霧雨の中を走る

 仕事を終えて走りに出た。雨は本降りではなかったが、霧のような粒が空気中にあって前方に移動するとそれらが体にまとわりつく感じ。自分から濡れに行っているようで妙な快感がある。気温が低くてとても走りやすかった。22℃くらい。いつもこれくらいだといいのにと思う。走り始めは毎回どうしてこんなに辛いことをやってるのかと思うが、2キロくらい進んだ時にはもう快感に変わっている。夜だと周りが暗くて、足は自動的に音楽に合わせて同じリズムを刻むので、まるで脳だけが前に進んでいるような不思議な感覚に陥る。このような雨っぽい日にはいろんな匂いがする。風がなくても身体を前に進めると、空気は流れるから。自分が風。普段は潜んでいるはずの匂いが、雨によって空気中に現れている感じ。土っぽい匂いやおたまじゃくしの匂いや誰かが吐いたタバコの匂い。走っている時は集中力が増しているせいか、それらは様々な記憶を呼び起こす。昔住んでいた木造の家、友人のベランダと缶ビールとタバコ、どこか遠い場所での季節の変わり目、梅雨の時期に青梅街道をドライブしていた日。そんなことを考えながら走っていると、次第に街ゆく人たちが知人に見えてくる。写真家の先輩がラーメン屋のカウンターに座っていたり、モデル事務所のマネージャーが疲れた顔で歩いていたり。こちらは速度づいているので、一瞬の刹那だ。たぶん本人ではないのにその一瞬が錯覚を助長させる。何かに近いと思ったら、スナップ写真を撮っている感覚だった。通り過ぎた後に「〇〇さんじゃん」と実際口に出して言う。本当はそれが違うのだとわかっていても、言いたくて言っている。それが可笑しくて笑ったりする。相当変態だ。走っていなければ職質を受けそうなくらいには危ない。でも雨の日は暗いので、本当にあの人だったのではないかという思いがしばらく消えない。そんなことをやっているうちに5キロが終わる。ナイキのランニングアプリをずっと前から使っていて、最近は走り終わった後にナイキランクラブの世界中のコーチが褒めてくれる。おそらくコーチは何かのアルゴリズムによってランダムに選ばれている。今日はポートランドのジュリーだった。「君の今日の走りと努力は、誰にも奪われることはないものだわ。やったわね」みたいになかなか気の利いたことを英語で言ってくれる。たぶん実在するコーチがいて、実際そのような言葉を使っているのだろう。汗だくになりながら「サンキュージュリー」とまた実際に口に出して言う。それが終了のシグナルになる。やっぱり相当あぶない感じがする。周りに一応、誰もいないことを確認しながら。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

パタゴニアバギーズショーツのインナーメッシュの本当の意味 [今日から使える]

 なぜだか今日は一日中ショーツについて考えていた。暑かったからだろうか。パタゴニアのバギーズショーツはノーパンで着用するのが最もその性能を発揮できるということに最近気づいてきた。最初は冗談めいて言っていたけれど、あのインナーメッシュはノーパンで履いてこそ効果が出る。その通気性。ハイクやランはもちろん、水にも入ることができてすぐに乾く。もはやショーツ(パンツ)ではなく、下着としてとらえたほうがいいくらいだ。

 下着を着用してさらにその上にバギーズを履くと二重にパンツを履いているようで熱いし蒸れる。だからハイクやランで使う人たちはわざわざインナーメッシュをハサミで切り取って使用しているらしい。ああ、もったいない!あのメッシュが最高なのに。メッシュが不要なら最初からバギーズである必要はなく、無メッシュのショーツを選んだほうがいい。下着を履けば、水から上がった後下着も一緒に乾かす必要があるのでもちろん速乾性は低下する。バギーズだけならそのまま行動していればすぐに乾く。それでも下着を履くのなら乾きの速い化繊かウール素材のものを選ぶ必要がある。

 バギーズを随分称賛してきたし、多くの人に称賛されてきたけれど弱点もある。僕が思うのはポケットのデザインと数。まず正面のポケットが深すぎる。物を入れると形が出て美しさが損なわれる。そして深いのでとても取り出しにくい。バックポケットは右側にひとつしかついていない。深くて形が出るので正面ポケットに物を入れることができないとなると、右後ろの一つに全てを収めなければならない。僕のようなモノを持たない人間には少しきつい仕様だ。せめて二つあれば容量は上がるのに。だがもちろんこれもパタゴニアの思想を反映したデザインの一種だろう。つまり、モノを持つな、自然と遊べ、というような。走る時もそうだけれど、財布やスマホを何も一切持たずに身体ひとつでただ走るのは気持ちがいい。走りに集中できるし自然と一体化できる気がする。そうでもしなきゃ今の僕たちは一日中スマホと離れることがないのではないか?

 そういうわけで、僕はこれからはバギーズを下着と捉えることにする。衣類=パンツにカウントしない。肌に最も近くてずっと履いているので、妙な愛着が湧いている。そして山でも海でも街でも使えるショーツを近々手に入れる予定だ。実はもう注文していてそろそろ届く。最後にお気に入りのローラジョンソンのストーリーを紹介して終わりにする。

「あらゆるアクティビティにそれぞれ別のショーツは必要ない。生涯において良いショーツが1本あればいい」

ローラ・ジョンソン

https://www.patagonia.jp/blog/2018/05/my-pink-baggies/

– https://linktr.ee/tokimarutanaka