フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2017年の4月頃から富士フィルムのx100fを使用して、その魅力と使い方をまとめました。

他サイトに連載していたものを、トキマルブログでも読めるようにしました。

インデックス的に利用できるように、11個の魅力をリンクでまとめています。

気になるトピックがあればリンク先より詳細を御覧ください。

1,見た目がクラシックでかっこいい

fujix100f
fujix100f

fujifilm x100f
私が選んだのはブラックカラー。ロゴをパーマセルで消して、ステルスな雰囲気にカスタムしてみました。
スナップ機の気配があります。

2,ACOSモードが秀逸

fujix100f acros
fujix100f acros

ACROSモード
モノクロモードであるACROSが、驚くほど美しいです。そのままjpegで使えるクオリティ。さすが富士フィルム。

3,コンパクトで持ち歩きやすい

x100f provia flower
x100f provia flower

x100fの携行性
同じクラスのミラーレスと比べると思ったより小さいです。小さいということはどういうことか。

4,デジタルテレコンを搭載している

x100f digital telecon
x100f digital telecon

デジタルテレコン
標準は35mmですが、50mm、70mmも実は切り替えて使えます。

5,マクロモードも搭載している

x100f macro egg
x100f macro egg

マクロモード
特別に設定しなくても、マクロモードが使え、寄って撮影ができます。


6,高感度にも強い

x100f iso1600
x100f iso1600

好感度な高感度
感度であれば、他メーカーのデジタル一眼レフに軍配があがりそうですが、今回のx100fは全然負けていません。高感度強いです。

7,フラッシュが付いている

x100f flash rose
x100f flash rose

x100f 内蔵フラッシュを使う
内蔵フラッシュがレンズ上についています。これがあるかないかで、写真に大きな差がでてきます。

8、シャッター音が小さい

x100f shutter
x100f shutter

x100fのシャッター音
好みのサウンドを数種類選べますが、オフにすると、機会の生音だけが聞こえます。が、聞こえないくらいに小さくかわいく鳴ります。

9、圧倒的な描写力

x100s lake
x100s lake

x100シリーズ、フジノンレンズの魅力
もちろん描写力を忘れてはいけません。開放付近はクラシックカメラのように滑らか、絞るとキレる、はx100fでも健在です。

10、NDフィルター内蔵

x100f nd filter
x100f nd filter

NDフィルターを使う
デジタル処理によりNDフィルターをつけることができます。スローシャッターを切ったり、明るい日中で開放付近の絞りを使えます。

11,逆光にもつよい

backlight
backlight

逆光条件でのx100f
逆光にも強い。厳しい条件の撮影に耐えてくれる、頼もしさがあります。

現時点で最高のスナップ機

現在のところ、大きなポイントはこんなところです。

実際に使用してみないとわからないのが、カメラの良いところでもあり悪いところ。

用途も使う人によって様々ですからね。

でも昨今のコンパクトなミラーレスでは、最もオススメできるカメラです。(価格、機構、性能等考えると、他に対抗できるものが無いとも思える。)
150万でライカデジタルを揃えるなら、30万でx100fを2台買ってガシガシ使いたい。
そんな気分にさせてくれる魅力が詰まっています。
特にスナップを志している人には、最適な一台ではないでしょうか。

価格も値崩れまではしていませんが、だいぶ落ち着きました。

購入を検討されている方は、関連記事も是非参考にしてみてください!

全てのx100fの記事はこちらから

→x100f

・ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

・最近のつぶやき

43 thoughts on “フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

  1. ピンバック: 全全全部 | TOKIMARU BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください