「損する結婚 儲かる離婚」藤沢数希

 

これから結婚しようとする全ての友人に読んでもらいたい、しかし結婚している友人にはなるべく読んでほしくない、そんな本。

(しかし多様な家族のありかたを分析・考察しているので誰にでも読んでほしい本、というのが本音です)

離婚する際に出ていくお金は、慰謝料・財産分与であるが、もっとも大きなものが婚姻費用であり、これについては今まで触れられる機会が少なかった。

著者である藤沢さんは、弁護士が書けなかったことを、自らの友人の経験を元に次々と明らかにしていく。

結婚という金融商品の仕組み、婚姻という古い制度は現代にはもう合わなくなっていること、別居から離婚までの詳しい流れ、コンピ(婚姻費用)地獄の計算方法、著名人の結婚と離婚のケーススタディー、浮気や婚外子の状況、動物や人類学的にみる婚姻制度について。

現法律では結婚は「金を持つものが、持たざるものへ富を均等に分配する」ものであるが、”コンピ”があることにより、夫婦に稼ぎの格差があればあるほど、持たざるものが得をし、持つものは破綻のリスクを抱える仕組みになっている。

これを読むと本当に結婚できなくなるほどに恐ろしい。

だが一方で、男女格差指数が世界的にみても大きい(最低な)日本というこの国において自由と平等、またはそれらを取り巻く差別を再考するきっかけとなる。

多様な価値観を受け入れられる豊かな社会になる為に、個人の結婚に対する固定観念を緩やかに溶かしていくのは、ひとつの有効な解かもしれない。



人気記事ランキング

1、フジx100fの使い方。11個の魅力まとめ [保存版]

2、ビットコインの買い方

3、フォトグラファーが選ぶ、粋なコンパクトカメラ5選

4、物を持たずにシンプルに暮らす

ご案内

トキマルとは?

ポートレート撮影します

インスタ写真販売しています

最近のつぶやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください