パタゴニアバギーズショーツのインナーメッシュの本当の意味 [今日から使える]

 なぜだか今日は一日中ショーツについて考えていた。暑かったからだろうか。パタゴニアのバギーズショーツはノーパンで着用するのが最もその性能を発揮できるということに最近気づいてきた。最初は冗談めいて言っていたけれど、あのインナーメッシュはノーパンで履いてこそ効果が出る。その通気性。ハイクやランはもちろん、水にも入ることができてすぐに乾く。もはやショーツ(パンツ)ではなく、下着としてとらえたほうがいいくらいだ。

 下着を着用してさらにその上にバギーズを履くと二重にパンツを履いているようで熱いし蒸れる。だからハイクやランで使う人たちはわざわざインナーメッシュをハサミで切り取って使用しているらしい。ああ、もったいない!あのメッシュが最高なのに。メッシュが不要なら最初からバギーズである必要はなく、無メッシュのショーツを選んだほうがいい。下着を履けば、水から上がった後下着も一緒に乾かす必要があるのでもちろん速乾性は低下する。バギーズだけならそのまま行動していればすぐに乾く。それでも下着を履くのなら乾きの速い化繊かウール素材のものを選ぶ必要がある。

 バギーズを随分称賛してきたし、多くの人に称賛されてきたけれど弱点もある。僕が思うのはポケットのデザインと数。まず正面のポケットが深すぎる。物を入れると形が出て美しさが損なわれる。そして深いのでとても取り出しにくい。バックポケットは右側にひとつしかついていない。深くて形が出るので正面ポケットに物を入れることができないとなると、右後ろの一つに全てを収めなければならない。僕のようなモノを持たない人間には少しきつい仕様だ。せめて二つあれば容量は上がるのに。だがもちろんこれもパタゴニアの思想を反映したデザインの一種だろう。つまり、モノを持つな、自然と遊べ、というような。走る時もそうだけれど、財布やスマホを何も一切持たずに身体ひとつでただ走るのは気持ちがいい。走りに集中できるし自然と一体化できる気がする。そうでもしなきゃ今の僕たちは一日中スマホと離れることがないのではないか?

 そういうわけで、僕はこれからはバギーズを下着と捉えることにする。衣類=パンツにカウントしない。肌に最も近くてずっと履いているので、妙な愛着が湧いている。そして山でも海でも街でも使えるショーツを近々手に入れる予定だ。実はもう注文していてそろそろ届く。最後にお気に入りのローラジョンソンのストーリーを紹介して終わりにする。

「あらゆるアクティビティにそれぞれ別のショーツは必要ない。生涯において良いショーツが1本あればいい」

ローラ・ジョンソン

https://www.patagonia.jp/blog/2018/05/my-pink-baggies/

– https://linktr.ee/tokimarutanaka

ドクターブロナーのマジックソープひとつで暮らしてみる

初めてドクターブロナーのマジックソープを使ったのは、もう10年ほど前になる。

学生以来インドネシアのバリ島を訪れた際に、バックパックに小さいボトルを一本忍ばせていった。

ちょうど去年の今頃、なぜか突然また使いたくなって、Amazonでベビーマイルド(無香料)をポチったことをきっかけに、また僕の中でマジックソープブームが再発した。

当時は旅行中の為に使ったが、普段の生活で試しにハードユースしてみようかという気になった。

なにせこのマジックソープの良いところは、何にでも使えるところだ。身体や顔を洗うのはもちろん、食器洗い、洗濯、掃除、全ての洗い物系をこれひとつで賄うことができるとされている。そして天然成分のみでつくられているので身体にも環境にも優しい。

一つのもので多くの役割をもつアイテムは、ミニマリズムとの相性がよく、軽量化にも役立つ。

食器用洗剤としてはコスパが悪いので、バスルームに置いて下記の用途で使っている。

・洗顔

・ボディーソープ

・メイク落とし

・洗髪(ごく稀に)

・バスタブ掃除

マジックソープを使うことによって、洗顔料、ボディーソープ、メイク落とし(アウトドアアクティビティが多いので日焼け止めを落とすのに使用)、シャンプー、バスマジックリン的なやつ、を手放した。

うちのバスルームには、237mlのこいつが一本置かれているだけである。

多くのボトルがあるのは見た目にも、掃除にも良くないので、今は本当にラクそのものだ。

1年間テストしてみて、全く問題ないどころか快適そのもの。もちろん個人の肌に合う合わないはあると思うので、試す人は慎重に行ってください。

ポイントは肌に使う時は少量を良く泡立てることくらい。使ってもらった友人曰く、そのへんのメイク落としよりも落ちるらしい。今まで、NARSの洗顔フォームや資生堂のパーフェクトなんとかとか色々使ってきたけど、そんなものが今後一生不要だと思うと、とてもいい気分です。最初からそんなものは不要だったのです。

人間の身体というのはよくできていて、長いあいだ洗顔料や保湿剤を使わずにこの地球上を生きてきたわけだから、環境に適応する能力が予め備わっています。人類が洗顔料やシャンプーを毎日使うようになったのはここ100年間以内の出来事。

宗教や国家と同じように、「洗顔料」や「シャンプー」や「化粧水」というのも、企業が創り出した壮大な幻想だとしたら。。

昨年は無香料ティートゥリーと使ってきました。多くの香りがあるので毎回変えて気分転換してみようと思い、3本目はサンダルウッド&ジャスミンを使用中。甘い線香のような香りです。

無香料とティートゥリーが今のところ好きです。実際の精油が使われているので、殺菌効果やアロマテラピー的な効果もあるのだろうか?ここは検証が難しいところ。

上記した全ての用途に使って1年間で2本(2600円)ほどの消費量ですので、コスパは最強だと思います。

飽きるまで、もうしばらくハードユースしていくつもりです。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

ウルトラライトにおけるフードシステムとミニマリズムの相性

連休のど真ん中に、丹沢へ行ってきました。

昨年もヤビツ峠から塔ノ岳への縦走を連休中に行ったのですが、今回は大倉から丹沢山をピストンで。

前回はまだみんなが自粛している時で、政府の言うことを聞いていたので空いてて最高でしたが、今年はもう誰も聞いていないので予想通り多くのハイカーで賑わっていました。ほぼフジロック状態でした。

もう休日に人気の山には行きません笑

ここ一年くらいで登山装備のUL化を進めてきました。

ザックやウェアも国内外のガレージブランドをひたすらテストする日々。

山でも使えて、日常でも使えるようなものを探っています。ミニマルな生活を送る中で「山道具」という専門の道具が増えるのが嫌になり、ならば日常生活でも山道具を使えばよいという考えにシフトしました。

今では街で過ごす時も、山で使うものと同じ道具を使っています。特に衣類やキッチンまわり。

上の写真は最近の行動食です。左から

・トキマルオリジナルナッツと小魚ミックス
・Nature Thingのエナジーバー
マナバー
・Nature Thingのデーツチョコバー

行動中は食べやすさからバー系が多くなります。どれもナチュラル系で地上でも食べたいくらいうまいです。

上部に写っているのはカモシカスポーツオリジナルの山飯。アルファ米のような感じですが、最悪お湯で戻さなくてもそのまま食べれます。非常食としても活躍しそう。

最初の頃は、ウィンナー焼いたり色々作ったりしていましたが、結局面倒になって「お湯で戻す系」ばかりになっています。

重量とスピードの面でも有利なので、ウルトラライト系の人は多くがそうなってしまうようですね。

お湯で戻す系だけに絞れば、クッカー類も最小限ですみます。お湯を沸かせさえすれば良いのですから。

アルコールランプにすれば更に重量やサイズを削れますが、安定性とメンテナンスの手間を考えて現在はバーナー派です。

バーナー soto amicus
OD缶 soto 105
EVERNEW チタンカップ570

エバニューのチタンカップにはOD缶がすっぽり収まります。

更に良いところは、アルファ米を戻すために必要なお湯と、お茶やコーヒーを飲むためのお湯を同時に沸かすのに最適なサイズであること。大きすぎず、小さすぎず。

400mlくらいお湯を沸かして、アルファ米を戻しつつ、待ち時間でお茶を飲むというのが最近の山飯ルーティンになっています。

エバニュー(EVERNEW) チタンカップ400FD、こちらの一回り小さな400FDでも105mmのOD缶が納まることが発覚したので、試そうか迷っています。どうしても余分な重量やスペースは削りたくなるULの宿命のようなものですが、これだとお茶用のお湯が残らないかなとも考えたり。実験と計算が必要です。

UL装備になって、登山へのアプローチも変わってきたように思います。トレランシューズに変えたことで、山用のシューズを別に持つ必要がなくなりました。

ブルックスのシューズを使ってみたら、見事にフィット。今は街のランでもこれ一足で走っています。最初はロードを走るにはオーバースペックで、何かしら身体・精神的に影響出るかなと思っていましたが、全く問題ありませんでした。むしろ公園やオフロードに積極的に入りたくなります。初めて長靴を買ってもらった少年みたいに。笑

これにより街と山をシームレスに移動できるようになりました。

海、街、山と全てつながっていることを思えば、どこへ行くにしてもただの「移動」なのではないかと実感する日々です。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE