ワクチンを打った日

新型コロナウィルスmRNAワクチンを打ってきた。今住んでる渋谷区では案内も7月ごろ届いてもっと早く予約することもできたが、どうせ打つなら近所の行きつけの町の病院で打ちたかったのでこのタイミングとなった。

打つ打たないの議論は様々あって個人の自由であり、ここでは打つことを推奨しているわけではないことを一応明示しておく。僕の場合は現場系という仕事上の理由と、香港に早く海老ワンタン麺を食いに生きたいからという2つが主なモチベーションになっている。単純すぎるだろうか。注射は嫌いなので、打たないで済むのなら打ちたくないというのが本音。

さて、ワクチンを打った日をここに書きとどめておこう。副反応や混入物で3日後に死んだら、これが最後の日記になるのかと思うと少し力が入る。

少し曇りの火曜日だった。朝起きてルーティン的なものをして家で仕事に取りかかった。1時という予約時間は1ヶ月前から決められているので、絶対に守らなければならない。カレンダーを見ると今日は走る日だった。ゆるい感じだが、走る周期みたいなものがある。今日を逃すと周期が崩れてしまう。でもワクチンを打った後に走るのはまずいんじゃないかと思った。そんなことを色々と考えて、結局12時近くになって走りに出た。

結構心配性で、あらゆる可能性を考えてしまう。走ってシャワーを浴びて、打つ前にご飯を食べておきたいと思った。空腹で打つのはまずいんじゃないかという全く根拠の無い心配がよぎる。でもお昼を食べる時間はどう考えても無かったので、その辺にあるバナナとトマトを食べた。当日の持ち物を確認したところ、問診票が必要だったので急いで記入して家を出た。

行きつけの病院だが、待合ロビーの椅子がビニールで仕切られていて、一人づつ座れるようになっていた。いつもと違うので緊張感がある。予約は30分ごとに区切られているらしい。僕は13時の枠だった。前に座っていた人が、看護師から「次の枠の13:30からみたいなので順番前後しますね」と言われている。きっと張り切って早く到着しすぎたのだろう。打つ前に走っちゃったりしてるギリギリの僕とは真逆だ。

待ってる間、明後日の人間ドックのことを考えていた。そう明後日は健康診断なのだ。どうして嫌いな病院関係をつなげてしまったのか。まるで健康ウィークみたいじゃないか。健康診断でまた血を抜かれるのが嫌だ。というか採血が嫌いだ。せっかく今日打ったワクチンが、採血で出ていったりしないのだろうかと考えていたら、名前を呼ばれて診察室に案内された。

いつもの院長先生から説明と問診を簡単に受ける。安心感と安定感がある。コロナにかかってもここに来れば大丈夫じゃないかと思う。「お風呂は入って大丈夫です、強くこすらないでください。お酒と激しい運動は今日は控えてください」問診が終わり、最後になにか質問はありますか?と聞かれ、聞きたいことは山程ある不安な自分がいた。たとえば、この後にラーメンと半チャーハンを食べても大丈夫でしょうか、など。なにせ得体の知れないまだ全てが解明されていない人類が開発した最新型のmRNAなのだ。打った後のラーメンと半チャーハンの油が、ワクチンの成分とバッティングするかもしれない。不安だったが、早く済ませたかったので「はい、大丈夫です」と言った。

看護師が来て消毒をして、打たれる。全く痛くない。むしろ針が入ったことがわからなかった。蚊が止まって皮膚に針を刺す前に追い払えたような感じだ。インフルのワクチンもしばらく打ってないので、筋肉注射の痛みがどのようなものか忘れていた。インフルのはもっと痛かったような気がするのだが。

15分待って病院を出た。帰りにラーメンと半チャーハンを食べた。

現在23時前。副反応はいまのところない。左肩に鈍い痛みがある。そしてその痛みは次第に増しているような気もする。夕方に重めのオンラインMTGが2時間ほどあったので、そっちの副反応かもしれない。うん、確かに肩は上げにくい。

と、ここまで夜書いて、朝。シンプルに左肩が痛い。腕全体を上方部に持ち上げようとする時に痛む。上がらない、上げられない、かっぱえびせんと言いたくなるところ。昨夜よりも遥かに痛みは強くなっている。夜も寝返りが打ちづらかった。周りから聞いていた通りの症状だ。体温計は持っていないので、熱があるかはわからない。意識は鮮明だし、PCもこうやってタイプできているから多分大丈夫なのだろう。それよりも明日の健康診断だ。一試合終えて、すぐに次の大会の準備をするプロスポーツ選手みたいに。俺はいったい何をやっているんだろうと思う。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

電話嫌いの電話の楽しみ方

電話は嫌いだけど電話の良さというのはその拘束性にあるのではないかと思った。昔の下宿場に固定電話が一つだけあって恋人でも友人でもとにかく誰かと話す時は電話の前まで行って受話器を耳に当てなければならないその拘束性。拘束性が親密さを錯覚させるのではないか。

出る時間も余裕もないので普段は電話にほとんど出ない、というより常に何かしているので出れないのだが、どうしても出なければならない時は絶対にスピーカーかイアホンにしてスマホを耳に当てないようにしている。その拘束性から少しでも逃れようとするように。電話から離れると言葉をテキストのように少し冷静な情報として捉えられる気がする。ハンズフリーだと話の内容をpcに両手で書き留めて、次の行動をすぐに起こすこともできる。

pcに書き留めて文字にしていることを思えば、やはり最初から要件はテキストで来るほうが早いしありがたい。そして非同期という良さ。ハードボイルドなパラレルワールドを生きる僕たちには、電話はあまりに繋がりすぎる。映画マトリックスで電話が時空移動の手段となっているように、それは思っているよりも危険なものなのかもしれない。

拘束性からくる親密さ、つまり電話の醍醐味を最大限に享受したいなら- 例えば好きな人と話す時など- 電話は片方の手でしっかり持って、片方の耳にきちんと当てて、正面の風景や右斜め上をうわの空で眺めつつ遠くの相手を思いながら話すのがいいのかもしれない。違う世界に転送されてしまわないようにだけ、気をつけよう。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

ジャルジャルが教えてくれること

言いたいことや言葉がきれいに整理されて、喋りがどこまでもスムースで上手い人よりも、言葉に躓き、話し方の癖や独特な言い回しが出ちゃってる人のほうが好感を持ちやすい。そのような人ほど結構重要な情報を持っていたりする。

ニュースキャスターは情報を正確に伝えるという使命のうえで崩れない。テニスコートの中でゲームをプレイするテニス選手のように、常に番組というゲームの中でプレイしなければならず、アナウンサーとしての語彙や言い回ししか使えない。そこには言葉が言葉を生むような、拡張する思考がない。アドリブと言い換えてもいい。だから基本的に響きにくいし内容に親近感を持ちづらい感じがする。

リモートのMTGにもそういうところはあって、ズームやミートというゲームのルールに常に支配されている。人に会って話すということは、自己との対話でもあり、フリーライティング的であり、言葉が言葉を生むような拡張する思考を伴うものである。それらを同時に行っている。リモートでふざけることは難しい。ふざけれない、冗談を言えないという状況は結構辛いものだし、文化的に貧しいことだと思う。そのようにしてどんどん世界は貧しくなっていく。

その中でジャルジャルという芸人がやっていることは、ズームやオンラインの形式をお笑い的発想でラディカルに崩すことで、ネタの多くはアイロニカルな笑いに満ちている。寝たままリモートMTGを行うネタは、単純にばかだなぁでは済まされない。私たちにズームは寝たままでも使える、ミーティングは寝たままでもできるという示唆を与えてくれるものだ。

実際にズームでのMTGを寝ながら行うのは難しい。寝たままズームを使おうという発想に至らないのは、PCのカメラが画面上部に付いているからであり、PCは椅子に座ってテーブルで使用するように設計されているからである。寝た状態で行うには、デバイスをスマホにして、ベッドか布団の上に三脚かアーム等で固定する必要がある。天井からの照明の当たり方を考える必要もあるかもしれない。普通の会社員、というより使用者はそこまでして寝たままMTGしようとは考えない。寝て楽になるように思えて、むしろ楽にはならないから。

誰が決めたでもない、見えないルールに私たちはいつも支配されている。それは環境によって作られる。環境とはソフトウェアであり、サービスであり、組織であり、建物である。広く言えばこの地球も宇宙という環境の中にある。そのような環境に支配されて、時に人間的な自由や奪われなくてもよい自由を奪われていることがある。環境は発想で突破しうることをジャルジャルは教えてくれる。この一回きりの人生では、狂ったほうが楽しい。今、チャーリー・ミンガスのWednesday Night Prayer Meetingが流れてきた。どうせやるならこういうミーティングがいい。実際オンラインのミーティングにチャーリー・ミンガスが入ってきたら、どう声をかけたらよいか戸惑うのだろうけれど。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

霧雨の中を走る

 仕事を終えて走りに出た。雨は本降りではなかったが、霧のような粒が空気中にあって前方に移動するとそれらが体にまとわりつく感じ。自分から濡れに行っているようで妙な快感がある。気温が低くてとても走りやすかった。22℃くらい。いつもこれくらいだといいのにと思う。走り始めは毎回どうしてこんなに辛いことをやってるのかと思うが、2キロくらい進んだ時にはもう快感に変わっている。夜だと周りが暗くて、足は自動的に音楽に合わせて同じリズムを刻むので、まるで脳だけが前に進んでいるような不思議な感覚に陥る。このような雨っぽい日にはいろんな匂いがする。風がなくても身体を前に進めると、空気は流れるから。自分が風。普段は潜んでいるはずの匂いが、雨によって空気中に現れている感じ。土っぽい匂いやおたまじゃくしの匂いや誰かが吐いたタバコの匂い。走っている時は集中力が増しているせいか、それらは様々な記憶を呼び起こす。昔住んでいた木造の家、友人のベランダと缶ビールとタバコ、どこか遠い場所での季節の変わり目、梅雨の時期に青梅街道をドライブしていた日。そんなことを考えながら走っていると、次第に街ゆく人たちが知人に見えてくる。写真家の先輩がラーメン屋のカウンターに座っていたり、モデル事務所のマネージャーが疲れた顔で歩いていたり。こちらは速度づいているので、一瞬の刹那だ。たぶん本人ではないのにその一瞬が錯覚を助長させる。何かに近いと思ったら、スナップ写真を撮っている感覚だった。通り過ぎた後に「〇〇さんじゃん」と実際口に出して言う。本当はそれが違うのだとわかっていても、言いたくて言っている。それが可笑しくて笑ったりする。相当変態だ。走っていなければ職質を受けそうなくらいには危ない。でも雨の日は暗いので、本当にあの人だったのではないかという思いがしばらく消えない。そんなことをやっているうちに5キロが終わる。ナイキのランニングアプリをずっと前から使っていて、最近は走り終わった後にナイキランクラブの世界中のコーチが褒めてくれる。おそらくコーチは何かのアルゴリズムによってランダムに選ばれている。今日はポートランドのジュリーだった。「君の今日の走りと努力は、誰にも奪われることはないものだわ。やったわね」みたいになかなか気の利いたことを英語で言ってくれる。たぶん実在するコーチがいて、実際そのような言葉を使っているのだろう。汗だくになりながら「サンキュージュリー」とまた実際に口に出して言う。それが終了のシグナルになる。やっぱり相当あぶない感じがする。周りに一応、誰もいないことを確認しながら。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

ブログとプロセスエコノミー

天気が悪いのをいいことに、一日中部屋に籠もって作業していた。冷房なく過ごせるのは急に秋が来たみたいだ。朝の時点で色々とタスクは書き出していたものの、結局写真の整理や本読みや走ることや書くことはひとつも消化できなかった。できたことと言えば数件のメールとブログのプラグインを少し変えたこととと過去記事の整理くらい。それだけで気づけば1日が過ぎていた。最近はずっと外に出ていたからたまにはこういうのもいいかという自己肯定。PCの前に張り付いているのは体にはあまりよくない気がするけど。

写真や映像を日頃扱っているせいか、最近なかなか映画や映像作品を見る気になれない。その分自然と活字に意識が向く。このブログを編集する流れから、ふと昔見ていた人たちのブログが見たくなって幾つか検索してみた。まだあるかな、うおー、ある。ページが見つかりませんの表示や、ブログサービスそのものが終了しているものもあった。10年という歳月は永続的と思われるインターネットの世界でも繁栄と成熟と衰弱を生むようだ。それでも残っているブログを見つけて、懐かしい気持ちでページをめくった。

10数年前のブログは多くが日記のようなものだったことを思い出す。SEOやタグを意識することもなければ、キーワードや収益も考慮しない。それぞれが、自分自身と外の世界の狭間を埋めるようにただ文章をしたためている。まるで精神分析をするみたいに。それが今とても新鮮に思えた。そういうブログは今では少なくなったように思う。スティーヴン・キングが「文章の良いところは時代を超えて物事を瞬時に伝えれること、それはテレパシーなのだ」というようなことを言っていたのを思い出した。15年くらい前のブログと、現在。2000年代のインターネットの雰囲気にしばらく浸かっていた。

今ちょうど尾原和啓さんの「プロセスエコノミー」という新著が話題になっている。情報が溢れテクノロジーは進歩し、商品やサービスそのものが均一化してしまい、いくら良いものを作っても競争力を得にくい時代になった。だから商品を作る過程=プロセスそのものを経済的生態系として捉えるという考えである。新しい言葉をつくるのがうまい尾原さんらしい本だと思ったが、確かに昨今のインターネットにおけるサービスはクラウドファンディングもオンラインサロンも個人的生活をログり続ける系のユーチューブも全て、過程を見せて物語を共有することでそれが商品と同等かそれ以上の価値を帯びるような構造になっている。主軸となる商品やサービスは設定されていながらも、そこに向かう過程そのものがコンテンツ(商品)として成立している。狩りをする人間の仕留めた獲物を頂くのではなく、狩っている姿を見ることを楽しんでいるようなものだ。

それで2000年代のブログもプロセスエコノミーではないかと思った。特にあの個人的な日記のような、ひとり精神分析のようなブログたち。そこではPV数も収益もほとんど考慮されていない。もちろん当時も職業的ブロガーはいただろうが、圧倒的に数は少なかった。それはインターネットがあくまで現実に付随するサブ的な場所だったからだろう。だから自分の中に深く潜るように、あるいは現実の場所とは異なる場所でもう一つのアイデンティティを生きるように、誰もが好き勝手書けた。そしてそのようにして書かれたブログを友人や知人でなくても、まるで友人や知人のように読むことができた。その世界には嫌悪やヘイトもあったかもしれないが、共感や応援や称賛や喝采だってあったはずだ。当時のブログには主軸となる商品は無く、純粋に過程=プロセスしかなかったのかもしれない。

雨が少し弱くなったので外へ出た。街に人通りは少なく渋谷全体が葬式みたいに静かだった。街が静かなのはコロナのせいなのか、雨だからなのかと考えながら夕飯を買って帰った。サンダルの隙間から足に当たる雨が冷たかった。レモンサワーを作っていると田舎の母からラインが来て、ピンぼけした花火の写真が同じような構図で4枚送られてきた。地元の花火大会も過去一番くらいに人出が少ないらしい。そこでようやく、今日がお盆であることに気がついた。