)にふらっと入ったら、一冊の本と出会った。

みうらじゅんと宮藤官九郎の「どうして人はキスをしたくなるんだろう?」

あまりに面白すぎて、完読前にブログ往きとなった。

僕の好きな二人の対談。おっさん二人が放課後に話しているような雰囲気で、ひたすらエロと、仕事と、女と男と、人生の話。ちょっとデイヴフロムショーを思い出したけれど、書き起こしなので、言葉が、笑いが、こちらはキレにキレている。映像や音声ではなく、活字の醍醐味が濃縮されている。

タイトルのキスから、恋愛と結婚の違いは、お父さんはいつまで娘と風呂に入れるのか、色気とは何か、どうして人は旅に出たくなるのか。金儲けの方法よりも、人生の些細な謎を解き明かしたい。不思議と、哲学している。

合間合間に読んでは、笑っている。こういうおっさんになりたいなぁと思う。

永遠の中二だ。

サブカルのカリスマであるみうらじゅんのこの本をSPBSで見つけたことも興味深い。

SPBSはブックディレクターの幅允孝(はば よしたか)さんが監修する本屋兼なんでもスペース(物販やイベントも)

近所ということもあり、通るたびふらっと足繁く通っている。

アマゾン化された世界で、本屋の意味というのは”買おうとしてもいなかった本と出会ってしまう”ことにあると思う。哲学書の近くに、こういう軽めの文庫本が置かれていたり、写真集の隣にそれにリンクする文学作品が置かれていたりする。”あなたへのお薦め”で出て来るより、遥かに自然で心地よい。多分それがブックディレクターの成す技で、僕はまんまとそれにはまってしまったというわけです。

考えれば、この近辺、ミニシアターのアップリンクや、スナック”ぶんぶんるうむ”にジャズバー、”あばらや”に”ロック”と、妙にサブカルめいている。同時にうまいビストロや、高級フレンチ、うなぎに寿司屋、オーセンティックな居酒屋が混在する。そのサブカルさは、下北、高円寺、中野と、似ているようで、どれとも違っている。

商店街のイケてないおっさんか、某企業のマーケターに「奥渋」と命名されて、観光客も増えている。(その辺で生まれ暮らす若い子たちは、その呼び名をどちらかというと嫌っている。何奥渋って、ここも渋谷だし。と友人は少しご立腹であった)

話が逸れたが、つまりこの本を手にしたのは、そのようなサブカルの磁場のようなものが働いたのだろう。

個人的に年齢もタイミングも、良き出会いだった。

小さいけれど確かな幸せ、大きな笑い。

そういうのが人生には必要なのだと思う。



人気記事ランキング

1、フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2、ビットコインの買い方

3、フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選

4、物を持たずにシンプルに暮らす

ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です