Tag: ミニマリズム

  • 公園が僕らに遊び方を問う

    公園が僕らに遊び方を問う

  • ドクターブロナーのマジックソープひとつで暮らしてみる

    初めてドクターブロナーのマジックソープを使ったのは、もう10年ほど前になる。 学生以来インドネシアのバリ島を訪れた際に、バックパックに小さいボトルを一本忍ばせていった。 ちょうど去年の今頃、なぜか突然また使いたくなって、Amazonでベビーマイルド(無香料)をポチったことをきっかけに、また僕の中でマジックソープブームが再発した。 当時は旅行中の為に使ったが、普段の生活で試しにハードユースしてみようかという気になった。 なにせこのマジックソープの良いところは、何にでも使えるところだ。身体や顔を洗うのはもちろん、食器洗い、洗濯、掃除、全ての洗い物系をこれひとつで賄うことができるとされている。そして天然成分のみでつくられているので身体にも環境にも優しい。 一つのもので多くの役割をもつアイテムは、ミニマリズムとの相性がよく、軽量化にも役立つ。 食器用洗剤としてはコスパが悪いので、バスルームに置いて下記の用途で使っている。 ・洗顔 ・ボディーソープ ・メイク落とし ・洗髪(ごく稀に) ・バスタブ掃除 マジックソープを使うことによって、洗顔料、ボディーソープ、メイク落とし(アウトドアアクティビティが多いので日焼け止めを落とすのに使用)、シャンプー、バスマジックリン的なやつ、を手放した。 うちのバスルームには、237mlのこいつが一本置かれているだけである。 多くのボトルがあるのは見た目にも、掃除にも良くないので、今は本当にラクそのものだ。 1年間テストしてみて、全く問題ないどころか快適そのもの。もちろん個人の肌に合う合わないはあると思うので、試す人は慎重に行ってください。 ポイントは肌に使う時は少量を良く泡立てることくらい。使ってもらった友人曰く、そのへんのメイク落としよりも落ちるらしい。今まで、NARSの洗顔フォームや資生堂のパーフェクトなんとかとか色々使ってきたけど、そんなものが今後一生不要だと思うと、とてもいい気分です。最初からそんなものは不要だったのです。 人間の身体というのはよくできていて、長いあいだ洗顔料や保湿剤を使わずにこの地球上を生きてきたわけだから、環境に適応する能力が予め備わっています。人類が洗顔料やシャンプーを毎日使うようになったのはここ100年間以内の出来事。 宗教や国家と同じように、「洗顔料」や「シャンプー」や「化粧水」というのも、企業が創り出した壮大な幻想だとしたら。。 昨年は無香料→ティートゥリーと使ってきました。多くの香りがあるので毎回変えて気分転換してみようと思い、3本目はサンダルウッド&ジャスミンを使用中。甘い線香のような香りです。 無香料とティートゥリーが今のところ好きです。実際の精油が使われているので、殺菌効果やアロマテラピー的な効果もあるのだろうか?ここは検証が難しいところ。 上記した全ての用途に使って1年間で2本(2600円)ほどの消費量ですので、コスパは最強だと思います。 飽きるまで、もうしばらくハードユースしていくつもりです。 twitter : @tokimarutanakainstagram : @tokimarutanakanote : Tokimarustore : TOKIMARU ONLINE

  • 一本のよなよなエールを最後に、歩き続けて考えたこと

    土曜日か日曜日だった。いつものようにランを終えて、よなよなエールを飲んだ。よなよなエールはビールであるため、ランニング後に飲むのに適した飲料ではない。それでもその日はよなよなエールを飲まずにはいられなかった。何かに絶望していたわけでもなく、喜んでいたわけでもなく、悲しんでいたわけでもなかった。ラン特有の高揚感が、よなよなエールの酵母かホップか炭酸とシンクしたのだ。まるでよなよなエールの方から飲まれに来ているようだった。 さすがに走った直後に飲むのは抵抗があったので、玄関のドアの下で夕暮れまで放置しておいた。管理人が通りかかったら、ゴミだと思い回収されていただろう。幸いにも、よなよなエールはまるで現代美術作品のようにドアの下で見事に佇んでいた。買った頃と缶の温度はそんなに変わらないように思えた。西の空が赤く染まり、カラスがカァと鳴いた頃、薄暗い部屋の中で静かによなよなエールのプルタブを押した。天使がハンドガンに弾丸を装填するような音が聞こえた。 その一本のよなよなエールを飲んで以来、僕は素面だった。 10年前の話しではない。3日前の話しだ。このように書くとまるで長編小説の回想パートでも始まりそうな雰囲気だが、いつものようにすぐに終わるのでご安心を。3日間の素面というのは、幸いにも僕がアル中でないことを証明した。いや証明できるのだろうか? よなよなエールを飲んで以来、不思議と何も欲さなかった。少なく食べて、水を飲み、歩いた。普段より多く歩いた。渋谷、新宿、品川、中目黒。場所はどこでもよかった。ハンドガンを構えた”よなよなエンジェル”に追われるように、1万歩、2万歩、3万歩と日に日に距離は伸びていった。体調も気分も過去最高かと思うほどに良い気がした。水を意識的に多めに飲むようにした。歩いていて水を連想するものがある度に、少し前に読んだソローの言葉が浮かんできた。「お茶やコーヒーではなく、水こそ賢者の飲み物だ」そんなことを書いていた。そして水を口にしながら、水こそ賢者の飲み物だ、水こそ賢者の飲み物だ、とつぶやくように思った。思いすぎてたまに口から出ていたかもしれない。だが僕に対して「大丈夫よ、あなたは賢者でも何でもないんだから」と突っ込んでくれる人は誰ひとりとしていなかった。だがそんなことも、もうどうでもよかった。警官に職質されなかったことを嬉しく思った。 素面でひたすら歩き続けて(彷徨うという方が正しいかもしれない)ふと浮かんできた言葉がある。 人が生きる為に必要なのは、服と、食料と水と、まずまずの寝床だけである。 誰かが、例えばガンジーとかジョンレノンとかが、言ったのかもしれないし、何かの本に書いていた言葉かもしれない。なぜこのような言葉が浮かんできたのか自分でもわからない。浮かんでくるというより、降りてくるという感じだった。それは先に書いた一連の流れが生んだものではないかと考えるようになった。ランも、よなよなエールも、歩くことも、水を飲むことにも全て意味があり、加えて今の気分や過去の記憶が混ざって出てきたものなのだ。 誰もが一度限りの人生を楽しむために、多くのものを手に入れようと欲望し、思考し、奮闘している。そして幸いにも条件の良い場所に生まれた人間は ー日本列島もそのひとつだろうー 学校で学び、車を買い、家を買い、職を持ち、婚姻関係を結んだり、動物と暮らしたり、人間関係を築いたりする。 今タイプしているマックブックに、カメラに、ピアノに、時計にデスクに椅子、テントに炊飯器に、バイクにプロテイン。洗濯機に冷蔵庫に、素焼きのミックスナッツ。THREEのアイライナーに、アクネストゥディオスのマフラー。エアポッズプロに、外付けSSDドライブ、物干し竿と、イカの一夜干し。金、名声、声明、土地、株式、ビットコインにリップル、髪の毛、エクステ、クイックルワイパー。 無駄なものが人生を楽しくする。無駄を作り楽しむために経済活動があり、資本主義経済は成り立っている。 効率化を求めすぎると、死に近づいていく。それは人間というものがそもそも非効率な生き物だからだ。しかし言いたいのはそういうことではない。生死に関わる話しはここではあまりにデリケートすぎる。 ただ、一本のよなよなエールから導き出された小さな冒険を記すこと。 服と、食料と水と、まずまずの寝床さえあれば、それ以外は特に必要なく、余った体力や時間を、好きな人や好きなものに全力でつぎ込むことができるのではないだろうか。それを愛と呼べるかはわからないが、愛のようなものに変えていけるかもしれない。喜びを全身で表現して、日々を全力で生きていけたらと思う。職質されない程度に。 それってあまりにも芸術的で、岡本太郎にすぎるかな。 twitter : @tokimarutanakainstagram : @tokimarutanakanote : Tokimarustore : TOKIMARU ONLINE

  • スーツケース1つ分の衣類

    ナチュラリストが海の見える家で暮らすことを熱望するように、ミニマリストはスーツケース1つ分の荷物で暮らすことを熱望している。 ミニマリストと名乗る多くの者達は、実際に1度は自分の持ち物をスーツケースにまとめてみた経験があるのではないだろうか。 しかしスーツケースを実際に部屋に置いて、自分の持ち物を入れてみようと思った次の瞬間には、それが不可能であることを悟る。衣類、調理器具、PCやカメラ、衛生用品、チェスやオセロ、その他の細々としたもの。スーツケース本来の役割である衣類というジャンルに限っても、そこに収まらないことに絶望したことだろう。 モノではなく容器から持ち物を精査する、というのは整理術においてよく使われるテクニックだ。すなわち先にバッグや、タンスや、収納するスペースを決めて、そこに収まる分だけを持つという考え方である。入り切れないものは捨ててしまう。 この方法は、都民ファーストならぬ容器ファーストと呼ばれる。呼んでるのは俺だけだが。容器が、つまりバッグやタンスやスーツケースが好きで好きでたまらない人向けだ。好きな容器があってその容器を使うことを最優先させる人にとっては有効かもしれない。(例えばLOUIS VUITTONのトランクやHERMESのバーキンとか) 極端に言うとそのような人は荷物は入れずにただその容器だけを持てば良い。中身は何も入れず、そのバッグを使いたいがために持ち運ぶ。中身は何も入っていない謎の壺を部屋に置いているのも同じような種類かもしれない。完全に変態ではあるが、容器ファースト主義者の美しい姿だ。 実際ミニマリストにはこのような極端な容器ファースト主義者は少なく、中身のモノを主体に考える荷物ファーストがほとんどだ。 ではスーツケースに持ち物を収めるにはどうしたらよいだろうか。 近道のようなものは残念ながら無いのではないかと考えている。 災害などで全てのものをなくしたり、または何らかのきっかけで収入が途絶えてホームレスになったりした人は、すぐにスーツケースひとつ分の荷物で暮らすことができるだろう。しかしそれは望んでモノを無くしたわけではないから、いずれもっと増やしていきたいと思うようになる。 もちろんここでは、自ら進んで持ち物を減らしたい人の場合だ。そのような人たちも、一日で一切合切すべての物を捨てたとしたら、スーツケース1つで暮らせるようにはなる。モノは限りなくゼロになるけれど、おそらく心が追いつかない。今まで多くのもので暮らしていたので、少ないもので暮らすことに心と体が耐えられないのだ。気づけば、あれが必要これが必要、また2 3日でスーツケースから溢れ出すだろう。 一日で物を減らすことは難しく、生活する中で買って、また減らしてを繰り返すうちに、少しずつ生活スタイルそのものを変化させながらバランスをとっていくしかないのだ。モノと心身と生き方のバランスを。 その過程は流行的で商業的で軽くてポップな「ミニマリスト」というよりどちらかと言えば「修行」に近い。 僕も日々そのような修行に明け暮れて(なんのためになるのか全く持って不明だが)、5年ほど経つ。 家具を除けば、全ての持ち物はスーツケースとバックパックひとつに収まるくらいにはなっている。 家では実際にスーツケースを衣類入れにしていて、服に関しては全てがこの35Lのリモワに収まる状態だ。 衣装ケースや、ハンガーラックの類いは一歳所有していない。容器ファーストの罠に陥る人は容器があるから入れてしまうのであって、最初からなければその中に入れるモノを持たなくてすむのだ。しかし先に述べたように、一度にではなく、生活の中で徐々に総数を減らしていかなければならない。マラソンで少しずつ距離を伸ばしていく感じだ。日々少しづつ繰り返すと、気づけば長い距離を走れるようになっている。 撮影機材を軽量化したので実際の旅や移動でこのスーツケースを使う事はほとんどなくなった。両手が空くこと、移動のしやすさを含めて、旅はバックパック一択だ。(または手ぶら) 引っ越しや長めの滞在の際は、衣装ケースや段ボールを運ぶ代わりに、このスーツケースをひとつ運ぶだけである。そして通常は衣装ケースとして使用する。この楽さを覚えてしまうと、もう服をたくさん持つことや、収納ケースを持つことはできない。 スーツケースの中身についてもここで紹介したいところですが、紙面が残り少なくなってきたので他で書きたいと思います。近々ミニマリズムに関するまとまった文章を書く予定ですので、同じように修行している人はお楽しみに。 関連記事:リモワとドンケ twitter : @tokimarutanakainstagram : @tokimarutanakanote : TokimaruYouTube : Tokimaru Tanaka

  • モノを増やさないために行う4つのこと

    こんにちは、ときまるです。 モノ、捨ててますか? 僕はもう捨てるものが無いくらい持ち物がありませんので、最近は捨てていません。Tシャツを何枚か処分したくらいです。 捨てること自体に意味はありません。少し気分がすっきりするというくらいです。本質は、自分に必要なモノを見極めて、集中力を高め、生産性を上げることにあると思っています。生産性が上がると収益率も上がり、収益率が上がると少ない労力で生きることが可能になります。それが幸せかはまた別の話ですが、時間・資本・身体の余裕は多幸感の種になります。 少ないモノで暮らすことは、動物的な勘をとり戻すことでもあります。 私たちは日々多くの情報に晒されています。ニュース、会話、環境音、ディスプレイ。多くは目に見えないものですが、身の回りにあるモノはそれ自体が情報を含んでいます。そして無意識に作用します。 それらが無ければ否応無しに「自分」を見つめることになります。頭の上から足先の感覚まで、そして呼吸をしていて、今を生きています。 多くの情報に晒されていると、過去にしがみつき、未来の不安に怯えることになります。後悔と回顧、期待と落胆を繰り返します。 モノではなく、身体にフォーカスすると現在を生きることができます。お腹がいたい、喉が乾燥している、鼻水がでる、背中が汗ばんでいる、筋肉痛だ、そのような今の全ての状態を受け入れて、過去の過ちを繰り返さないように、確固たる意思をもって先へ進むのです。今この瞬間に気づく力をつけて、過去を指針にして、未来への確かな行動をとる必要があります。 そのために少ないモノで生きることを選びます。余計な飾りは放り捨てる。(feat. AKLO) そんなにカッコつけながらも、僕は新しいものが好きです。買い物も好きです。だから買っては捨ててをいつも繰り返していました。今でもたまに買ってはすぐに捨てたりします。 5個セットのボックスティッシュを買って、2つ捨てたりします。3つとか、1つでいいんです。なんで5個なんですか。1つ売りのはなんでプレミアムでふわふわで高いのしか無いんですか。ごく普通の”スコッティ”を1個か3つ売ってくれませんか。いや、もう渋谷の街中で配っているポケットティッシュでいいです。それで良いかもです。 色々モノを捨ててきましたが、さすがに5年やってるとスタイルが固まってきます。そしてコツのようなものもわかってきます。 このようなツイートをしました。 それでも僕が少ないモノでの生活を維持できているのは 1、3ヶ月に一回持ち物を見直す2、モノに執着せず今のライフスタイルに合わせる3、飽きのこないものを選ぶ4、身の丈以上のモノを持たない この4つを実践できているからではないかと思うのだ。#ミニマリスト #断捨離 — 田中 常丸 (@tokimarutanaka) March 15, 2020 この4つで物が少ない状態を維持できます。 1、3ヶ月に一回持ち物を見直す タイトルどおりです。3ヶ月に一度、部屋の中やバッグの中で根を張っているモノを処分します。 雑誌やペン、消しゴム、書類。 部屋の中でまるで住む前からの定位置のように、ショッピングバッグが置かれていたりします。 君の定位置はそこじゃない。少し厳しくいきます。 モノだけでなく、支出に関しても見直してください。 近くのコーヒースタンドの月間サブスクリプション、ネットフリックス、ノートアプリ、課金ゲーム。3ヶ月の間にいろいろ支出が増えていませんか。 ノートに全ての支出を書き出して、どれが支出のメモリを食っているかを見極めてください。そして使用していないサービスは積極的にキリましょう。キリマンジャロです。 2、モノに執着せず今のライフスタイルに合わせる 三ヶ月前はサラリーマンだったのに、今はジャージでニート生活。 そんなあなたは、まずスーツを捨てることから始めましょう。 ライフスタイルは3年周期で変わるのではなく、この瞬間瞬間に変わることを意識してください。 スノーボードやサーフィンに年に1回しか行かないのに、ボードやゴーグル、グローブを溜めてませんか。行くその時に買うかレンタルで対応できます。あなたが毎日ランニングを行うのなら、ランニングシューズに投資する価値は十分にあります。 ブランドもので高額な2年前の服を大事にクローゼットにしまってありませんか。もうデザインもシルエットもあなたの気分ではないことを、あなたが一番知っているはずです。高かったからとか、このブランドだからという理由で使わない衣類を持つことは、時間・空間の大きな損失です。 春なのに、夏服や秋服を先取りして買うのも良いアイデアではありません。 今必要なものだけを持つこと。 これだけで随分身軽になります。 3、飽きの来ないものを選ぶ 先程述べたように、衣類は身体に纏うものなので、サイズの変化やトレンドの変化により必ず”飽き”がきます。 ではせめて、身にまとわないものは、飽きにくいモノを選ぶと長く使えます。 日々使うもの。 スマホやペンやノートやカメラ。バッグや洗濯機やまな板。 そんなこと考えていると、いやむしろ洗濯機いる?ということになってきますよね。 「飽きのこないもの」なんて実は最初から無いのです。 変化していないように見えて、人間もモノも一刻一刻微細に変化しています。それは劣化や成熟というかたちで、長い期間を経て現れてくる。 変化しないものなど、この世にはない。 そんな真理を片隅に置きながら、それでもロングライフデザインなプロダクトを選択することは、モノを増やさないことに役立ちます。 4、身の丈以上のモノを持たない […]

  • パッキングパーティー

    パッキングパーティー

    こんにちは、ときまるです。 三寒四温の日々が続いています。春がそこまできています。 モノ捨てていますか?(この問いかけ、日常生活ではまず出ない笑) なんかすみません、最初からモノ多いと決めつけているみたいで。 先日こんなツイートしました。 モノを減らす「パッキングパーティ」の方法 1、引越しする“つもり”で家の荷物を全て梱包。家具にはシートかける 2、その状態で1週間生活する 3、必要な物はその都度荷解きして出して使う 4、1週間後使わなかった物は全て処分する(売却、譲渡、寄付) 確実に物を減らせます。#ミニマリスト #断捨離 — 田中 常丸 (@tokimarutanaka) February 28, 2020 季節の変わり目ということで、職場を変えたり、学校を卒業するタイミングでもあり、引っ越しや家の整理をしなければならない方、多いのではないでしょうか。 今回は簡単にモノを減らせる「パッキンパーティー」という整理法を書いてみます。 ミニマリストをファッション感覚で行う人は、誰でも通る道です。そんなファンションミニマル野郎の業を、逆に一般の整理整頓に持ち込んでみようと、そういう試みです。 パッキングパーティーにはこのブログでも何度か書いており、出典はこちらの本になりますので詳しく知りたい方はどうぞ。 minimalism posted with amazlet at 20.03.02 フィルムアート社 (2018-08-03)売り上げランキング: 85,252 Amazon.co.jpで詳細を見る 1,家の荷物を全て梱包する 早速パーティーを始めましょう。 多くの荷物に憂鬱になってはいけません。パーティーだと思って楽しくいきましょう。 引っ越しをするつもりで家の荷物を全て梱包します。 各部屋の荷物を全てダンボールにパッキングしましょう。キッチン用品も、お風呂まわりも、服も靴も全てです。 本棚やキャビネット、テレビなどの家具類は、ブルーシートで覆ってしまいます。 これが本来のやり方ですが、ブルーシート買うのが面倒という方は家具はそのままで良いと思います。 もしあなたが引っ越しをする人であれば、引っ越しのついでにこのステップを行うことができますね。 ラッキー。 2,その状態で1週間生活してみる はい、すべて梱包したら本番のはじまりはじまりです。 そのままの状態で1週間生活します。 今のあなたには、何もありません。一本のペンも、カメラも、本も、スマホも(本気の方はスマホも最初の段階でパッキングしてしまいます) 服は今着ているものだけです。他はダンボールに詰めてしまいましたからね。 おっとラッキー、ジャケットの内ポケットに1000円札が入っていました。 それでまずはランチにでも行きましょう。パッキングでつかれた後の腹ごしらえというわけです。 云々。。 3,必要なものは都度出して使う ランチから帰ってきたら、あなたはもう何もやることが無いはずです。 本もテレビもPCもないですから。 仕事のメールをチェックする必要がある? 本当に?自分が行動する前に、一度本当にそれが必要なのか、本当にそれを自分はやりたいのか、考えてください。 […]

  • ミニマリストの旅の持ち物まとめ

    ミニマリストの旅の持ち物まとめ

    これまでに何度かこのブログで、旅の持ち物に関する記事を書いてきました。集合させると、何かしら傾向というか癖みたいなものが見えてくるかもしれないと思い立ち、今回まとめてみようと思います。順不同です。 ミニマルなフォトグラファーのバックパックの中身 フォトグラファーの旅の持ち物 手ぶらで香港編 台湾で 出発 – 香港 旅の持ち物 – 蕎麦をめぐる冒険「松本編」 旅の持ち物 – 弾丸宮崎編 旅の持ち物 – 福岡編 気づき カメラを持っている 本を持っている ペンとノートを持っている バックパックスタイル or 手ぶら 着替えを諦めることで軽量化を図っている 服の素材は化繊、テクニカル系を選ぶ ラップトップを持つことは稀である という感じでしょうか。ここ1、2年で随分スタイルが固まってきたような気がします。カメラ、本、ペン、ノートは毎回必ず持っていってるようです。(もちろんiPhoneも) 最近山に入っているので、服に関しては登山ウェアを旅でも活用するようになりました。 今後、戦略的家出 / 戦略的夜逃げを遂行するために、家での生活用品(もちもの全て)をスーツケース一つとバックパックひとつにまとめれないかと考えています。つまり、スーツケースひとつ分の荷物で生きるということです。 撮影機材関連 旅の撮影機材 仕事編 写真家の旅の機材の選び方、3つのポイント これまでのミニマリズムの実践 物を持たずにシンプルに暮らす Everything I Own ご案内 twitter : @tokimarutanakainstagram : @tokimarutanakanote : Tokimaru