NDフィルターを使う

f2 s850 iso200 provia (ND filter)
x100シリーズでおなじみとなったNDフィルターは、x100fになっても健在だ。

デジタルテレコンや、ワイドコンバージョンレンズの進化が騒がれている中で、今回のfではNDフィルターの存在は影を潜めているように思える。

しかし、それはしっかりと健在だ。
設定すると、3段分のフィルター効果が得られる。
些細なことだけれど、風景写真や、屋外での撮影が多い方にはこのような小さな機能が嬉しい。今までは、物理的にレンズのフィルターを交換していたのだから、そのような手間がないということは、シャッターチャンスに集中できるということでもある。

桜の季節はすっかり終わり、初夏のような日差しの日中を歩いていたら、駐車場の柵後しに紅いツツジが咲いていた。
日本に暮らしていれば、なんてことのない花だし、構図も構成も良くはない。
ただNDフィルターの機能を思い出し、絞り開放で、効果を試すように、少しでも順光を浴びた花弁の存在を見たいと思った。

x100fは開放値ではオールドレンズのような描写が得られ、絞るにつれてキリッとシャープになると良く表現される。
NDフィルターをかけた状態では、デジタル処理が相まってか、より周辺がまろやかに溶けているような印象がある。
しかし、花の色とグリーンのコントラストはとても自然にしっかりと出ていて、このような写真でもフジの力を感じられずにはいられない。

一枚の写真から、これは山に行って自然を撮りたいと思った。晴天順光で、植物を図鑑のように狙ったり、三脚を立て、川辺に向かいスローシャッターを切るのもいい。ストリートだけではないようだ。x100fの守備範囲は恐ろしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください