長崎空港でおすすめの食事

長崎。9時起床。入浴。今回滞在のミニマルなデザイナーズホテル、最上階大浴場の混雑状況を部屋にいながら確認できるシステム、これ最高。貸切状態でギリギリまで風呂に浸かる。風呂10時まで、チェックアウト11時はドーミーINと同じ。東京でもコンパクトなマンションに住んでいるので狭い部屋でも全く問題ない、どころか全て手に届く位置にある快適さと、部屋がキングサイズベッドと化している何かの巣のような窮屈さは安心感と意外な快適さをもたらす。もちろん広い部屋の開放感というのも良いが、本来人間は洞窟のような狭い場所を棲家としていたのでそのあたりの哺乳類的感覚がまだ消えないのかもしれない。少し仕事してチェックアウト後、Mの車に乗せてもらい長崎から空港までのバイパスを、レッチリ、オーペス、LAのG系バンドなどをかけながら飛ばす。大村のローカルなレストランに入り、何かのブタのロースト定食。ここ付近の豚らしいが名称は忘れてしまった。長崎空港で日記を書いて、検査場内で名物の角煮まんじゅうと生ビール。ビールSを頼んだら、角煮まんじゅうセットというのがあるらしくMサイズでも同料金になると言われて変更。次はいつ長崎空港に立ち寄るかわからないけれど、美味かったので今後の定番にしよう。

– https://linktr.ee/tokimarutanaka