仕事と遊びの中間は、歩くことにどこか似ている

仕事でも遊びでもないような、その中間が好き。少しの緊張と喜びがあってどこか浮遊している感じの。ずっと撮影の仕事をしてきたし現場は好きなので、その仕事でも遊びでもない中間に撮影が絡むとなお嬉しい。でもそんな都合のいいことってあるだろうかと思った。

少し変かもしれないが今これが仕事だと感じるのはこのブログだけで、もちろん他の仕事も仕事としてあるのだけど、自分にしかできないという点で毎回小さな達成感を感じている。撮影仕事も好きだけれど、打ち合わせからオーディションから本番からポスプロまで、どう逆張りしつつクオリティを高めながら効率的に行うかを常に考えているところがあってどこか停滞している感じがする。その点このブログは誰に頼まれたわけでもなくお金がもらえるわけでもないが、まっとうで独立した自分の仕事という気がする。

昨日は用事があって新宿まで行ってきた。最近は時間の許す限り目的地まで歩くようにしている。渋谷はもちろん、新宿、中目黒、下北沢、三軒茶屋。この辺りのエリアならだいたいどこへでも歩いて行ける。過去に中野と吉祥寺まで歩いたこともあるけれどその時はさすがに用事本編よりも、歩くことが用事みたいになった。吉祥寺となるともはや走っていたし、ちょっとした旅のようだった。もし飲む予定があるなら、一杯目のビールの旨さが格段に上がるので歩くのは結構おすすめです。

歩くという行為はまさに家と目的地の中間にあって、それは仕事と遊びのあいだにある何かに似ている。歩く時は色々と考えたり考えなかったりするし、楽しい時もあれば楽しくない時もある。目の前の風景や道を見ていることもあるし、音やすれ違う人に意識を集中することもある。思い返せば結構いろんなことを複合的に行っている。ひとつだけはっきりしているのは、歩くという行為は不思議とダークサイドには行かないということだ。むしろ歩けば歩くほど気分は良くなる。たまに疲れるけれどそれもまた次の休息を心地よいものにしてくれる。

労働でも余暇でもないその中間の行為も、不思議とダークサイドに行かない気がする。遊びすぎると仕事に戻れないほどに落ち込むし、労働をし過ぎても疲弊する。中間がいい。

RICOH GR3

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

写真の日、山谷祐介さんのドラムと尾仲浩二さんのトーク

yusuke yamatani