Tag: 作例

  • Summicron 35mm ASPH. レビュー

    Summicron 35mm ASPH. レビュー

    はじめに 今年に入ってズミクロン35mmを使うようになったので、このブログでレビューめいたものを書いてみる。noktonの40mmを買おうか迷った末、ファインダーが合わないのが気になり、気がつけばsummicron 35mmをポチっていた。 ライカで使うレンズはどういうわけか今までずっと50mmだった。レンタルして一時的なテストのために、28mm、35mmはズミルックス含めて試してはきた。しかしフィルム時代のMPでも、デジタルになってのM10-Dでも組み合わせるレンズは50mm一本。それも決まってズミクロン。 思えば商業的フォトグラファーを志すようになって、学校を出て初めて買ったレンズもニコンの50mmだった。(FEというフィルムカメラにつけていた) 最初に見たものを「親」と思うヒヨコのように、それ以来僕の中で50mmという焦点距離はひとつの基準というか、基本のようなものになった。 35mmという焦点距離 35mmという焦点距離についてはどうだろう。 これも個人的な経験からしか語ることができないのだが、また一つの基本形であることに変わりはない。そしておそらく僕がここ10年間で最も多用してきた焦点距離だ。 写真をはじめて間もない頃、尊敬する写真家の先輩と高円寺の喫茶店で話している時、なにかの流れで彼がJuergen Tellerが主に35mmを使っていることを教えてくれた。(その後機材まで全く同じコンタックスG2を買うことになる)僕はそれ以来、35mmの魅力に取り憑かれて、ひたすらに35mm判の35mm焦点でいくことになった。もし彼が、ヨーガンに、あるいは写真やカメラについて語ってくれなかったら僕は今頃写真をやってなかったとさえ思う。誇張ではなく。 それくらいに、僕は焦点距離や機材に関して無頓着に写真を撮っていた。当時勤めていた制作会社でもズームレンズが基本だったから、考える余地もなかったのかもしれない。 35mmレンズを使う写真家たち それ以来、35mmの写真家たちを追いかけることになった。 ヨーガンをはじめ、Josef KoudelkaにLee Friedlander、Matt StuartやAlex Webb。Ari Marcopoulos、マーク・ボスウィック、Stephen Shore。それから僕の個展にコメントを寄せてくれた、Bryan Derballa。 荒木経惟、沢渡朔、鈴木親、ヒロミックス、Sandy Kim、奥山由之、笠井爾示、半沢健。 ライカ使いで言えば、瀧本幹也、佐藤健寿、操上和美に藤代冥砂、桑島智輝。(敬称略)などなど。全て僕の間接的な”先生”たちだ。 挙げればきりがない。それほど使う写真家は多く、普遍的な焦点距離だとも言える。 もちろんここに上げた写真家たちは35mmだけを使うわけではない。だが、35mmで多くの素晴らしい作品を残している。 なにより、35mmは旅の香りがする。そして僕は上に述べたような普段バチバチの商業写真を撮影しているような写真家が、日常や、旅の途中に撮る写真がたまらなく好きだ。ささやかな物語を自分ごとのように感じられるし、35mmというフォーマットには親密性があり、それがとても写真的に伝わるから。 現行ズミクロン ライカレンズはその耐久性と同じマウントを使用していることから、50年前のレンズでも今使うことができる。そのためレンズ構成のアップデートにより、何世代、〇〇ジェネレーションといった呼び方をされる。 世代による描写比較、みたいなものは他のブログに任せるとして、ここでは僕が使用している現行のズミクロン35mmについて書く。 現行は世代的には4世代目となり、発売日は1997年。意外と古い。主な構成は変えずに、コーティングや細部をリニューアルして2016年に登場したのが、この「現行」と呼ばれるズミクロンだ。 4年前ということなので、他のメーカー感覚からすると古く感じるかもしれない。しかしライカの場合「レンズにセンサー開発のほうを合わせる」という他とは逆の方法をとっているため、レンズ寿命は遥かに長くなってくる。 個人的にはこの「現行デザイン」が好きだ。50mmも現行を使用している。 このように時代に合わせてデザインされたという解釈を勝手にしています。真相は定かではないけれど。 描写力と使い勝手 見出しをつけておきながら、描写力って、言葉にすることが難しい。 「開放からキレる」と言われればそんな気もしてくるし「絞り込めば隅々までシャープ」と言われればそういう気もしてくる。ボージョレ・ヌーボーが毎年「比較的にだいたい良い」ように、ライカレンズもどこにでもだいたい同じような「良い」ことが書かれている。 何より画像圧縮度合いや、ボディ、閲覧環境によっても大きく変わってくる。だから僕は描写力について述べることをいつも躊躇してしまう。 そして個人的にも「高い描写力」みたいなものを最初から求めていない。それよりも、どこでも持っていけるコンパクトさと、そこそこ写る(と思わせてくれる)感じと、ちょっとやそっとでは壊れない耐久性。正直な話、それがあればどんなレンズでもいい。 でもその条件を満たすレンズというのは案外少ない。Summicron 35mmは見事に満たしている。だから使っている。 ここでは写真をあげることで、その性能の説明に代えさせてください。 50mmレンズもそうだけど、引き寄りで標準っぽくも広角っぽくも使える。 デジタルにおいて「トーン(色味)」はセンサーに左右されることが多いけれど、さすがにセンサー側に寄せてレンズ開発されているだけあって、jpegでサラッと撮影してもなんの違和感もない。ハイライトも心地よく抜けてくる。 ブツ撮り。金属表現はズミクロンが得意とするところ。なぜだろうと考えてみたら、それはおそらくシャドーが良い締まり方をするからだろう。 コンパクトだと毎日持ち歩ける。持ち歩けるとストリートでブツ撮りができる笑。 35mmは金属製のはめ込み式レンズフードが純正で付いている。僕は取り回しやすさの観点から、フードなし、リング付けで持ち歩くことが多い。そうするとズミクロンの50mmよりもコンパクトな撮影システムができあがる。 山でも、街でも、旅行でもオールラウンドに使える。風景写真のように50mmだと少し窮屈さを感じる場面でも、35mmならなんとか上手くまとまる。そして一眼レフのように移動の妨げにならない。 花のような身近なものを撮るのに、35mmほど適した焦点距離は無いだろう。昔のコンパクトフィルムカメラによく使われていたことを考えれば納得だ。 最短撮影距離はライカ標準の70cmだが、引いても寄っても心地よい。マクロで撮れないもどかしさも、時にはそれがレンジファインダーライクな味となる。 人生をドキュメントするにあたり、僕は50mmと35mmがあればもう何もいらないと思うようになった。そういう意味では、50mmでも35mmでもどちらでも良いはずだ。しかし、35mmで譲れないところがひとつある。それは飲み会での向かいの席を撮れるということだ。50mmだとどうしてもひとりにフォーカスされてしまい難しい。35mmは上手く収まるし、とっさの集合写真にも対応できる。そこが好きだ。 テクニカルデータ レンズ構成 5群7枚 […]

  • 桜を撮る!4つのポイント

    桜を撮る!4つのポイント

    こんにちは、ときまるです。 本日、桜がもう開花したとのニュースが。 早い。 東京で桜が開花 観測史上最速 23日に満開見込み – 毎日新聞 https://t.co/We9X6hmgjf — 田中 常丸 (@tokimarutanaka) March 15, 2020 早いですね。 世界中で多くの混乱が起きていますが、季節は確実に変わりつつあるようです。 今日は桜の撮り方について書いてみます。 撮り方、なんてそんなたいそうなものでも無いのですが。 4つのパターンを覚えておけば、桜写真にバリエーションが出せますよ、というものです。 最後に被写体主義と既視感についてまとめます。なぜパターン化することで写真が上手く見えるのか。 それではさっそく行ってみましょう。 1、寄ってみる 定番ですね。寄ってみます。 背景にも桜をぼかして入れて、空の抜けも意識すると良いでしょう。 桜のピンクと空のブルーという組み合わせだけで、春を演出できます。 こちらはリコーのGRというカメラで撮影しています。 コンパクトなのにマクロモードがついているので、寄って撮れる最強のカメラです。画質も申し分なしです。 RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041 posted with amazlet at 20.03.15 リコー (2019-03-15)売り上げランキング: 9,041 Amazon.co.jpで詳細を見る 2、引いてみる 寄ってみたら、今度は引いてみましょう。 桜の木全体を写すのです。 画角は24~28mmくらいの広角がよいでしょう。 引き写真の時は、画面を占める被写体の割合を意識してください。 上記の写真は、桜8、芝1、空1くらいの割合になっていて、桜を中心とした構成になっています。 風が強い日に撮影すると、桜が宙に舞う絵を撮ることができます。三脚を使って瞬間を待ち望む系も良いです。 こちらの桜はニコンのD系で撮影しています。 趣味でも仕事でも使えるハイエンドなカメラで、桜を撮るにはなんの問題もありません。解像度が大きなモデルは本格的な風景写真を撮るのに適しています。 Nikon デジタル一眼レフカメラ […]

  • レンジファインダーカメラを最大限に楽しむ設定

    レンジファインダーカメラを最大限に楽しむ設定

    Setting of Rangefinder Camera 今回はレンジファインダーを楽しむための設定について考えてみます。 レンジファインダーとは? レンジファインダーカメラとは、光学視差式距離計が組み込まれており、距離測定に連動して撮影用レンズの焦点を合わせられるカメラのことである。レンズの繰り出し量などを測定することで合焦装置と光学距離計を連動させ、スプリットイメージや二重像の重ね合わせによりピント合わせを行う。 Wikipedia レンジファインダーの利点 ・一眼レフより断然コンパクト・ミラーが無いので、ミラーショックが発生せず、低シャッター速度でもブレにくい・シャッター音が小さい・ファインダーが光学式であるため、被写体をそのまま見ることができる などが上げられます。 レンジファインダーの欠点 ・パララックスが発生する(ファインダーの像と出来上がる写真の構図に微妙なズレが生まれる)・レンズキャップをしたままでもシャッターが切れる・マクロ撮影が苦手(最短撮影距離が長くなる) などが上げられます。 しかし、最近のデジタルなレンジファインダーであれば、パララックスの補正機能がついていたり、マクロモードがついていたりと、それらの弱点をほぼカバーできるような構造になっています。 カルティエブレッソンの設定で 20世紀を代表するフランスの写真家に、アンリ・カルティエ・ブレッソンという人がいます。 写真をしている人であればほぼ知っている写真家でしょう。 ストリートやドキュメンタリー写真を中心に活躍し、多くの名作を残しました。グローバルな写真家集団「マグナム・フォト」の設立者のひとりでもあります。 レンジファインダーを楽しむ最も簡単な方法は、ブレッソンのセッティングをそのまま真似ることです。 M型ライカに50mmレンズであればほぼ同じですが、他のカメラでも構いません。そして シャッタースピードは1/125、絞りF8、iso100、距離5mに設定します あとは好きな瞬間をフレーミングして、シャッターを押せば写真ができあがります。 ブレッソンはこの設定で固定し、人物の動きが最も美しい配置を構成する瞬間を狙ってシャッターを切っていました。 この設定で絞りを8まで絞ると、3m~12mくらいまでピントが合います。ほぼパンフォーカス的になるので、ピント合わせの必要がないということです。(感覚的に微調整はしますが)この手法をゾーンフォーカスシステムといい、多くのストリートフォトグラファーの間で使われています。 露出にシビアになりすぎないこと レンジファインダーを楽しむコツは、露出にシビアになりすぎないことです。 ブレッソンの設定で撮ると、必ずしも適正露出で撮影できるとは限りません。 過去に、この記事で16ルールについて書きましたこれ1つでOK、フィルム写真の露出の決め方 ブレッソン設定のポイントは、ネガフィルムの感覚でデジタルを使うというところにあります。 写ルンですの気分で ネガフィルムで設定不要のカメラと言えば、写ルンですがあります。 僕はライカをちょっと重い写ルンですと捉えています。(値段はさておき) レンジファインダーは見えていることで速写が可能になるということは前にも書きました。 写ルンです同様に、カメラの設定は固定しておいて、撮る瞬間はただ押すだけです。 デジタルであればrawで撮影することにより、ある程度の露出差は後処理でカバーできます。これは写ルンですの適当なネガを、ラボの現像処理で適正まで持っていくやり方となんら変わりません。写ルンですをお店で現像すると、なんとなくちゃんと仕上がって来ますよね。あれは撮影時にきちんと撮れているわけではなく、バラバラな露出をラボの現像機で自動調整しているのです。 また、最近のデジタルカメラのレンジは広いので、ネガフィルムのラティテュードに匹敵するか、それを越える可変域があります。 個人的には、後処理さえしないという方法もおすすめです。後処理をしないということについてはこちらの記事で書いています。現SNS時代に、あなたの写真を7倍良くする、たった1つの方法 好みのトーンのカメラをjpec撮って出しで使えば、状況によっては、現場の雰囲気がよりリアリティを持って立ち現れてくる場合があります。 そんな人の写真を見ると、グッと動かされる何かがあるのです。 ちなみに今回の設定は、晴天の日中・屋外、という条件でのみ使えます。 その他の条件でおすすめのセッティングはnoteで書いていますのでこちらもどうぞ。

  • Leica M10-D のすべて

    Leica M10-D のすべて

    All about Leica M10-D 先日Leica M10-Dのショット数が10000枚に達しました。 レビュー的なブログはしばらく使ってからにしようと思い、10000枚というラインをなんとなく設けていました。 こちらでも書いたように依頼仕事でも、日常でもこればかり使ってきたため、案外早く達してしまいました。 Leica M10が発売され、お決まりのごとくLeica M10-Pが発売され、Leica M10-Dが登場しました。デジタルなのに液晶を排除するという流れは、M-Dというモデルからはじまりましたが、M10-Dはその流れを組む完成形のモデルだと思います。 以下、使用感まとめます。それぞれリンクよりどうぞ。 1,Leica M10-D の携行性 フィルムライカと同じサイズに。そして他のカメラには無いサイズに対するフルサイズセンサーという優位性があります。 2,Leica M10-D の操作性 フルマニュアルで直感的な操作ができるのが最大の特徴です。シンプルでミニマル、道具として使えば使うほど、身体化できます。 3,Leica M10-D の速写性 レンジファインダーの魅力を再確認しました。 4,Leica M10-D の描写性 描写はレンズによって決まりますが、センサーでも決まります。M10-Dはとても心地よいセンサーを積んでいます。 5,ズミクロンについて ズミクロンの使用感について述べています。無人島にひとつだけ持っていくレンズを選べ、と言われたらおそらくこれを選択します。 6,Leica M10-D の堅牢性 M10-Dの耐久性について書いています。 ライカについての読みもの たったひとつのカメラ Summicron 35mm ASPH. レビュー Leica M10-D センサークリーニング方法 簡単! LeicaM10Dのファームウェアアップデート方法 レンジファインダーカメラを最大限に楽しむ設定 再会して再開する、M10-D フォーカスが速い、ということ noteでは設定や使用法をさらに詳しく解説し、作例も交えた完全版として更新中ですので、これからライカを使いたい方や、深く学びたい方はあわせてどうぞ。 M10-D テクニカルデータ 製品名 : Leica M10-D […]

  • Leica M10-D の堅牢性

    Leica M10-D の堅牢性

    Robustness of Leica M10-D 触れてみればその頑丈さがわかる。重く、冷たく、硬い。 M型はフィルム時代から、その耐久性は一生モノと称されてきた。デジタルも同様に、ちょっとやそっとじゃ壊れない、長く使えそうな雰囲気がある。M10-Dに関して言えば、割れる液晶画面すら無いので、その耐久性はフィルム時代を追従しているのではないだろうか。 マグネシウム合金ダイキャストのフルメタル。トップとベースプレートは真鍮製のクローム仕上げ。ペイントではないので、塗装剥がれは発生しない。そして防塵防滴シーリング。 M10は合成レザー、Dはなぜかリアルレザー。その差別化、必要だろうか。 ライカで釘を打てるとか、振り回せば武器になるとか、物騒な都市伝説は尽きることを知らない。しかしどれも現実になり得る。 先日手元のボディが、10000シャッターに達した。 動作トラブルは一度も起きていない。今後続けて使っていくことが、デジタル機におけるリアル耐久性テストとなりそうだ。 最後にライカPMDのステファンの言葉を引用しておく。 ライカはカメラマンの為の道具ですから、贅沢品という風には位置づけていません。それでも高いと言われることもあるのですが、それは真面目に材料や部品を選び、職人の手で一台一台作り上げたらこうなったのです。 – Stefan Daniel Leica M10-D のすべてにもどる

  • ズミクロンについて

    ズミクロンについて

    All about Summicron 50mm ライカと言えばエルマーとズミクロン。これについては多くで語られているので、僕が新たに語るべきことは何もないように思える。 それにしては随分背伸びしたタイトルで、個人的な経験からその魅力を少しでも描き出せるように。 フィルム時代は2ndを使っていたが、今回M10-Dにアップデートするにあたり、ズミクロンも新型にしてみた。 新型といっても現行は1994年の発売。僕がロックさえも聞いていない、米米CLUBやシャ乱Qやモーニング娘。の古き良き時代の製品だ。 光学設計は1979年から変わっていない。そんなレンズが2020年のデジタルカメラで難なく使えてしまうのが驚きである。それは描写性の回でも述べたように、センサーのほうをレンズに合わせて開発しているからこそなせる業なのだろう。 50mmと言えば、標準レンズのド定番。引けば広角的にも使え、寄れば圧縮感も表現できる。逆に、人間の視覚に近いので、一見面白味に欠ける画角でもある。 開放からキレる。F4まで絞れば、周辺も解像感も十分だ。 中口径、高画質、小型で軽量という、バランス感が良い。重さは240グラム。 描写はリアリティにあふれて、シリアスな印象もある。都市のドキュメンタリーに相応しいけれど、自然や有機物も写る。 柔らかな雰囲気のポートレートから、鋼鉄多めの建築写真までいけるオールマイティさがある。 思いつくままに印象を書いてみた。正直に言うと、これ一本で良いんじゃないかと思っている。 デイリーユースの画角を、50mmと35mmで迷っている人は多いように思う。フォトグラファーの永遠の課題と言っても良い。 両方経験すれば好みがわかってくるので、好きな方を使えば良いと思う。 最初の一本を選ぶなら、今なら僕は50mmをおすすめする。 カメラを始めたばかりの人なら、ボケ感がしっかり出るから。 そして広角側は誰もが持っているiPhoneで撮れるから。(iPhoneの画角は28mmくらい)だから、50mmを使うことで、iPhone写真と差別化できる。使い分けもできる。 描写に関しては、いくら文章で云々書いても伝わらない。 どのレンズにも言えることだが、自分で使って撮ってみるのが最も手っ取り早い。ただ写真から感じるしかない。 Leica M10-D のすべてにもどる

  • Leica M10-D の描写性

    Leica M10-D の描写性

    Depiction of Leica M10-D カメラの描写性能はボディよりもレンズによって決まる、ということは多くの撮影者の間で異論のないことだろう。それはどのカメラでも基本的に変わらない。 ライカが他のカメラと違う点がひとつある。それはイメージセンサーに合わせて新たなレンズを開発するのではなく、レンズに合わせてイメージセンサーが開発されていることだ。 60年以上も同じマウントのレンズが支障なく使えるのは、M型レンズに合わせてセンサーがチューニングされているということが大きい。 それはM型以外のモデル、S, SL, Q, CLでも変わらず貫かれている。 M10-Dに関しては、ライカPMDのステファン・ダニエルいわく、「CCDセンサーに寄せたM9ライクなトーン」にチューニングされているらしい。 確かに吐き出されるDNGファイルは、ハイライト側の粘りが強く、シャドウもしっかり沈みコントラストが高く、ライカ特有のウォームな雰囲気をまとっているように思える。 とは言え、m9のように後処理しづらい感じでもなく、トーニング/レタッチ派にも受け入れられそうなレンジがある。 処理エンジンは Leica Maestro Ⅱ、24 x 36mm のCMOSイメージセンサーを積んでいる。 フルサイズで往来のM型のサイズ感ということが、他のメーカーには無い優位性がある。そろそろフジやリコーあたりが、あのサイズ感でフルサイズを搭載してきそうな時代だが、ライカが長い間35判でM型レンズと、フルサイズセンサーのマッチングを経験してきたところに、道具として使う安心感がある。 僕に関して言えば、レンズはもっぱらズミクロンだ。MPのフィルム時代から、50mmを愛用している。ズミクロンに関してはこちらで書きます。 Leica M10-D のすべてにもどる