Tag: ブログ

  • ユニクロシームレスパンツ

    ユニクロシームレスパンツ

  • noteで書くこと日記の事

    noteで書くこと日記の事

  • 日記を一ヶ月毎日書いたら

    日記を一ヶ月毎日書いたら

  • ブログとプロセスエコノミー

    天気が悪いのをいいことに、一日中部屋に籠もって作業していた。冷房なく過ごせるのは急に秋が来たみたいだ。朝の時点で色々とタスクは書き出していたものの、結局写真の整理や本読みや走ることや書くことはひとつも消化できなかった。できたことと言えば数件のメールとブログのプラグインを少し変えたこととと過去記事の整理くらい。それだけで気づけば1日が過ぎていた。最近はずっと外に出ていたからたまにはこういうのもいいかという自己肯定。PCの前に張り付いているのは体にはあまりよくない気がするけど。 写真や映像を日頃扱っているせいか、最近なかなか映画や映像作品を見る気になれない。その分自然と活字に意識が向く。このブログを編集する流れから、ふと昔見ていた人たちのブログが見たくなって幾つか検索してみた。まだあるかな、うおー、ある。ページが見つかりませんの表示や、ブログサービスそのものが終了しているものもあった。10年という歳月は永続的と思われるインターネットの世界でも繁栄と成熟と衰弱を生むようだ。それでも残っているブログを見つけて、懐かしい気持ちでページをめくった。 10数年前のブログは多くが日記のようなものだったことを思い出す。SEOやタグを意識することもなければ、キーワードや収益も考慮しない。それぞれが、自分自身と外の世界の狭間を埋めるようにただ文章をしたためている。まるで精神分析をするみたいに。それが今とても新鮮に思えた。そういうブログは今では少なくなったように思う。スティーヴン・キングが「文章の良いところは時代を超えて物事を瞬時に伝えれること、それはテレパシーなのだ」というようなことを言っていたのを思い出した。15年くらい前のブログと、現在。2000年代のインターネットの雰囲気にしばらく浸かっていた。 今ちょうど尾原和啓さんの「プロセスエコノミー」という新著が話題になっている。情報が溢れテクノロジーは進歩し、商品やサービスそのものが均一化してしまい、いくら良いものを作っても競争力を得にくい時代になった。だから商品を作る過程=プロセスそのものを経済的生態系として捉えるという考えである。新しい言葉をつくるのがうまい尾原さんらしい本だと思ったが、確かに昨今のインターネットにおけるサービスはクラウドファンディングもオンラインサロンも個人的生活をログり続ける系のユーチューブも全て、過程を見せて物語を共有することでそれが商品と同等かそれ以上の価値を帯びるような構造になっている。主軸となる商品やサービスは設定されていながらも、そこに向かう過程そのものがコンテンツ(商品)として成立している。狩りをする人間の仕留めた獲物を頂くのではなく、狩っている姿を見ることを楽しんでいるようなものだ。 それで2000年代のブログもプロセスエコノミーではないかと思った。特にあの個人的な日記のような、ひとり精神分析のようなブログたち。そこではPV数も収益もほとんど考慮されていない。もちろん当時も職業的ブロガーはいただろうが、圧倒的に数は少なかった。それはインターネットがあくまで現実に付随するサブ的な場所だったからだろう。だから自分の中に深く潜るように、あるいは現実の場所とは異なる場所でもう一つのアイデンティティを生きるように、誰もが好き勝手書けた。そしてそのようにして書かれたブログを友人や知人でなくても、まるで友人や知人のように読むことができた。その世界には嫌悪やヘイトもあったかもしれないが、共感や応援や称賛や喝采だってあったはずだ。当時のブログには主軸となる商品は無く、純粋に過程=プロセスしかなかったのかもしれない。 雨が少し弱くなったので外へ出た。街に人通りは少なく渋谷全体が葬式みたいに静かだった。街が静かなのはコロナのせいなのか、雨だからなのかと考えながら夕飯を買って帰った。サンダルの隙間から足に当たる雨が冷たかった。レモンサワーを作っていると田舎の母からラインが来て、ピンぼけした花火の写真が同じような構図で4枚送られてきた。地元の花火大会も過去一番くらいに人出が少ないらしい。そこでようやく、今日がお盆であることに気がついた。

  • 非効率な人間の撮る、非効率な写真。

    カメラが光学的であるが故に写真は本来的に非効率的なものである。第一次メディウムがフィルムからイメージセンサーになってある程度プロセスは効率化されたとは言え、光とレンズと撮像素子という構成要素は未だ変わらない。カメラ・オブスクラ=暗い部屋からiPhoneになり随分薄っぺらくなり空間的な醸造感は無くなりつつあるが、代わりに背後ではデジタル処理が走っていて結局光・レンズ・センサーを必要としている。むしろポストプロダクションの多様性、つまり無限にあるソフトウェアや処理方法を考えればメディウムがフィルムだった頃よりも複雑さを増し、より非効率になったと言えるかもしれない。 生きることも本来的に非効率なことである。食べて消化して栄養素にして排出するという構成要素から人間は逃れることができない。ジュリア・ロバーツみたいに「食べて祈って恋をして」いるならまだ楽しそうだが、私たちは食べて消化して排泄することに多大なエネルギーを使っているのが現実だ。世の中は効率化のコツみたいなものに溢れているが生き方を効率化しようなどという発想自体が怪しいことになる。人間がそもそも非効率な生き物なのだから。非効率な写真と非効率な人間。非効率な人間の撮る、非効率な写真。 朝4時に起きて移動して良きロケーションで撮影して、家に戻って昼寝して、別の仕事を挟みつつ写真をセレクトしてアタリデータも作って。非効率ながらも最高な1日だったという話し。面倒なことはなるべくやりたくないが、幸福感や充実感をもたらすのは非効率なことなのかもしれない。夕飯はまだ。 twitter : @tokimarutanakainstagram : @tokimarutanakanote : Tokimarustore : TOKIMARU ONLINEYouTube : Tokimaru Tanaka

  • Summicron 35mm ASPH. レビュー

    Summicron 35mm ASPH. レビュー

    はじめに 今年に入ってズミクロン35mmを使うようになったので、このブログでレビューめいたものを書いてみる。noktonの40mmを買おうか迷った末、ファインダーが合わないのが気になり、気がつけばsummicron 35mmをポチっていた。 ライカで使うレンズはどういうわけか今までずっと50mmだった。レンタルして一時的なテストのために、28mm、35mmはズミルックス含めて試してはきた。しかしフィルム時代のMPでも、デジタルになってのM10-Dでも組み合わせるレンズは50mm一本。それも決まってズミクロン。 思えば商業的フォトグラファーを志すようになって、学校を出て初めて買ったレンズもニコンの50mmだった。(FEというフィルムカメラにつけていた) 最初に見たものを「親」と思うヒヨコのように、それ以来僕の中で50mmという焦点距離はひとつの基準というか、基本のようなものになった。 35mmという焦点距離 35mmという焦点距離についてはどうだろう。 これも個人的な経験からしか語ることができないのだが、また一つの基本形であることに変わりはない。そしておそらく僕がここ10年間で最も多用してきた焦点距離だ。 写真をはじめて間もない頃、尊敬する写真家の先輩と高円寺の喫茶店で話している時、なにかの流れで彼がJuergen Tellerが主に35mmを使っていることを教えてくれた。(その後機材まで全く同じコンタックスG2を買うことになる)僕はそれ以来、35mmの魅力に取り憑かれて、ひたすらに35mm判の35mm焦点でいくことになった。もし彼が、ヨーガンに、あるいは写真やカメラについて語ってくれなかったら僕は今頃写真をやってなかったとさえ思う。誇張ではなく。 それくらいに、僕は焦点距離や機材に関して無頓着に写真を撮っていた。当時勤めていた制作会社でもズームレンズが基本だったから、考える余地もなかったのかもしれない。 35mmレンズを使う写真家たち それ以来、35mmの写真家たちを追いかけることになった。 ヨーガンをはじめ、Josef KoudelkaにLee Friedlander、Matt StuartやAlex Webb。Ari Marcopoulos、マーク・ボスウィック、Stephen Shore。それから僕の個展にコメントを寄せてくれた、Bryan Derballa。 荒木経惟、沢渡朔、鈴木親、ヒロミックス、Sandy Kim、奥山由之、笠井爾示、半沢健。 ライカ使いで言えば、瀧本幹也、佐藤健寿、操上和美に藤代冥砂、桑島智輝。(敬称略)などなど。全て僕の間接的な”先生”たちだ。 挙げればきりがない。それほど使う写真家は多く、普遍的な焦点距離だとも言える。 もちろんここに上げた写真家たちは35mmだけを使うわけではない。だが、35mmで多くの素晴らしい作品を残している。 なにより、35mmは旅の香りがする。そして僕は上に述べたような普段バチバチの商業写真を撮影しているような写真家が、日常や、旅の途中に撮る写真がたまらなく好きだ。ささやかな物語を自分ごとのように感じられるし、35mmというフォーマットには親密性があり、それがとても写真的に伝わるから。 現行ズミクロン ライカレンズはその耐久性と同じマウントを使用していることから、50年前のレンズでも今使うことができる。そのためレンズ構成のアップデートにより、何世代、〇〇ジェネレーションといった呼び方をされる。 世代による描写比較、みたいなものは他のブログに任せるとして、ここでは僕が使用している現行のズミクロン35mmについて書く。 現行は世代的には4世代目となり、発売日は1997年。意外と古い。主な構成は変えずに、コーティングや細部をリニューアルして2016年に登場したのが、この「現行」と呼ばれるズミクロンだ。 4年前ということなので、他のメーカー感覚からすると古く感じるかもしれない。しかしライカの場合「レンズにセンサー開発のほうを合わせる」という他とは逆の方法をとっているため、レンズ寿命は遥かに長くなってくる。 個人的にはこの「現行デザイン」が好きだ。50mmも現行を使用している。 このように時代に合わせてデザインされたという解釈を勝手にしています。真相は定かではないけれど。 描写力と使い勝手 見出しをつけておきながら、描写力って、言葉にすることが難しい。 「開放からキレる」と言われればそんな気もしてくるし「絞り込めば隅々までシャープ」と言われればそういう気もしてくる。ボージョレ・ヌーボーが毎年「比較的にだいたい良い」ように、ライカレンズもどこにでもだいたい同じような「良い」ことが書かれている。 何より画像圧縮度合いや、ボディ、閲覧環境によっても大きく変わってくる。だから僕は描写力について述べることをいつも躊躇してしまう。 そして個人的にも「高い描写力」みたいなものを最初から求めていない。それよりも、どこでも持っていけるコンパクトさと、そこそこ写る(と思わせてくれる)感じと、ちょっとやそっとでは壊れない耐久性。正直な話、それがあればどんなレンズでもいい。 でもその条件を満たすレンズというのは案外少ない。Summicron 35mmは見事に満たしている。だから使っている。 ここでは写真をあげることで、その性能の説明に代えさせてください。 50mmレンズもそうだけど、引き寄りで標準っぽくも広角っぽくも使える。 デジタルにおいて「トーン(色味)」はセンサーに左右されることが多いけれど、さすがにセンサー側に寄せてレンズ開発されているだけあって、jpegでサラッと撮影してもなんの違和感もない。ハイライトも心地よく抜けてくる。 ブツ撮り。金属表現はズミクロンが得意とするところ。なぜだろうと考えてみたら、それはおそらくシャドーが良い締まり方をするからだろう。 コンパクトだと毎日持ち歩ける。持ち歩けるとストリートでブツ撮りができる笑。 35mmは金属製のはめ込み式レンズフードが純正で付いている。僕は取り回しやすさの観点から、フードなし、リング付けで持ち歩くことが多い。そうするとズミクロンの50mmよりもコンパクトな撮影システムができあがる。 山でも、街でも、旅行でもオールラウンドに使える。風景写真のように50mmだと少し窮屈さを感じる場面でも、35mmならなんとか上手くまとまる。そして一眼レフのように移動の妨げにならない。 花のような身近なものを撮るのに、35mmほど適した焦点距離は無いだろう。昔のコンパクトフィルムカメラによく使われていたことを考えれば納得だ。 最短撮影距離はライカ標準の70cmだが、引いても寄っても心地よい。マクロで撮れないもどかしさも、時にはそれがレンジファインダーライクな味となる。 人生をドキュメントするにあたり、僕は50mmと35mmがあればもう何もいらないと思うようになった。そういう意味では、50mmでも35mmでもどちらでも良いはずだ。しかし、35mmで譲れないところがひとつある。それは飲み会での向かいの席を撮れるということだ。50mmだとどうしてもひとりにフォーカスされてしまい難しい。35mmは上手く収まるし、とっさの集合写真にも対応できる。そこが好きだ。 テクニカルデータ レンズ構成 5群7枚 […]

  • スノーピークのチタンマグで、家キャンプ

    スノーピークのチタンマグで、家キャンプ

    最近は自粛せずに、もう普通に暮らしている。 そう言うと怒られそうなので、付け加えておけば、「三密」は避けています。(さんみつ、と言葉を発する度に、なぜかいつも「壇蜜」が僕の頭の中をよぎる。壇蜜は避けても避けられない。むしろ、密になりたくても簡単になれない、それが壇蜜だ。何を言ってるんだろう) インフォデミックという言葉があるように、正しい科学的情報を得ずに、多くが怯えすぎだ。そのような人たちは、テレビをみて、常時インスタやツイッターやフェイスブックを見ているのだろう。 電車は空いてて移動は快適。お気に入りの定食屋も独り占め。子連れ狼に親戚集合でマスク会合、むしろ、近所のスーパーやストリートの方がよほど危険。 キャンプを”自粛しなければならない”ので、家でキャンプをする「家キャン」なるものが流行っているようです。 その気持、わかります。山の道具を、家で使うのは結構楽しいから。 僕はものを持ちたくないという理由から、山の道具を家でもよく使っているけど、考えてみればそれは毎日家キャンしているようなものだ。 テントと寝袋は持っていないから、そこまで本格的な家キャンはやってないけれど、もし持っていたなら、部屋の中にテントを立てて、寝袋で寝ることを試したかもしれない。想像するだけで小学生のころに戻れるかのようだ。 家キャンに簡単に入れるアイテムは、マグだろうか。 部屋の中の全ての家電をOFFにして、森や川の環境音を小さく流しながらこれでコーヒーでも飲んで目を瞑れば、都心にいながらにして大自然を感じることができる。かもしれない。 snow peak チタンシングルマグ 300 チタン素材で丈夫で軽くて、インダストリアルなデザイン、アウトドアな出で立ち。 マグはたくさんあるから、どれを持つべきか正直迷います。 上記写真の、チタンシングルマグ300を選びました。チタンの軽さと耐久性と、そのなんでもないデザインが気に入ってます。 選べる容量と種類 220ml, 300ml, 450mlというバリエーションが選べるのも嬉しい。 キッズには220でしょうか。小さくてかわいい。スノーピークのオフィシャルサイトにはアイテムを使用した写真があります。やはり道具は、想定された場所で使用することで、一気にその雰囲気が立ち現れてきます。これを見て、キャンプ道具における環境写真の重要性を改めて感じました。 素材は、ステンレスとチタンから選べます。 スクーの記事にも書いたように、それぞれ特徴があります。マグに関しては容積がある分、重さが顕著にあらわれる。チタンの少しザラッとした口当たりが気になる人は、ステンレスが良いかもしれませんね。 そして更に、シングルウォールとダブルウォールという2タイプが存在します。 ダブルウォールは名の通り、二重構造になっていて、飲み物の温度変化を抑えることができます。その分、重量も重くなる。家キャンや、キャンプなど、重量を気にしないアクティビティではダブルの方が使い勝手は良いかもしれないです。シングルは全ての荷物を背負って歩く、トレッキング野郎かミニマリスト向き。 またシングルウォールの利点として、直火にかけれるということが上げられます。メーカーは推奨していないけれど、飲み物を入れて、そのままバーナーにかければあっという間にホットドリンクの出来上がり。これは一度やってしまうと、病みつきになる簡単さです。家でもガスコンロにかけてしまいそう。 ナルゲンボトルと密になる また、個人的に300mlサイズを使うにあたって、外せないポイントがあります。 それは ナルゲンボトルがチタンマグ300にすっぽりと収まってしまうのです。 バックパックの容量が限られた冒険においては、持ち物をどれだけスタックできるかが生死をわけます。 いつもマグの中に、コーヒーやお茶を詰めていたのだけれど、この二人が密になることを発見してからは、このようにして持ち運んでいます。 人と密になれないぶん、ナルゲンとチタンマグを密にさせておく。なんという発想。これには小池知事も何も言えないでしょう。 ナルゲン(発音的にはナルジン)ボトルも使えるアイテムなのでまた別の機会に紹介したいです。 チタンマグで何を飲むのか チタンマグでは何でも飲める。コップだからそれは当たり前だ。 山では、コーヒーかお茶を飲むことが多いです。 最近は、バタフライピーというハーブティーが、山頂でキマることに気づき始めた。(怪しい脱法系じゃないヨ) ローランドも飲んでると言っていたような。 見た目は青くて少し怪しいけれど、味はやさしくおいしい。 効能などはここでは書かないが、レモンの風味と酸が爽やかに良くて、山で疲れた身体に効く気がする。ビタミンも豊富らしい。ものによってはカモミールもブレンドされておりノンカフェインなので、寝る前もOKだ。山で寝てはいけないけれど。 これから経済を戻していくには、政治的な力だけでなく、個人的な意識と努力が必要になります。 自粛は各自でするものであり、他人に強制するものでは決してありません。コロナに関する些細な言動が憎しみに繋がり、差別の連鎖を世界中で生み出しています。 十分に気をつけながらも、なるべく普通に暮らすこと。 そして時間の経過をかみしめて、少しでも前へ進むこと。 今猛烈に、普通に暮らすことの有り難みを感じています。 そうすることによってしか僕たちは元に戻れないのではないかと。そんなことを、山の上でひとり考えていました。 ご案内 twitter : @tokimarutanakainstagram : @tokimarutanakanote : Tokimarustore : TOKIMARU ONLINE