Tag: 初心者

  • 桜を撮る!4つのポイント

    桜を撮る!4つのポイント

    こんにちは、ときまるです。 本日、桜がもう開花したとのニュースが。 早い。 東京で桜が開花 観測史上最速 23日に満開見込み – 毎日新聞 https://t.co/We9X6hmgjf — 田中 常丸 (@tokimarutanaka) March 15, 2020 早いですね。 世界中で多くの混乱が起きていますが、季節は確実に変わりつつあるようです。 今日は桜の撮り方について書いてみます。 撮り方、なんてそんなたいそうなものでも無いのですが。 4つのパターンを覚えておけば、桜写真にバリエーションが出せますよ、というものです。 最後に被写体主義と既視感についてまとめます。なぜパターン化することで写真が上手く見えるのか。 それではさっそく行ってみましょう。 1、寄ってみる 定番ですね。寄ってみます。 背景にも桜をぼかして入れて、空の抜けも意識すると良いでしょう。 桜のピンクと空のブルーという組み合わせだけで、春を演出できます。 こちらはリコーのGRというカメラで撮影しています。 コンパクトなのにマクロモードがついているので、寄って撮れる最強のカメラです。画質も申し分なしです。 RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041 posted with amazlet at 20.03.15 リコー (2019-03-15)売り上げランキング: 9,041 Amazon.co.jpで詳細を見る 2、引いてみる 寄ってみたら、今度は引いてみましょう。 桜の木全体を写すのです。 画角は24~28mmくらいの広角がよいでしょう。 引き写真の時は、画面を占める被写体の割合を意識してください。 上記の写真は、桜8、芝1、空1くらいの割合になっていて、桜を中心とした構成になっています。 風が強い日に撮影すると、桜が宙に舞う絵を撮ることができます。三脚を使って瞬間を待ち望む系も良いです。 こちらの桜はニコンのD系で撮影しています。 趣味でも仕事でも使えるハイエンドなカメラで、桜を撮るにはなんの問題もありません。解像度が大きなモデルは本格的な風景写真を撮るのに適しています。 Nikon デジタル一眼レフカメラ […]

  • 逆光写真を撮る!3つのコツ

    逆光写真を撮る!3つのコツ

    こんにちは、ときまるです。 最新iPhoneの三つ目カメラ随分良さそうですね。周りでも増えてきています。 最近のスマホやデジカメは逆光を自動で補正するようにプログラムされています。iPhoneは標準でHDR(High Dinamic Range)モードも搭載されており、明るい部分と暗い部分をいいとこ取りした表現が誰でも可能です。 それでもなんとなく、逆光が上手く撮れない。苦手だな〜と感じている方は多いのではないでしょうか。 今回はフォトグラファー視点から、逆光写真の撮り方のポイントをまとめてみます。 具体的な設定と、理論的な話も最後に少ししてみます。これを知っておけばもう逆光を恐れることはなくなります。 光に対してどこまでも突き進んでください。笑 無理に明るくしない 教則本や写真教室でよく言われるのが 「逆光の時は、露出補正をプラス1〜2に設定して撮りましょう」 というものです。 確かにこれは間違いではありません。(次のトピックではこちらの理論を使用しています) しかし、どのような逆光かを見極めるということが重要です。全てにおいて、逆光=プラス補正ではないことを覚えておきましょう。 例えばこちら ビーチで子どもたちが遊んでいる写真です。 露出補正無しで撮影しています。 この条件で、人物に明るさをあわせてしまうと、「夕陽感」が損なわれていまいます。 太陽の輪郭が損なわれないくらいの露出で、完全に人物は黒く潰れています。 それでも夕暮れの雰囲気や、子供たちの遊んでる、”なんかやってる感”が出ていると思います。 無理に明るくせず、影や輪郭による逆光表現を楽しむ。 これが1つめのポイントです。 直射でない時は、人物の明るさを出してもよし さてふたつ目の例です。 見出しの通り、逆光が直射光でない時は、人物の明るさに露出を合わせると良いでしょう。 このような例です。 後ろがカーテンで、光が拡散され、柔らかな逆光が差している条件です。 このような条件では、定番通り、露出補正をプラス側に振って撮影します。 人物の表情も出て、画面全体も明るくなります。 なぜ「直射でない時は」という条件なのかは、太陽光が入ってしまうと場合によっては部分的に飛んでしまうからです。 もちろん、屋外のド逆光で、髪の毛だけがハイライトされる人物写真もありと言えばありです。ハマれば美しい写真になるでしょう。しかし条件によっては難易度が高いということは覚えておいてください。 逆光で人物を撮るメリット 逆光でポートレートを撮るメリットはいくつかあります。 肌がきれいに見える(荒れを隠せる) 柔らかい雰囲気を出せる モデルが眩しくないので、目を開けていられる 主にこのような利点があげられます。 デジタルと逆光写真の相性の良さ 3つめは理論的な話になりますが、デジタルでの表現と、逆光写真の相性は実は意外に良いという点。 このようなツイートをしました。 ディスプレイは逆光写真との相性が良い。紙媒体は逆光表現が苦手だけど、ディスプレイはそれ自体が発光しているので、私たちのスマホでの鑑賞環境は常に逆光となるからだ。これから先、新たな媒体が出る度に写真表現も変わると思う。#夕陽 #風景 #風景写真 #35mm #写真論 #フォトグラファー pic.twitter.com/XwMiWSoW1T — 田中 常丸 (@tokimarutanaka) March 7, 2020 […]

  • x100fを使う前に行いたい5つの設定

    x100fを使う前に行いたい5つの設定

    こんにちは、トキマルです。 LeicaQを持ち出す機会が減り、最近またx100fの出番が増えてきました。 軽さ、コンパクトさ、そしてファインダーがあるということ。 どちらも特徴のあるカメラですが、機動性をもってスナップする喜びにここに来て再び触れています。 今回はx100fの使い始めのおすすめセッティングを書いてみます。

  • DaVinci Resolve の使い方

    DaVinci Resolve の使い方

    ブログをしばらくサボっている間に 読み、書き、そろばんみたいに、動画撮影と編集が当たり前の世の中になっていました。 みなさんいかがお過ごしですか?

  • カメラマンになる方法まとめ

    カメラマンになる方法まとめ

  • 結局どれ使う?テザー撮影ソフトウェア考察

    結局どれ使う?テザー撮影ソフトウェア考察

  • Leica SUMMILUX 28mm f/1.7 というレンズ

    Leica SUMMILUX 28mm f/1.7 というレンズ