逆光写真を撮る!3つのコツ

こんにちは、ときまるです。

最新iPhoneの三つ目カメラ随分良さそうですね。周りでも増えてきています。

最近のスマホやデジカメは逆光を自動で補正するようにプログラムされています。iPhoneは標準でHDR(High Dinamic Range)モードも搭載されており、明るい部分と暗い部分をいいとこ取りした表現が誰でも可能です。

それでもなんとなく、逆光が上手く撮れない。苦手だな〜と感じている方は多いのではないでしょうか。

今回はフォトグラファー視点から、逆光写真の撮り方のポイントをまとめてみます。

具体的な設定と、理論的な話も最後に少ししてみます。これを知っておけばもう逆光を恐れることはなくなります。

光に対してどこまでも突き進んでください。笑

無理に明るくしない

教則本や写真教室でよく言われるのが

「逆光の時は、露出補正をプラス1〜2に設定して撮りましょう」

というものです。

確かにこれは間違いではありません。(次のトピックではこちらの理論を使用しています)

しかし、どのような逆光かを見極めるということが重要です。全てにおいて、逆光=プラス補正ではないことを覚えておきましょう。

例えばこちら

ビーチで子どもたちが遊んでいる写真です。

露出補正無しで撮影しています。

この条件で、人物に明るさをあわせてしまうと、「夕陽感」が損なわれていまいます。

太陽の輪郭が損なわれないくらいの露出で、完全に人物は黒く潰れています。

それでも夕暮れの雰囲気や、子供たちの遊んでる、”なんかやってる感”が出ていると思います。

無理に明るくせず、影や輪郭による逆光表現を楽しむ。

これが1つめのポイントです。

直射でない時は、人物の明るさを出してもよし

さてふたつ目の例です。

見出しの通り、逆光が直射光でない時は、人物の明るさに露出を合わせると良いでしょう。

このような例です。

露出補正なし
露出補正+1

後ろがカーテンで、光が拡散され、柔らかな逆光が差している条件です。

このような条件では、定番通り、露出補正をプラス側に振って撮影します。

人物の表情も出て、画面全体も明るくなります。

なぜ「直射でない時は」という条件なのかは、太陽光が入ってしまうと場合によっては部分的に飛んでしまうからです。

もちろん、屋外のド逆光で、髪の毛だけがハイライトされる人物写真もありと言えばありです。ハマれば美しい写真になるでしょう。しかし条件によっては難易度が高いということは覚えておいてください。

逆光で人物を撮るメリット

逆光でポートレートを撮るメリットはいくつかあります。

  • 肌がきれいに見える(荒れを隠せる)
  • 柔らかい雰囲気を出せる
  • モデルが眩しくないので、目を開けていられる

主にこのような利点があげられます。

デジタルと逆光写真の相性の良さ

3つめは理論的な話になりますが、デジタルでの表現と、逆光写真の相性は実は意外に良いという点。

このようなツイートをしました。

ディスプレイは逆光写真との相性が良い。紙媒体は逆光表現が苦手だけど、ディスプレイはそれ自体が発光しているので、私たちのスマホでの鑑賞環境は常に逆光となるからだ。
これから先、新たな媒体が出る度に写真表現も変わると思う。

Tokimaru

僕たちはいつの間にか、全ての写真を逆光で見るようになりました。

逆光=バックライトで、手元のiPhoneを始め、ラップトップのディスプレイ、街中のサイネージ、デジタルフォトフレーム。全て逆光媒体なのです。

全て後ろからのライトによって、写真が照らされている状態です。(厳密に言うと液晶自体が写真を生成している)

それらの媒体で逆光の写真を見ることは

逆光 ✕ 逆光 になるわけです。

印刷媒体は逆光表現が苦手であるため、嫌われる傾向がありました。飛んだ白の部分にインクは乗らないか、あるいは限りなく白に近いインクを乗せて表現しています。

ディスプレイは255という値で、人間が逆光をリアルで見ているのと近しい鑑賞状態となります。

今後、「発光しないデジタル媒体」が出てくるので、また違った写真表現が生まれると思います。それはより紙に近く、かつデジタルの特性も備えるものとなるでしょう。

デジタルになって写真が終わったという人もいますが、媒体が変化する度に新しい写真表現が生まれてくるのだと思います。

今回はこのあたりで。

<撮影したカメラ>

夕陽の写真はおなじみシグマDPです。

人物はライカQ。クロップしています。

ライカ デジタルカメラ ライカQ(Typ 116) ブラック
ライカ
売り上げランキング: 291,681

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru

ズミクロンについて

All about Summicron 50mm

ライカと言えばエルマーとズミクロン。これについては多くで語られているので、僕が新たに語るべきことは何もないように思える。

それにしては随分背伸びしたタイトルで、個人的な経験からその魅力を少しでも描き出せるように。

フィルム時代は2ndを使っていたが、今回M10-Dにアップデートするにあたり、ズミクロンも新型にしてみた。

新型といっても現行は1994年の発売。僕がロックさえも聞いていない、米米CLUBやシャ乱Qやモーニング娘。の古き良き時代の製品だ。

光学設計は1979年から変わっていない。そんなレンズが2020年のデジタルカメラで難なく使えてしまうのが驚きである。それは描写性の回でも述べたように、センサーのほうをレンズに合わせて開発しているからこそなせる業なのだろう。

50mmと言えば、標準レンズのド定番。引けば広角的にも使え、寄れば圧縮感も表現できる。逆に、人間の視覚に近いので、一見面白味に欠ける画角でもある。

開放からキレる。F4まで絞れば、周辺も解像感も十分だ。

summicron 50mm

中口径、高画質、小型で軽量という、バランス感が良い。重さは240グラム。

描写はリアリティにあふれて、シリアスな印象もある。都市のドキュメンタリーに相応しいけれど、自然や有機物も写る。

Ginza, Tokyo 2019 ©tokimaru

柔らかな雰囲気のポートレートから、鋼鉄多めの建築写真までいけるオールマイティさがある。

思いつくままに印象を書いてみた。正直に言うと、これ一本で良いんじゃないかと思っている。

デイリーユースの画角を、50mmと35mmで迷っている人は多いように思う。フォトグラファーの永遠の課題と言っても良い。

両方経験すれば好みがわかってくるので、好きな方を使えば良いと思う。

Tokyo 2019 ©tokimaru

最初の一本を選ぶなら、今なら僕は50mmをおすすめする。

カメラを始めたばかりの人なら、ボケ感がしっかり出るから。

そして広角側は誰もが持っているiPhoneで撮れるから。(iPhoneの画角は28mmくらい)
だから、50mmを使うことで、iPhone写真と差別化できる。使い分けもできる。

描写に関しては、いくら文章で云々書いても伝わらない。

どのレンズにも言えることだが、自分で使って撮ってみるのが最も手っ取り早い。ただ写真から感じるしかない。

Leica M10-D のすべてにもどる

最近ノリノリの10人の写真家たち

by Talia-Chetrit