Categories
Camera

Leica M10-D の操作性

Operability of Leica M10-D

フルマニュアルで直感的な操作ができるのがM型ライカの大きな特徴だ。

電源を切っていても、シャッタースピード、絞り、iso、ピントと撮影に必要な要素全てを調節できる。これはフィルムカメラを使用しているような感覚を与える。そして一度この感じに慣れてしまうと、他のカメラに戻れない使いやすさがある。

そして使えば使うほど操作が習熟して、いい写真がとれるようになる。身体に馴染む、身体的とも言える。

M10-Dには液晶画面すら無い。

極限にミニマルなカメラという印象を受けるが、カメラとは本来そういうものではなかったか。

デジタルで液晶ナシというのは、最初は「バカだな〜それ使う意味ある」という失笑を自分にも向けてしまうほどだった。しかし、使っていくと、もう液晶いらないなと思うようになった。(テレビを無くしたミニマリストが、テレビなしの生活が心地よくなるように)

液晶が無いと、現場に集中できる。というより、現場に集中するしかなくなる。時間をあけてラップトップで確認することは、フィルムを現像に出してネガを確認する感覚にとても近い。

もっとデジタルに使いたければ、Wi-Fiとアプリを使えばいい。Fotosというアプリにて、撮ってすぐに現場でもカフェでも確認できる。リモート・テザリング的な使い方も可能だ。バッテリーを食うので、個人的にはおすすめはしないけど。

アナログとデジタルの融合、それがM10-Dのテーマのようだ。

設定項目もシンプルだ。

ホワイトバランスや、撮影モードの変更もアプリを通してiPhoneで行う。カメラ本体では、アナログな項目しか設定できない。逆に言えば、それだけが写真を撮るために必要な選択であると言える。

また、M10-Dには当たり前のように動画機能はない。最近のカメラは写ルンです以外は全て、動画モードがついているようなものだ。機構的にはM10と同じであるから、つけれないことは無いのだろうが、意図的に35mm写真だけを創造する原点回帰となっている。

巻き上げ型サムレストが、ホールド感を高めている。フィルムカメラのように、サムレスト自体に機能は無い。言えばただの飾りだ。

しかし、それがあると無いのとでは、グリップ感に大きな違いが出る。片手でも撮影できる。アフォーダンスのあるデザインとは、一見無駄に思える機構に宿るようだ。

Leica M10-D のすべてにもどる

One reply on “Leica M10-D の操作性”