パタゴニアバギーズショーツのインナーメッシュの本当の意味 [今日から使える]

 なぜだか今日は一日中ショーツについて考えていた。暑かったからだろうか。パタゴニアのバギーズショーツはノーパンで着用するのが最もその性能を発揮できるということに最近気づいてきた。最初は冗談めいて言っていたけれど、あのインナーメッシュはノーパンで履いてこそ効果が出る。その通気性。ハイクやランはもちろん、水にも入ることができてすぐに乾く。もはやショーツ(パンツ)ではなく、下着としてとらえたほうがいいくらいだ。

 下着を着用してさらにその上にバギーズを履くと二重にパンツを履いているようで熱いし蒸れる。だからハイクやランで使う人たちはわざわざインナーメッシュをハサミで切り取って使用しているらしい。ああ、もったいない!あのメッシュが最高なのに。メッシュが不要なら最初からバギーズである必要はなく、無メッシュのショーツを選んだほうがいい。下着を履けば、水から上がった後下着も一緒に乾かす必要があるのでもちろん速乾性は低下する。バギーズだけならそのまま行動していればすぐに乾く。それでも下着を履くのなら乾きの速い化繊かウール素材のものを選ぶ必要がある。

 バギーズを随分称賛してきたし、多くの人に称賛されてきたけれど弱点もある。僕が思うのはポケットのデザインと数。まず正面のポケットが深すぎる。物を入れると形が出て美しさが損なわれる。そして深いのでとても取り出しにくい。バックポケットは右側にひとつしかついていない。深くて形が出るので正面ポケットに物を入れることができないとなると、右後ろの一つに全てを収めなければならない。僕のようなモノを持たない人間には少しきつい仕様だ。せめて二つあれば容量は上がるのに。だがもちろんこれもパタゴニアの思想を反映したデザインの一種だろう。つまり、モノを持つな、自然と遊べ、というような。走る時もそうだけれど、財布やスマホを何も一切持たずに身体ひとつでただ走るのは気持ちがいい。走りに集中できるし自然と一体化できる気がする。そうでもしなきゃ今の僕たちは一日中スマホと離れることがないのではないか?

 そういうわけで、僕はこれからはバギーズを下着と捉えることにする。衣類=パンツにカウントしない。肌に最も近くてずっと履いているので、妙な愛着が湧いている。そして山でも海でも街でも使えるショーツを近々手に入れる予定だ。実はもう注文していてそろそろ届く。最後にお気に入りのローラジョンソンのストーリーを紹介して終わりにする。

「あらゆるアクティビティにそれぞれ別のショーツは必要ない。生涯において良いショーツが1本あればいい」

ローラ・ジョンソン

https://www.patagonia.jp/blog/2018/05/my-pink-baggies/

– https://linktr.ee/tokimarutanaka

ワードプレスを5.6にアップデートして新テーマTwenty Twenty-oneを導入してみた

ワードプレスのバージョンを5.6にあげたついでに、テーマをtwenty-twenty oneにしてみました。

ブラウザ上での編集感覚をテストするためにこの記事を書いています。

ブロックエディタにもだいぶ慣れてきましたが、最初は使いづらかったです。

このようにドロップキャップ等も日本語には不向きな気がしています。。

ワードプレス自体が「英語」を前提に開発・デザインされているなと、使う度に思うのです。

フォントが最初から超大きくなっているのも、英語で書けば違和感がないです。しかし日本語で書くと、わぁあでけぇ!オフィシャルテーマを使う人は誰しも思っているのではないでしょうか。

それでも更新される度に、少しづつかゆいところに手が届く仕様になっていて、いつしか密かな楽しみになっています。

今回のtwenty-twenty oneはよりミニマルなデザインになり、背景カラーやダークモードも搭載して、オシャレ度がアップしています。下北沢から表参道に引っ越してきたような感じです。

テーマ変えただけでサイト速度も若干上がりました。

直感的に編集できるので、ブログ初心者の方にもおすすめです。ワードプレスは今巷で流行っているノーコードの走りみたいなものですので。

最近はノートで記事を書くことが多くなっているので、ブログの更新頻度が減っていますが、新たなバージョンで少し新鮮な気分を得ることに成功しましたので、こちらにも書いていければと思っています。

https://note.com/tokimaru

それではよい週末をお過ごしください。

All in one SEO

と、ここで終わろうと思ったのですが、All in one SEOプラグインのコンバートが更に強くなっていて、ほぼオフィシャルとして統合されている印象です。

自動的にページ解析をしてくれて、記事の内容がSEO的に充分であるかを判断してくれます。

余計なお世話といえば余計なお世話ですが、おそらくグーグルに基づいた世界基準の指標で判断してくれているのではないかと予想がつきます。

編集ページの最後にエラー表示がされました。

どうやらこの記事は

・文章量が足りない
・インナーリンクが無い
・タイトルが短すぎる

ようです。

ここまで判断してくれるのはびっくりです。ひとまずインナーリンクを加えてみます。

https://www.tokimarublog.com/store/

おお、加えた途端にグリーンになりました。

ちなみに上記はtokimarutanakaのオフィシャルストアで、作品や変なものを販売していますのでよろしくどうぞ。

更に気づいたのですが、更新ボタンの横にSEOのチェッカーボタンが。

インターリンクを加えた瞬間にこちらもグリーンに変わったので、ページ解析の内容とリンクしているようです。そして89/100というのはおそらくスコアです。

ここまで来たら100にしたいです笑

ごちゃごちゃと書いて文章量を稼いでいるのですが、なかなかContent Lengthがクリアになりません。どの程度書けばよいのでしょうか。

その間にもうひとつの問題、タイトルの長さを解決したいと思います。

今は「WP5.6 & twenty-twenty one」というタイトルをつけています。英語のみのタイトルにした時のサイト上での見え方を検証するため、全てローマ字で何も考えずにつけました。テーマのデフォルトのデザイン特性を少しでも理解したかったからです。

これで短いと判断されていますので、変えてみます。

「ワードプレスを5.6にアップデートして新テーマTwenty-twenty oneを導入してみた」

くどいです笑 普段だと僕はなかなかつけないタイトルです。

しかし、タイトルはクリアとなりました。

まだ記事の長さは満たされません。しかし更新ボタン横のチェッカーは100点のスコアを叩き出しました。

今気づいたのですが、これはもしかすると実際の記事内容の文章量ではなく、All in one SEOセッティング上のMeta Descriptionの文字数を指しているのかもしれません。

書き換えてみます。

メタディスクリプションは、検索時にサイト名の下に現れるサイト概要を示します。推奨が160文字とされているので、154文字まで増やしてみました。

しかし、Content Lengthはクリアにならずです。。

やはり、実際の記事内の量で計算されているようです。ここまで書いてきましたが、結構書いたと思うのですが、SEO的にはまだまだ足りないようです。

他にも「フォーカスキーフレーズ」等の高度な概念もありますので、実務レベルでSEOを行うにはまだまだ勉強すべきことが多いです。

それでも今回のアップデートで、記事に何が足りないのかをプラグインが判断してくれるため、よりよいコンテンツを作る手助けになるのではないでしょうか。

ワードプレスが公式に出している基準に従って、コンテンツを作っていくことは、より有益なものを生み出す近道になるかもしれません。これからブログを始める人にはとても良い環境かなと思いますので、新バージョンへのアップデートをおすすめします。

SEOはグーグルのさじ加減により頻繁にルールが変わるため、常に新たなアップデートが必要な分野です。追いつくのに必死ですが、楽しみながら学ぶ姿勢を忘れずいきたいところです。

(まだ文章量満たされない。。)

終わります。

Leica M10-D のすべて

All about Leica M10-D

先日Leica M10-Dのショット数が10000枚に達しました。

レビュー的なブログはしばらく使ってからにしようと思い、10000枚というラインをなんとなく設けていました。

こちらでも書いたように依頼仕事でも、日常でもこればかり使ってきたため、案外早く達してしまいました。

Leica M10が発売され、お決まりのごとくLeica M10-Pが発売され、Leica M10-Dが登場しました。デジタルなのに液晶を排除するという流れは、M-Dというモデルからはじまりましたが、M10-Dはその流れを組む完成形のモデルだと思います。

以下、使用感まとめます。それぞれリンクよりどうぞ。

1,Leica M10-D の携行性

leica camera

フィルムライカと同じサイズに。そして他のカメラには無いサイズに対するフルサイズセンサーという優位性があります。

2,Leica M10-D の操作性

leica M10-D

フルマニュアルで直感的な操作ができるのが最大の特徴です。シンプルでミニマル、道具として使えば使うほど、身体化できます。

3,Leica M10-D の速写性

leica finder

レンジファインダーの魅力を再確認しました。

4,Leica M10-D の描写性

depiction of m10d

描写はレンズによって決まりますが、センサーでも決まります。M10-Dはとても心地よいセンサーを積んでいます。

5,ズミクロンについて

summicron 50mm

ズミクロンの使用感について述べています。無人島にひとつだけ持っていくレンズを選べ、と言われたらおそらくこれを選択します。

6,Leica M10-D の堅牢性

leica m10d top

M10-Dの耐久性について書いています。

ライカについての読みもの

たったひとつのカメラ

Summicron 35mm ASPH. レビュー

Leica M10-D センサークリーニング方法

簡単! LeicaM10Dのファームウェアアップデート方法

レンジファインダーカメラを最大限に楽しむ設定

再会して再開する、M10-D

フォーカスが速い、ということ

noteでは設定や使用法をさらに詳しく解説し、作例も交えた完全版として更新中ですので、これからライカを使いたい方や、深く学びたい方はあわせてどうぞ。

leicam10-d

M10-D テクニカルデータ

  • 製品名 : Leica M10-D (Typ 9217)
  • 型式 :レンジファインダー式デジタルカメラ
  • レンズマウント :ライカMバヨネットマウント方式
  • 使用レンズ :ライカMレンズ
  • ファインダー形式 :大型ブライトフレームファインダー/レンジファインダー、パララックス自動補正機能付き
  • 画像処理エンジン :LEICA MAESTRO(ライカ・マエストロ)II
  • 撮像素子 :CMOSイメージセンサー、約24 x 36mm、2400万画素
  • ISO感度 :ISO100~50000相当
  • 記録媒体 :SDメモリーカード(2GBまで)、SDHCメモリーカード(32GBまで)、SDXCメモリーカード(2TBまで)
  • バッファメモリー :2GB
  • WLAN :WLAN機能はアプリ「Leica FOTOS」との組み合わせでのみ使用可能。アプリはApple App Store(TM)またはGoogle Play Store(TM)で入手可能。
  • 本体 :マグネシウム合金ダイカストのフルメタル、レザー外装、トップカバーおよびベースプレート:真鍮製、ブラッククローム仕上げ
  • 660g バッテリー含む
  • 139x80x37.9 幅、高さ、奥行き

ライカの購入は多数の取り扱い実績と、中古品のオフィシャルメンテナンスもしっかりしているマップカメラが個人的にはおすすめです。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

x100fを使う前に行いたい5つの設定

こんにちは、トキマルです。

LeicaQを持ち出す機会が減り、最近またx100fの出番が増えてきました。

軽さ、コンパクトさ、そしてファインダーがあるということ。

どちらも特徴のあるカメラですが、機動性をもってスナップする喜びにここに来て再び触れています。

今回はx100fの使い始めのおすすめセッティングを書いてみます。

レンズ非交換式コンパクトカメラを選ぶ理由

Hong Kong 2018 by DP1 ©tokimaru

これまで固定焦点距離のカメラを好んで使用してきた。
最近だとLeicaQ、Fujifilm x100f、s、Sigma DP2、リコーGR。フィルムであればBig mini、Contax T2、T3。

DaVinci Resolve の使い方

ブログをしばらくサボっている間に

読み、書き、そろばんみたいに、動画撮影と編集が当たり前の世の中になっていました。

みなさんいかがお過ごしですか?

カメラ遍歴

写真家は、カメラのことなど、どうでも良いと思っている。「道具じゃない、気持ちだ」なんて、ばりばりの精神論、こてこての体育会な写真スタイルを実践する人が今でもまわりにいるだろう。でもそれも案外嫌いじゃない。むしろ、写真に”情”を導入することは、日本的写真のひとつの特徴であり、ヨーロッパやアメリカのアカデミックな文脈ではまず考えられないことだから、始めて日本の写真に触れる外国人はまずそこに驚く。「え、写真って、気持ちで撮っていいんだ」と。

ミニマリストが残した4つのコスメ

フォトグラファーの撮影後の6つのフローについて

profoto-7s