インターネットよさようなら

ついにネットを捨て、山ごもりでも始めるかのようなタイトルですが、今や生きる上でのインフラなので、さすがにそれはまだできません。

家/兼事務所にネット回線を引くのをやめました。

物理的にいうとルーターを捨てたことになります。

internet

多くのお家にあるこいつですね。

昔から気になっていました。

その佇まいもデザインも、色もかたちも。できることなら持ちたくないモノです。

まず自分で選べないし、電源含めて場所もとるし。

光回線を捨てることは、少し前から話していました。

楽天アンリミットが使えれば、捨てると。

それ以来、こちらの記事で書いたようにテストを進めてきました。

楽天アンリミットをiPhoneで使う方法

2週間ほど、自分のフィールドで仕事や作業をこなしてきた結果、

全く問題ありませんでした。

iPhoneテザリングX楽天アンリミットです。

5Gが普及すれば、家に光回線を引くこともなくなると思うのですが、すでにそんな気分です。セルラー通信のみで、すごく身軽になれたような感じ。

ラップトップをbluetoothでワイヤレスでつなげてもこれくらい速度出ています。有線だと50~60でます。(あくまで僕の環境下であり、地域によってことなるので要注意です)

ブログも動画もライトルームクラウドでの写真編集も、光回線XWi-Fiの頃と変わらない使用感です。

アップルミュージックも大丈夫でした。

月々4200円の固定費削減にも成功です。

最近は、冷蔵庫→ネット回線という流れで手放してきました。

さて次は何を手放すのでしょうか。

daido moriyama
「写真よさようなら」森山大道

エントリータイトルは、おわかりの方はいると思いますが、森山大道さんの名作より。

森山さんはこの写真集で、写真を解体して、メディア/物質とすることで、一度写真にさようならをします。その後、時間を経て再び”写真”に戻るのですが、何事も一度捨てることによって、また新たなものが生まれるということなのかもしれません。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

冷蔵庫を捨てて、買ったもの

vegetablenet and goalzero

冷蔵庫と電子レンジを使わなくなって、1週間が経ちました。

なかなかあっという間でした。

それらは今、部屋の定位置で回収されるのを静かに待っている状態です。冷蔵庫からこれまでにない寂しさが漂っています。

冷蔵庫と電子レンジがなくなって、どうかと言われると、まずまず普通に生活できています。

確かに不便なところはあります。

食品を買ったらすぐ作って食べなければならない。酒や氷も、「後のために」とっておくことができない。朝のパンを焼けない。(レンジトースターで焼いていました)オレンジジュースがいつもぬるい、など。

そんなに自炊をしないのですが、でもまあ以前より圧倒的に「今を生きている」感覚は増しました。

良い効果も生まれています。

サーモスタットの音が消え、酒の量が減り(そもそも普段から家ではお酒をあまり飲みませんが)、新たな料理が生まれました。それは、タイ料理だったり、漬物だったり。常温で一晩は越せそうなものを選ぶようになったり。

バリに暮らしていたころのチャンプルーを思い出したりもしました。インドネシアは気温が高いので、家庭では朝一回、油で揚げた食材を一日を通して色々アレンジして食べます。調理は基本的に一日一回で、高温の気候に耐えうるものになっているわけです。

地球上の至るところに人が住んでることを思えば、人間はどのような環境でも適応できてしまうんだろうなということを、ぼんやり思いました。

一週間やってみて、できたことは、これから先もできる。
というのが僕の基本スタンスです。

何かを無くして、それに一週間耐えることができたなら、無事に生きることができたなら、これから先もそれ無しで生きていくことができるはずです。
(企業のあいだでリモートワークが流行っているようですが、一ヶ月やってできているのなら、もうオフィスいらないはずです。)

変化は連鎖を生み出します。

冷蔵庫を無くしたことにより、僕の中にしばらく埋もれていた断捨離魂に火がついたようです。それ以来、もう一度部屋の中の収納という収納からモノを引っ張りだしては、日々捨てていってます。

もう捨てるものなんてない、と思っていましたが、生きてる限り断捨離に終わりはないようですね。

冷蔵庫捨てて、またこんなもの買ってるのですから。

net and goalzero
vegetablenet and goalzero

左から

干し野菜バスケット

Goal Zero NOMAD 7 PLUS V2 ソーラーパネル

電気の力が無くなって、どうやら太陽の力に気持ちがいってしまったようです。

干し野菜バスケットは、新垣えみ子さんの本のテクニックをそのまま継承しました。

冷蔵庫が無くて保存が効かないのなら、干すしかねえぞと。

30過ぎた大の男が、渋谷の真ん中でベランダに野菜をせっせと並べて干しているわけです。

狂気以外のなにものでもありませんよね?

試しに、余った野菜を干して、味噌汁を作ってみたのですが信じられないほど美味しかったです。味が濃縮されて、旨味倍増。野菜から出汁が出ているような感じで、太陽の力を感じました。

ピンク・フロイドのアルバムでも聞きながら、これから色々干していこうと思います。

そしてGOALZEROのソーラーパネル!

goal zero nomad
goal zero nomad

最近は週1くらいで山に入っているので、冒険用に導入しました。

また、地震で電気が止まった時にもこれと太陽さえあればiPhoneの電源を確保できます。

もう冷蔵庫は無いわけですから、これで電気が止まっても最悪生き延びれる状況が完成しました。ガスは山用のバーナーがあるし、水・食料は登山食含めて家に常時ストックしています。

折りたたみ型でコンパクト。

海外でバックパックパッカー達もバックに括り付けているのをたまに目にしました。

尾原和啓さんもソーラーパネル使いです。

コード収納用ファスナーと、スタンドが一体型になっています。

開くとこんな感じ。めちゃくちゃシンプルなつくりです。

一応防水、ホコリにも強いけど、なるべく避けてねと説明書には書いてありました。太陽光を電気に転換するパネルの構造は企業秘密だそうです。

実践使用はまだですが、部屋の中の光の差す場所で問題なく使えました。

充電速度や耐久性によっては、モバイルバッテリー不要になるかな?

しばらく使ってみてまた報告します。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

冷蔵庫、やめました

冷蔵庫やめました。

冷蔵庫と、電子レンジの電源を抜いて2日たちました。生きてます。そりゃあまだ2日ですからね。だけどとても清々しい気持ちです。

無くした理由を先に述べておくと

「サーモスタットの音がうるさかったから」

はい。本当に、きっかけはこれだけの理由です。

我が家の冷蔵庫はもう10年ほど使用しており、老化のせいか最近サーモスタットの音が大きくなったような気がしていました。たぶん大きくなっていたのでしょう。それがとても瞑想の邪魔になるのです。たかがサーモスタットの音くらいで、瞑想をできない理由にするなんて、ちょっと修行が足りないんじゃないの、と思ったそこのあなた。確かにそれはそうかもしれません。僕の修行不足です。

音をきっかけに、僕は冷蔵庫を捨てることを考えはじめていました。

とは言っても、僕が冷蔵庫を捨てることを考えたのは、ここ最近のことではありません。

ミニマリズムを実装してもう4年ほど立ちますが、当初から考えてはいました。スーツケースひとつ分の荷物で暮らせるのが理想ですし、家電も家具もいらないことは最初からわかっていたのです。

更に、ものを持たない生活をしていることを人に話すと決まって「あ、冷蔵庫はあるんだ」「あー、電子レンジは持ってるんだね(ワラ」という反応が返って来ました。僕はその度に、ミニマリストを公言するのなら、やはり”そのあたり”まで持っていない方が、おもしろいんだ。と。

面白さを提供するためだけに捨てたわけでもありません。

冷蔵庫を無くすことによって、人間の生活はどう変わるか、そこを体験してみたいという気持ちがふつふつと湧いてきたのです。

そこで過去に読んだ稲垣えみ子さんの「寂しい生活」を再び参照しました。大手企業のエリートだった稲垣さんは、冷蔵庫、テレビ、洗濯機を捨て、会社員も捨てて、築50年のワンルームに服10着、ガス契約なし、電気代150円で暮らしている方です。

再読して、冷蔵庫を無くしたあとの生活を、今の僕の生活とすり合わせる形で何度かシミュレーションしました。その結果、イケる気がしたのです。

冷蔵庫は時間を調整する装置です。未来に食べるために、先取りして今不要なものを買っておくことができます。また今作ったものを未来に食べるために、保存しておくことができます。食品の寿命を、電気の力を使い先に伸ばすことができるのです。冷蔵庫をなくすことは、今を生きるということで、仏教的観念と通ずるものがあります。稲垣さんの本は、個人的な体験としておもしろおかしく読めますが、このように哲学的な内容にまで派生しています。

冷蔵庫の存在は生きることの本質を見えなくして、食べることがいつしか大量生産、大量廃棄のサイクルを生み出しました。昨今のコロナ時代に食材の買いだめが起こったのも、人間が勝手に生み出した”恐怖心”からで、買いだめられ冷蔵庫にストックされた多くの食材は、腐り、廃棄されています。

サーモスタットの音から始まった冷蔵庫に対する思いは、いつしか「今を生きるとはどういうことか」という疑問に変わっていました。

これから、梅雨、そして暑い夏がやってきます。

僕はいつでも飲めるキンキンに冷えたビールや、ランニングのあとにごくごく味わう冷たく酸味のあるオレンジジュースを積極的に”あきらめる”

そこから全てをはじめていこうと思います。自分の欲望を自覚し、再び死んだ心に小さな芽を息吹かせるところからやり直します。

挫折して、小さな冷蔵庫をひそかに買っていたら笑ってください。

fridge 2012
2012年頃のうちの冷蔵庫。fridge 2012

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

モノを増やさないために行う4つのこと

こんにちは、ときまるです。

モノ、捨ててますか?

僕はもう捨てるものが無いくらい持ち物がありませんので、最近は捨てていません。Tシャツを何枚か処分したくらいです。

捨てること自体に意味はありません。少し気分がすっきりするというくらいです。本質は、自分に必要なモノを見極めて、集中力を高め、生産性を上げることにあると思っています。生産性が上がると収益率も上がり、収益率が上がると少ない労力で生きることが可能になります。それが幸せかはまた別の話ですが、時間・資本・身体の余裕は多幸感の種になります。

少ないモノで暮らすことは、動物的な勘をとり戻すことでもあります。

私たちは日々多くの情報に晒されています。ニュース、会話、環境音、ディスプレイ。多くは目に見えないものですが、身の回りにあるモノはそれ自体が情報を含んでいます。そして無意識に作用します。

それらが無ければ否応無しに「自分」を見つめることになります。頭の上から足先の感覚まで、そして呼吸をしていて、今を生きています。

多くの情報に晒されていると、過去にしがみつき、未来の不安に怯えることになります。後悔と回顧、期待と落胆を繰り返します。

モノではなく、身体にフォーカスすると現在を生きることができます。お腹がいたい、喉が乾燥している、鼻水がでる、背中が汗ばんでいる、筋肉痛だ、そのような今の全ての状態を受け入れて、過去の過ちを繰り返さないように、確固たる意思をもって先へ進むのです。今この瞬間に気づく力をつけて、過去を指針にして、未来への確かな行動をとる必要があります。

そのために少ないモノで生きることを選びます。
余計な飾りは放り捨てる。(feat. AKLO)

そんなにカッコつけながらも、僕は新しいものが好きです。買い物も好きです。だから買っては捨ててをいつも繰り返していました。今でもたまに買ってはすぐに捨てたりします。

5個セットのボックスティッシュを買って、2つ捨てたりします。3つとか、1つでいいんです。なんで5個なんですか。1つ売りのはなんでプレミアムでふわふわで高いのしか無いんですか。ごく普通の”スコッティ”を1個か3つ売ってくれませんか。いや、もう渋谷の街中で配っているポケットティッシュでいいです。それで良いかもです。

色々モノを捨ててきましたが、さすがに5年やってるとスタイルが固まってきます。そしてコツのようなものもわかってきます。

このようなツイートをしました。

この4つで物が少ない状態を維持できます。

1、3ヶ月に一回持ち物を見直す

タイトルどおりです。3ヶ月に一度、部屋の中やバッグの中で根を張っているモノを処分します。

雑誌やペン、消しゴム、書類。

部屋の中でまるで住む前からの定位置のように、ショッピングバッグが置かれていたりします。

君の定位置はそこじゃない。少し厳しくいきます。

モノだけでなく、支出に関しても見直してください。

近くのコーヒースタンドの月間サブスクリプション、ネットフリックス、ノートアプリ、課金ゲーム。3ヶ月の間にいろいろ支出が増えていませんか。

ノートに全ての支出を書き出して、どれが支出のメモリを食っているかを見極めてください。そして使用していないサービスは積極的にキリましょう。キリマンジャロです。

2、モノに執着せず今のライフスタイルに合わせる

三ヶ月前はサラリーマンだったのに、今はジャージでニート生活。

そんなあなたは、まずスーツを捨てることから始めましょう。

ライフスタイルは3年周期で変わるのではなく、この瞬間瞬間に変わることを意識してください。

スノーボードやサーフィンに年に1回しか行かないのに、ボードやゴーグル、グローブを溜めてませんか。行くその時に買うかレンタルで対応できます。あなたが毎日ランニングを行うのなら、ランニングシューズに投資する価値は十分にあります。

ブランドもので高額な2年前の服を大事にクローゼットにしまってありませんか。もうデザインもシルエットもあなたの気分ではないことを、あなたが一番知っているはずです。高かったからとか、このブランドだからという理由で使わない衣類を持つことは、時間・空間の大きな損失です。

春なのに、夏服や秋服を先取りして買うのも良いアイデアではありません。

今必要なものだけを持つこと。

これだけで随分身軽になります。

3、飽きの来ないものを選ぶ

先程述べたように、衣類は身体に纏うものなので、サイズの変化やトレンドの変化により必ず”飽き”がきます。

ではせめて、身にまとわないものは、飽きにくいモノを選ぶと長く使えます。

日々使うもの。

スマホやペンやノートやカメラ。バッグや洗濯機やまな板。

そんなこと考えていると、いやむしろ洗濯機いる?ということになってきますよね。

「飽きのこないもの」なんて実は最初から無いのです。

変化していないように見えて、人間もモノも一刻一刻微細に変化しています。それは劣化や成熟というかたちで、長い期間を経て現れてくる。

変化しないものなど、この世にはない。

そんな真理を片隅に置きながら、それでもロングライフデザインなプロダクトを選択することは、モノを増やさないことに役立ちます。

4、身の丈以上のモノを持たない

これは砕けていうと

レバレッジをかけない、ローンを組まない、借金をしない

ということにつきます。

僕はモノも含めて、生活の中の全ての決済をクレジットカードで行いますが、分割払いは一切しません。(仕事の経費、スタジオ費さえも)
というか、分割払いが出来ないカードを使っています。

カードを使うのは、現金を扱いたくないのと、カード会社との信頼を構築するためです。(ささやかですがポイントも有効です)生活の全てを単一カードで決済していますので、1年で国内線に4回〜6回乗れるくらいマイルがたまります。また信頼度を上げると、支払限度額が上がります。限度額が高額になると、ポイントの優位性が高まります。例えば100万の機材や、400万の車を一括でカードで買えると、値引率の交渉もしやすくなる上、ポイントによる割引率が向上するのです。

身の丈以上のものを持つということは、自分の支払い能力以上のものを購入することです。

家や車のローンは典型です。

資産はポートフォリオで考えなければなりません。

4000万の家を30年ローンで買ったとしても、手取り40万の会社員なら資産のポートフォリオは永遠にマイナスです。そして30年後にようやく家が自分のものになったときには、家の価値はほぼなくなっているでしょう。さらに今回のウィルスによる世界的驚異や、気候変動、災害、地価変動、世の中には様々なリスクがあります。家を30年ローンで買うことは、30年間4000万をそれらのリスクに晒しながら、借金をしていることと同じことです。何が最適解であるかは、資本主義の仕組みを理解し、世界経済を少し勉強すると見えてきます。それは予めそこにある情報であり、真理です。

身の丈以上のものを持たないだけで、身軽になり、生きることが楽になります。

全て現金一括、またはカード一括で買えるモノを持つ。ただシンプルにこれだけです。

少し長くなりましたが今回は以上です。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru

財布に入っているカード類を簡単に整理する方法

こんにちは、ときまるです。

最近、かさばっていませんか?

春に向けて、部屋や服の整理はできてきたけれど、何かが重たい!気づいたら、手元にある財布だったってことあるあるです。

そして「カード類の整理」はなかなか出来なくて困っているという話を良く聞きます。

このようにツイートしました。

大したことではないですが、順を追ってカード整理術について書いてみようと思います。

財布を小さくする

最近は現金を使わなくても、東京にいる分にはほとんど生活できてしまうので、ライフスタイルによっては「財布なし」のミニマリストも増えていると思います。

僕は現金のみの食堂とか居酒屋とかたまに行くので、少しは現金持ち歩いています。あとはiPhone使えなくなった時緊急時のバックアップとして。

カードを整理するための最も簡単な方法は、財布を小さくすることです。

本棚と同じで、入れるスペースがあるから増えてしまいます。

だから最初から、最小限の容器を使うこと。

そうすると、そこに何を入れるべきか自ずと激選することになり、カード類は減らせます。

僕の財布の変遷はこちらで。題して、ミニマリストの財布シリーズ笑

ミニマリストの財布の正体

ミニマルな財布の作り方

ミニマリストの財布の現在

財布捨てる→クリーニング屋のカード入れ→財布手作り→パスケース(いまここ)

という流れですね。

中に入っているものは

1、現金
2、クレジットカード1枚

です。

ミニマリスト界隈ではアブラサスの財布が流行っているようですね。

こちらの本でも紹介されています。

ミニマリストの愛用品 (TJMOOK)

宝島社 (2019-11-12)
売り上げランキング: 18,657

確かに小さくて美しいですね。

クレカは2枚に絞る

クレジットカードは基本的に1枚しか使いません。2枚あるのはこれもバックアップ的な用途です。

いつの間にか多くのカードをつくってしまい、請求書の整理ができなかったり、リボ払いやカードローンで借金しまくってる人は多いと思います。

カードをミニマルにすることで、経済的にも多くのメリットがあります。

僕の場合はAMEXVISAの二枚。これはスタイルによって、VISAとMASTER、ダイナースとVISA、なんでも良いと思います。

ポイントはVISAを入れることでしょうか。世界中で圧倒的に使用できる店が多いです。

あるいは特定のサービスを使うのであれば、その会社が発行しているカードがおすすめです。今はこれなんか熱いですね。

国内外問わず、移動の時はbooking.comよく利用しています。世界中のホテルで優待受けられます。しかも年会費無料。。

  • 年会費が永年無料
  • 入会だけで「Booking.Genius」会員にアップグレード。 宿泊代金10%OFFに加え、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなど無料でサービスが受けられる
  • キャッシュバックで最大6%還元
  • 「Rentalcars.com」でのレンタカー予約が8%OFF
  • 最大2,500万円の旅行傷害保険も付帯

毎回10%OFFと、レイトチェックアウト無料はありがたい。安いホテルでも3000円くらいとられますから。

しかもVISAなので旅好きには有利かも。

アメックスはもう長らく使用しています。

僕が会員なのでこちらからの登録で、紹介プログラム優待(最大17000ポイント)受けれます。=17000円

ポイントカードは持たない

ポイントカードを全て捨ててもう4,5年経ちます。

今は一切、お店のポイントは貯めていません。

チリも積もればなんて言いますが、まず出すのが面倒です。(ポイントカードお持ちですかと聞かれるのも面倒なのですが)ポイントも貯まるかもしれませんが、無駄な時間も蓄積されているのです。

あと、1年に1, 2回いくかどうかみたいなお店のポイントカードがたくさんありませんか?

思い切って全て捨ててポイントカード無し生活始めてみてください。財布もとてもスッキリしますし、余計なことを考えなくて済むようになります。

JRポイントやTポイントのような、デジタル化されたポイントを保有するのはありだと思います。しかし意図的に貯めるのではなく、何もしてないけれど気づいたら溜まっていたというものに限ること。複数のwebサービスと連動しているポイントも増えているので、ネット上の生活で勝手に貯まります。今はこちらの方が時代に合っていそうです。

1年通っていない診察券は捨てる

病院の診察券も、ずーっと持っている人いますよね。

僕は1年通わなかった診察券は捨てています。

というか、ここ1年、病院にかかっていません。持っているのは歯科医院の診察券くらいで、クリーニングのために散髪感覚で通っています。(好きではないですが)

運悪く病気になってまた病院に行くことになってしまったら、またその時に作ってもらえば良いだけです。

持っていて便利なのは、調剤薬局で記録してもらうお薬手帳です。過去の履歴から、自分に合うクスリを把握するのに助かります。こちらも最近は電子化してアプリになっています。

保険証、免許証も入れない

普段は保険証も免許証も財布に入れていません。

病院にも行かないし、都内では運転もしないので出す機会がほとんど無いからです。

ただ職質受けたときや、クラブに行く時や、急な事故や怪我の時は必要だと思います。

なので、僕は両方とも写真データでiPhoneに入れています。これで何度か救われた経験があります。個人iPhoneの写真データは割とそのような場面では有効なようです。

というわけで、今回は以上です。

ちょっと極端なところもあるかもしれませんが、この5つで、財布に入っているカード類は誰でも整理することができます。

人は生きながらあらゆる選択を迫られていて、捨てる捨てないの選択もその一つです。物が多いと、それだけで毎回、これいるかな?いらないかな?と悩むことになります。

あのポイントカードあったかな、と探すのも時間の無駄です。

かさばっている人はぜひスッキリして春を迎えてください。

今回は以上です。

平成最後の夏は、6着の服で過ごす