Categories
Minimalism

物を持たずにシンプルに暮らす

東京の渋谷の外れの丘の上の静かな町で、物を持たずにシンプルに暮らしています。

なぜか。

不要なものを減らして、自分が行うべきことに集中し、最大限の成果物をこの世に送り出すためです。

少々大げさに聞こえますが、全ての理由はそれに尽きます。

少ない物で暮らすために、物を減らしても全く意味がありません。
減らすこと自体が目的になっては、何の意味もないのです。

やりたいことを達成するために、シンプルに暮らす。

これがミニマリズム本来の在り方だと考えています。

そのようなスタイルをとっているため、商業写真を撮影しながら、フォトソリューション事業、サイト制作、サイト運営、ライティング、ブログ運営、音楽、飲み会(?)をこなすことができています。

やりたいことが沢山あって、やっていることは全くミニマルではない。

それで良いと思うんです。

今後数年のうちに、世界のビジネス環境と経済システムは劇的に変化します。

ひとつのことをやり続ける時代は、もうすでに終わりかけている。

そのような確変の時代を生きれることを、大いに喜び、楽しみながら前に進みたい。

現在は、またひとつやりたいことが出てきたので、同時にその準備も進めている最中です。

シンプルな生活

3年前にこの本をきっかけにミニマル生活になりました。上記したような”集中”について書かれています。
それ以降、その時々の生活に合わせながら、徐々に物を減らしていきました。

詳しくこちらで書いています→本家に習う、ミニマリズムのはじめかた

服は全部で15着


→服を持たない生活、フォトグラファーの場合

現在もパンツも含めた15着のワードローブで暮らしています。ランニングやスケートをやるので、常に”ジャージ”にすればもっと減らせるけれどそれはまだちょっと。

バスタオルはない

face towel
face towel

→バスタオルを使わない、という生き方

バスタオルはありません。フェイスタオル二枚で生活しています。

シンプルな食事

→フォトグラファーの食事事情

おいしいものやレストラン・カフェ・居酒屋、お店という存在概念そのものが好きで、友人たちとよく外食をします。新しいお店や人気店は自分の舌でチェックしたい派。でも家では粗食派です。

ゴミ箱はない

paris-2012
paris-2012

→ゴミ箱を使わないという生き方

部屋にゴミ箱はありません。

持っている皿は一枚だけ

morning-plate by t
morning-plate by T

→ワンプレートディッシュというミニマリズム

皿一枚で暮らしています。



移動中も最小限の荷物

トキマルの今回の旅の持ち物すべて

香港くらいの距離の海外であれば、首からカメラぶら下げて、手ぶらで行きます。

フォトグラファーの旅の持ち物 手ぶらで香港編

inside of backpack
旅の全ての持ち物

→ミニマルなフォトグラファーのバックパックの中身

普段出歩く時は手ぶらか、カメラのみ。 旅でも最小限の荷物でどこへでも移動します。

シンプルな部屋

office-tokimaru copy
office-tanaka

→TOKIMARU写真事務所移転のお知らせ

シンプルなワンルームに、机、椅子、ベッドのみで暮らしています。事務所も兼ねており、手がけている仕事や作業もほぼここだけで完結しています。

テレビはもちろん、もう12年くらいありません。

デスクがない時期もありました。→ミニマリストが持つべきフライトケース

様々な時期を乗り越えて、今があります。

全て実験的に、なんでも取り入れて試してみると結構楽しいです。

これから更にミニマリストになるのか、それともリバウンド的にモノマリストになるのか。

自分でもわかりません。

心地良い着地点を探しながら、面白いものをつくっていけたらと常々思っています。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru

14 replies on “物を持たずにシンプルに暮らす”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.