フォトグラファーの撮影後の6つのフローについて

 

こんにちは、ときまるです。

先日珍しくツイッターで写真についての質問を受けたので、こちらで書いてみようと思います。

「ときまるさんは撮影後にどのような流れで納品していますか」

某大学の経済学専攻で、写真の仕事(バイト)もしている21歳の学生でした。(若くして新時代すぎる)

確かにフォトグラファーの撮影後のフローは、個人により本当にまちまちで、正解は無いようなものだと思います。
フィルムかデジタルかでも大きく異なってくるし。

だからこそ、なかなか教則本みたいなものでスタンダードを書きづらいトピックでもあります。

師匠や、先生がいる方は、アシスタント時代にその流れをみっちり教え込まれるので、本人が独立してからも師匠と同じフローを行うというパターンは多いように思います。

しかし、今はテクノロジの進化に伴い、写真周りのデバイスの進化も速いので、古い方法を続けていると正直どんどん不利になってきます。

最新の情報を取り入れつつも、自分の仕事やスタイルに合ったやり方を日々アップデートしていく必要があるでしょう。

今回は、僕の例を簡潔に書いてみます。(主にファッションや、ルポ系、スナップの仕事で共通するフローです)

撮影修了後

1、ポータブルHDとPCにバックアップをとる

ロケやスタジオの場合は、PCにデータを落とす。その後、ポータブルに丸ごとバックアップをとります。
テザリング時に同時バックアップ出来る場合は、ポータブルをバックアップ指定して、オートでバックアップすると楽です。

僕は写真始めた時からLACIE一択です。
マックと相性良いのと、品質に安心感があります。このラバーのモデルは衝撃にもある程度強く、サンダーボルト搭載なのでストレス無く使える。現場では些細なスピードが影響してくる。

2、RAIDサーバーにバックアップをとる

家(事務所)に帰れない状況の時はこの2を飛ばして、3と作業を進めます。

アクセス出来る時は、こちらのRAIDに本バックアップをとります。

最低二つの場所にバックアップをとる、ということは結構多くのフォトグラファーが行っていることですね。
中には3箇所にとる人もいれば、さらにDVDに焼くという人もいます。(今はメディア消えかけなので、少なくなっているとは思いますが)

更に安全性を高める為にRAIDサーバーを使用しています。

RAIDとは、1つのデータを複数のHDDまたはSDDに分散して書き込むことにより、1つのディスクに問題が起きてもデータは簡単に救出できるというもの。また問題のあるディスクだけを交換することで、簡単に復旧できるというメリットもある。リスクを回避するという意味でプロユースで広く使われている。大きな容量も扱えるので、映像を仕事とする人にも必須アイテム。

僕はこのProiseしか使用したことが無いので、他のRAIDについてはわかりません。
しかしこれはメーカーのサポートも手厚く、結構長く使えます。価格は結構しますが、長期的に見たコスパはかなり高いです。

3、ライトルームCCでバックアップとセレクト

その後、ライトルームCCにぶち込みます。

CCを使う理由は二つあって、ひとつはクラウド上で第三バックアップの為、もうひとつはセレクト・ラフ編集を行う為です。

ライトルームCCについてはこちらで書いていますのでどうぞ。
参照記事:新しLightroom CCを使ってみて感じた、良いところ3つ
ライトルームCCにトーンカーブ搭載

セレクトも一筋縄ではいかない作業ですので、こちらで詳しく書いています。
参照記事:誰にでもできる簡単写真セレクト術
写真セレクトの極意、ライアン・マッギンレーから学ぶ

正直、クラウドバックアップが充実すれば、上記の1、2を飛ばせるので凄く楽になります。
新たな通信規格5Gが入る頃には、HDDやサーバーも不要な時代が来ると考えられます。

4、アタリデータ作成

セレクトして、ラフな編集をライトルームCC上で行い、軽いデータの形にして、クライアントに仮納品します。

その後の作業は、クライアントの要望により変わって来ますが、多くの場合、先方に本写真のセレクトを幾つかもらいます。

紙媒体使用の可能性がある場合は、仮データと同時にプリントプルーフも納品します。色や写真トーンの仕上がりイメージを伝え、相違の無いように仕事を進める為です。またデザイナーやクライアントが、直接プルーフに指示を書き込んでバックしてくれるので、メールや口頭のコミュニケーションよりもわかりやすく進める事ができます。トリミング指示等は特に、物理的な指示の方が速い場合があります。

5、本データ仕上げ

貰った仮データ(プリントプルーフ)にもとづいて、本データを作成します。

案件によって、RAWデータ納品、イラレ納品等もありますが、多くの場合はフォトショップで仕上げて納品します。

写真の受け渡しには、drop box等のクラウドストレージを使用します。

現在は、CD/DVD焼き込みの手渡し・郵送納品はほぼ無くなっています。(僕の場合はほぼ100%オンライン納品です)

6、納品

お仕事終了。

途中に外注のレタッチャーがかんでいない仕事の場合は、フォトグラファー自らレタッチを行います。
その場合、納品が終わっても、細かな調整や変更を行う必要も出てきます。

現在、仕事のスピード感はネットによりほぼリアルタイムで行われますので、どれほど早くレスポンス出来るかもフォトグラファーのポイントになっていると感じられます。僕自身も、常に即レスを基本にし、スピード感のある対応を心がけています。

ひとつの例として、参考になれば幸いです。



人気記事ランキング

1、フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2、ビットコインの買い方

3、フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選

4、物を持たずにシンプルに暮らす

ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.