パタゴニアバギーズショーツのインナーメッシュの本当の意味 [今日から使える]

 なぜだか今日は一日中ショーツについて考えていた。暑かったからだろうか。パタゴニアのバギーズショーツはノーパンで着用するのが最もその性能を発揮できるということに最近気づいてきた。最初は冗談めいて言っていたけれど、あのインナーメッシュはノーパンで履いてこそ効果が出る。その通気性。ハイクやランはもちろん、水にも入ることができてすぐに乾く。もはやショーツ(パンツ)ではなく、下着としてとらえたほうがいいくらいだ。

 下着を着用してさらにその上にバギーズを履くと二重にパンツを履いているようで熱いし蒸れる。だからハイクやランで使う人たちはわざわざインナーメッシュをハサミで切り取って使用しているらしい。ああ、もったいない!あのメッシュが最高なのに。メッシュが不要なら最初からバギーズである必要はなく、無メッシュのショーツを選んだほうがいい。下着を履けば、水から上がった後下着も一緒に乾かす必要があるのでもちろん速乾性は低下する。バギーズだけならそのまま行動していればすぐに乾く。それでも下着を履くのなら乾きの速い化繊かウール素材のものを選ぶ必要がある。

 バギーズを随分称賛してきたし、多くの人に称賛されてきたけれど弱点もある。僕が思うのはポケットのデザインと数。まず正面のポケットが深すぎる。物を入れると形が出て美しさが損なわれる。そして深いのでとても取り出しにくい。バックポケットは右側にひとつしかついていない。深くて形が出るので正面ポケットに物を入れることができないとなると、右後ろの一つに全てを収めなければならない。僕のようなモノを持たない人間には少しきつい仕様だ。せめて二つあれば容量は上がるのに。だがもちろんこれもパタゴニアの思想を反映したデザインの一種だろう。つまり、モノを持つな、自然と遊べ、というような。走る時もそうだけれど、財布やスマホを何も一切持たずに身体ひとつでただ走るのは気持ちがいい。走りに集中できるし自然と一体化できる気がする。そうでもしなきゃ今の僕たちは一日中スマホと離れることがないのではないか?

 そういうわけで、僕はこれからはバギーズを下着と捉えることにする。衣類=パンツにカウントしない。肌に最も近くてずっと履いているので、妙な愛着が湧いている。そして山でも海でも街でも使えるショーツを近々手に入れる予定だ。実はもう注文していてそろそろ届く。最後にお気に入りのローラジョンソンのストーリーを紹介して終わりにする。

「あらゆるアクティビティにそれぞれ別のショーツは必要ない。生涯において良いショーツが1本あればいい」

ローラ・ジョンソン

https://www.patagonia.jp/blog/2018/05/my-pink-baggies/

– https://linktr.ee/tokimarutanaka

カレーを煮込むことをやめた男

mountain 2020

料理はもともと好きだったんですけどね。

なんだか最近はそういう気分じゃないんです。

山での調理道具を家でも使っているから、少し不便なところは確かにあります。だけどそれでも十分に料理はできてしまうから、道具のせいでも無いような気がしている。(むしろ調理プロセスや洗い物含めて簡単にできるのでハードルは下がる)

料理をする時間がもったいないというか。

移動しづらくなったフラストレーションがたまっているのかもしれません。

家にいるとだいたいみんな料理しかしていないじゃないですか。

この期間に圧倒的に自炊派が増えたと思うんです。

それに嫌気がさして、なんか料理が嫌いになったのかも。料理は全く悪くないんですけどね。

ただ、もういいよ家飯は、と。

かと言って、外でもそんなに食べたいと思わなくなってしまった。

あるクリエイターも言っていましたが、人と会わないことはあらゆる意欲を削ぐようです。

作っている暇あったら、どこかへ移動していたいというか。

そういう気分です。

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE
YouTube : Tokimaru Tanaka

スノーピークのチタンマグで、家キャンプ

最近は自粛せずに、もう普通に暮らしている。

そう言うと怒られそうなので、付け加えておけば、「三密」は避けています。(さんみつ、と言葉を発する度に、なぜかいつも「壇蜜」が僕の頭の中をよぎる。壇蜜は避けても避けられない。むしろ、密になりたくても簡単になれない、それが壇蜜だ。何を言ってるんだろう)

インフォデミックという言葉があるように、正しい科学的情報を得ずに、多くが怯えすぎだ。そのような人たちは、テレビをみて、常時インスタやツイッターやフェイスブックを見ているのだろう。

電車は空いてて移動は快適。お気に入りの定食屋も独り占め。子連れ狼に親戚集合でマスク会合、むしろ、近所のスーパーやストリートの方がよほど危険。

キャンプを”自粛しなければならない”ので、家でキャンプをする「家キャン」なるものが流行っているようです。

その気持、わかります。山の道具を、家で使うのは結構楽しいから。

僕はものを持ちたくないという理由から、山の道具を家でもよく使っているけど、考えてみればそれは毎日家キャンしているようなものだ。

テントと寝袋は持っていないから、そこまで本格的な家キャンはやってないけれど、もし持っていたなら、部屋の中にテントを立てて、寝袋で寝ることを試したかもしれない。想像するだけで小学生のころに戻れるかのようだ。

家キャンに簡単に入れるアイテムは、マグだろうか。

部屋の中の全ての家電をOFFにして、森や川の環境音を小さく流しながらこれでコーヒーでも飲んで目を瞑れば、都心にいながらにして大自然を感じることができる。かもしれない。

snow peak チタンシングルマグ 300

titanium snowpeak mag
チタンシングルマグ 300

チタン素材で丈夫で軽くて、インダストリアルなデザイン、アウトドアな出で立ち。

マグはたくさんあるから、どれを持つべきか正直迷います。

上記写真の、チタンシングルマグ300を選びました。チタンの軽さと耐久性と、そのなんでもないデザインが気に入ってます。

選べる容量と種類

220ml, 300ml, 450mlというバリエーションが選べるのも嬉しい。

キッズには220でしょうか。小さくてかわいい。スノーピークのオフィシャルサイトにはアイテムを使用した写真があります。やはり道具は、想定された場所で使用することで、一気にその雰囲気が立ち現れてきます。これを見て、キャンプ道具における環境写真の重要性を改めて感じました。

素材は、ステンレスとチタンから選べます。

スクーの記事にも書いたように、それぞれ特徴があります。マグに関しては容積がある分、重さが顕著にあらわれる。チタンの少しザラッとした口当たりが気になる人は、ステンレスが良いかもしれませんね。

そして更に、シングルウォールとダブルウォールという2タイプが存在します。

ダブルウォールは名の通り、二重構造になっていて、飲み物の温度変化を抑えることができます。その分、重量も重くなる。家キャンや、キャンプなど、重量を気にしないアクティビティではダブルの方が使い勝手は良いかもしれないです。シングルは全ての荷物を背負って歩く、トレッキング野郎かミニマリスト向き。

またシングルウォールの利点として、直火にかけれるということが上げられます。メーカーは推奨していないけれど、飲み物を入れて、そのままバーナーにかければあっという間にホットドリンクの出来上がり。これは一度やってしまうと、病みつきになる簡単さです。家でもガスコンロにかけてしまいそう。

ナルゲンボトルと密になる

また、個人的に300mlサイズを使うにあたって、外せないポイントがあります。

それは

titanium snowpeak mag2
ナルゲンボトルと密になってしまったチタンシングルマグ300

ナルゲンボトルがチタンマグ300にすっぽりと収まってしまうのです。

バックパックの容量が限られた冒険においては、持ち物をどれだけスタックできるかが生死をわけます。

いつもマグの中に、コーヒーやお茶を詰めていたのだけれど、この二人が密になることを発見してからは、このようにして持ち運んでいます。

人と密になれないぶん、ナルゲンとチタンマグを密にさせておく。なんという発想。これには小池知事も何も言えないでしょう。

ナルゲン(発音的にはナルジン)ボトルも使えるアイテムなのでまた別の機会に紹介したいです。

チタンマグで何を飲むのか

チタンマグでは何でも飲める。コップだからそれは当たり前だ。

山では、コーヒーかお茶を飲むことが多いです。

最近は、バタフライピーというハーブティーが、山頂でキマることに気づき始めた。(怪しい脱法系じゃないヨ)

the garden tea

ローランドも飲んでると言っていたような。

見た目は青くて少し怪しいけれど、味はやさしくおいしい。

効能などはここでは書かないが、レモンの風味と酸が爽やかに良くて、山で疲れた身体に効く気がする。ビタミンも豊富らしい。ものによってはカモミールもブレンドされておりノンカフェインなので、寝る前もOKだ。山で寝てはいけないけれど。

これから経済を戻していくには、政治的な力だけでなく、個人的な意識と努力が必要になります。

自粛は各自でするものであり、他人に強制するものでは決してありません。コロナに関する些細な言動が憎しみに繋がり、差別の連鎖を世界中で生み出しています。

十分に気をつけながらも、なるべく普通に暮らすこと。

そして時間の経過をかみしめて、少しでも前へ進むこと。

今猛烈に、普通に暮らすことの有り難みを感じています。

そうすることによってしか僕たちは元に戻れないのではないかと。そんなことを、山の上でひとり考えていました。

Tanzawa, Kanagawa 2020
Tanzawa, Kanagawa 2020

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

山でも家でも スノーピークのスクー

snow peak sku

山でスノーピークのスクーを使っていたら、あまりの使い勝手の良さに先日、家にある全てのカトラリーを処分してしまいました。

そして今はこれ一本と、一組の箸だけで暮らしています。

それまでは、スプーン大、スプーン小、フォークを使用していました。スプーンを大小持つあたり、ミニマリストにしては割と持っていた方だと思います。

兼用できるものをひとつにまとめると、持ち物を減らすことができます。
(例:ベッドとソファー=ソファーベッド)
(例:カメラと電話=iPhone)
(例:家と車=キャンピングカー)

しかしモノによってはより不便になることがあるので、慎重に行う必要があります。しばらく使用してみて、問題ないことが発覚したため、今回はスプーンとフォークを捨て、スクーだけとしました。

スノーピークのスクー

スノーピーク スクー
snow peak スクー

スクーは、スポークのようなもので、先が割れているスプーンです。

MSRのスポークに代表されるように、多くのスポークは先が気持ち程度に割れていて、ほとんどスプーンです。モノによっては、フォークの役割を全く果たしてくれないことがあります。特に麺類を食べる時なんかがそうです。

しかしスクーは、最高のバランスで先が割れています。麺をくるくるすることも出来て、スープも飲むことができる。

折りたたみ式は携帯には便利ですが、パック系の山飯を食べる時に、長さが足りなかったりします。

スクーは、長さも絶妙。不便にならないギリギリとところを狙ってデザインされているのがわかります。

とても美しいデザインです。

Made in Japan チタン製

素材はチタン製です。

硬く丈夫で、驚くほど軽い。

最初持ってみるとその軽さに感動します。

山道具に使われる素材として、アルミとチタンがあります。それぞれ利点があります。簡単にまとめると。

アルミ:熱伝導性が良い、柔らかい、重い
チタン:熱伝導性が悪い、硬い、軽い

こんな感じです。こちらで良い、悪いと書いていますが、両者を比較した場合の話で、基本的にはどちらも携行に優れた素材です。

スクーは軽く、かつ先の尖り具合もゆるやかなので、ザックに差したり、結んだりしてどこにでも持ち運ぶことができます。

炊飯メジャー目盛り付き

スクー炊飯目盛り
炊飯目盛り

もう一つ、山飯派に嬉しいデザインが。

裏側が炊飯メジャーになっており、R(rice)とW(water)の量を計測することができます。

なんと粋な計らい。

ガスで炊いた米って、最高にうまいんですよね。山の上だけでなく、家庭の鍋でガス炊きする時にも活躍しそうです。

自粛ムードで街がダメだから、山にでも行くかと思っていたら、山も閉鎖される場所が出てきました。。山行予定のある方は、十分に情報収集して安全第一でいきましょう。

ご案内

twitter : @tokimarutanaka
instagram : @tokimarutanaka
note : Tokimaru
store : TOKIMARU ONLINE

5 Ways to Sustain your mental health

精神の健康を維持する5つの方法

シンプルな生き方をするようになって、習慣づいたことがいくつかあります。それらはメンタルを維持するのに役立っていることに気づきました。

少し調子が悪いなと感じた時は、それができてないことが多いです。逆に、少し調子が悪いと感じた時に、このリストのいずれかを行えば、すぐに元気になり「フラットな状態」に自分を戻すことができます。

元気になりテンションが上りすぎて
「とっきー、クスリやってる?」
と友人に言われることがあるくらいですが、僕は現在アルコール以外のドラッグは一切やりません。ただ生活の中で、このリストをちょいと入れているだけです。

肉体と精神は表裏一体です。肉体が弱ると、精神も弱ります。肉体は元気で、精神が病みそうな時は、身体を動かすことにより、精神状態を良い方向に引っ張ることができます。逆も然りで、体調が悪いけど精神は良い状態の時は意識的に十分な休息をとることで、体調を回復させることができます。肉体と精神が同時に弱ってしまった時は、複合的な処置が必要となります。カウンセリングや医者を頼るのもひとつの方法でしょう。

人により、様々な健康法があると思いますが、これが基本的な考え方です。

みなさんの健康法も教えて下さい。

1、走る

リストした中で最も効果が高いこと、それがランです。走り始めてあらゆることがうまく行くようになりました。習慣づけるまでは少し大変ですが、一度その素晴らしさを知ると、走らずにはいられなくなります。気分や調子が悪い時は、30分ほど走ります。その後水分と睡眠を十分にとれば、やる気や撮る気や創る気や仕事をする気など、あらゆる気が体の中から湧き出てきます。

ランナーズハイという言葉の通り、走ることで脳内がハイな状態になることは知られています。有酸素運動とセックスでしか分泌されない物質があるとの研究もあります。

また主要都市や経済都市に生きる人類の全ては”運動不足”だと言われています。サピエンス全史にあるように、私たち人間が列車や車や飛行機で移動し、デスクワークを行うようになったのはここ200年ほどの話しで、それまでの約3万年は、狩猟・農耕生活において日々歩いたり、走ったりしていました。私たち人間の身体は、時間をかけて進化してきましたが、産業革命以後のライフスタイルになったのは人類の歴史から見ればつい最近のことなのです。毎日8時間、週5日のデスクワークをしている状態は、サピエンス的には”異常”な状態なのです。

またランの良いところは、シューズと、ウェアと、まずまずの道路があればすぐに始められることです。

2、ヨガと瞑想

ヨガをしているフォトグラファーは多い、という話を過去に書きました。僕もそのひとりで、同業種の彼らに影響を受けて始めています。

ヨガと瞑想は、ランニング同様、精神の安定にもつながりますが、僕の感覚ではインスピレーションを高める効果が強いです。

これに関しては師がいるわけではなく、本やYoutubeなどを見て独学で実践しています。綿本彰さんの本が多かったです。

ヨガと瞑想の良い点もまた、まずまずのスペースの部屋と、ヨガマットがひとつあれば始められることでしょう。

3、自然に入る

最近は週に1回ほどのペースで、に入っています。山に入ると、電波の状態が悪いところが多いため、自動的に連絡やネットへの接続ができなくなります。私達は現在、一日平均150回(スマホで仕事をしている人は更に多いでしょう)スマートフォンのディスプレイを見ているという研究報告があります。山に入ると外部との連絡ができなくなるため、簡易なデジタルデトックスが期待できます。ネットがどこでもつながる今だからこそ、意識的な切断が必要です。

行くのは、東京近郊の低山が多いですが、一回の山行で約1500キロカロリーを消費します。道中の食事や、カロリーを取り戻すための下山後の友人との暴飲暴食も健康維持に効いている?ようで、楽しみのひとつです。

1のサピエンスの話でも触れたように、人類が都市生活を始めたのは、地球の歴史からするとつい最近のことです。環境破壊や、汚染はとどまることを知らず、私たちはコンクリートのアパートから、コンクリートの道路を伝い、コンクリートのオフィスに出勤しています。人類の歴史からすればこれ程自然の少ない都市生活も”異常”な状態であるといえます。

人間/動物の進化には時間がかかるため、コンクリートとデスクワーク生活に私たちの身体は未だ100%適応できていません。(適応できる頃には、地球に暮らしていないかもしれません)そのような中で暮らすことは、多くのストレスを強いられていることと同じなのです。

山や沢に行けない人は、近くの公園などでも十分リフレッシュ効果を得られるでしょう。

4、水やハーブティーを飲む

少し前までは「一日3リットルの水を飲みましょう」
なんて話しに、馬鹿じゃねえの多いし名前も知らないあなたに言われたくないわ。とややパンクな姿勢を見せていました。どうぜ後でビール飲むからそれで勘弁してくださいと。

しかし、30を過ぎた今、この”とりあえず水飲め信仰”が、輝かしいばかりの重要性を帯びてきています。人間は年齢を重ねると、あらゆるところが乾くのです。結局人の体は水でできているんですよね。

そして水を飲むことは、身体的のみならず、精神にも良い結果を及ぼすのではないかと考えるようになりました。一日の中で、水分をこまめに摂っていると、疲れず、集中力が高まる気がするのです。(これには学術的な引用がないため、個人的な感覚でしかないのですが)

家ではもっぱらクリスタルガイザー箱買いです。そしてハーブティーもクイックなストレスリリースと安眠におすすめです。

最近のmymizuはペットボトル削減をミッションとしているプロジェクト。アプリでは給水所や、水を補給できる飲食店を地図上で表示できて、マイボトルがあれば、街中を潤ったまま探索可能となります。

5、よく眠る

質の良い睡眠の効果は、あらゆるところで発表されているので、改めて書くまでもないでしょう。しかし、メンタルが弱っていると、眠ることも難しくなることは、再度強調しておいても良いと思います。睡眠不足が続くと、日中のパフォーマンスが著しく低下します。

よく眠るために1〜4を実践すると言っても、大げさではないかもしれません。しっかり眠ると、ストレス耐性も上がり、思考もクリアになり、ポジティブな気持ちが湧いてきます。良いことしかありません。

あとは自然光が入りすぎて部屋が明る過ぎるので、アイマスク耳栓でもあれば完璧です。

三浦アルプス

Miura Alps 2019 ©Tokimaru by Leica M10

 

週末は山にいる。

電波の届かないところで、ただ呼吸をしている。気が向けば写真を撮ったりするが、そこにはモデルもクライアントもディレクターもおらず、ただ土と木と空気がある。そんな写真のスタンスにすっかりはまってしまっている。写真のスタンスは、そのまま生き方のスタンスでもある。本来僕は、”そっち派”だったのではないだろうかという気持ちになっている。ふらふらして、ゆらゆらして、テクテクあるいて、シャッターを押す。スタンスがいくらふらふらしていても、ゆるふわな写真は大嫌いなので、しっかり構えて、5.6は絞りを出して、できれば光がピタッとあたっているところを狙う。

三浦アルプスを歩いてきた。

南アルプスではない笑
三浦アルプスだ。

標高200~300mの山がいくつか連なっており、三浦半島の三浦郡あたりを指す。

miura alps
miura alps

東京湾の方から入り、4つの山を縦走して、相模湾に抜ける。

山に入り、海を目指して行く感じが良い。

距離は10キロ弱、時間にして4.5時間ほどだ。

縦走という響きも良い。同じ音に重奏があるからだろう、山と山を繋ぎながら歩調はリズムとなり、自然のメロディーが添えられて、進むほどにハーモニーを帯びてくる。

途中で湯を沸かして、お茶を飲み、飯を食べる。

そしてまた歩く。

ただそれだけだ。他にやることは何もない。

ところどころ、思うより藪や傾斜が深く、登山道が曖昧だった。
標高が低いため、夏は厳しいだろう。

今回はメインルートを辿ったけれど、沢を行くルートも楽しそうだ。

Miura Alps 2019 ©Tokimaru by Leica M10
Miura Alps 2019 ©Tokimaru by Leica M10