Tag: leica

  • カラースペースを考慮して

    カラースペースを考慮して

  • 震災後の桜映像と記憶から

    震災後の桜映像と記憶から

  • 鏡と窓と枠とガードレール

    鏡と窓と枠とガードレール

  • Leica M10-D のすべて

    Leica M10-D のすべて

    All about Leica M10-D 先日Leica M10-Dのショット数が10000枚に達しました。 レビュー的なブログはしばらく使ってからにしようと思い、10000枚というラインをなんとなく設けていました。 こちらでも書いたように依頼仕事でも、日常でもこればかり使ってきたため、案外早く達してしまいました。 Leica M10が発売され、お決まりのごとくLeica M10-Pが発売され、Leica M10-Dが登場しました。デジタルなのに液晶を排除するという流れは、M-Dというモデルからはじまりましたが、M10-Dはその流れを組む完成形のモデルだと思います。 以下、使用感まとめます。それぞれリンクよりどうぞ。 1,Leica M10-D の携行性 フィルムライカと同じサイズに。そして他のカメラには無いサイズに対するフルサイズセンサーという優位性があります。 2,Leica M10-D の操作性 フルマニュアルで直感的な操作ができるのが最大の特徴です。シンプルでミニマル、道具として使えば使うほど、身体化できます。 3,Leica M10-D の速写性 レンジファインダーの魅力を再確認しました。 4,Leica M10-D の描写性 描写はレンズによって決まりますが、センサーでも決まります。M10-Dはとても心地よいセンサーを積んでいます。 5,ズミクロンについて ズミクロンの使用感について述べています。無人島にひとつだけ持っていくレンズを選べ、と言われたらおそらくこれを選択します。 6,Leica M10-D の堅牢性 M10-Dの耐久性について書いています。 ライカについての読みもの たったひとつのカメラ Summicron 35mm ASPH. レビュー Leica M10-D センサークリーニング方法 簡単! LeicaM10Dのファームウェアアップデート方法 レンジファインダーカメラを最大限に楽しむ設定 再会して再開する、M10-D フォーカスが速い、ということ noteでは設定や使用法をさらに詳しく解説し、作例も交えた完全版として更新中ですので、これからライカを使いたい方や、深く学びたい方はあわせてどうぞ。 M10-D テクニカルデータ 製品名 : Leica M10-D […]

  • Leica M10-D の堅牢性

    Leica M10-D の堅牢性

    Robustness of Leica M10-D 触れてみればその頑丈さがわかる。重く、冷たく、硬い。 M型はフィルム時代から、その耐久性は一生モノと称されてきた。デジタルも同様に、ちょっとやそっとじゃ壊れない、長く使えそうな雰囲気がある。M10-Dに関して言えば、割れる液晶画面すら無いので、その耐久性はフィルム時代を追従しているのではないだろうか。 マグネシウム合金ダイキャストのフルメタル。トップとベースプレートは真鍮製のクローム仕上げ。ペイントではないので、塗装剥がれは発生しない。そして防塵防滴シーリング。 M10は合成レザー、Dはなぜかリアルレザー。その差別化、必要だろうか。 ライカで釘を打てるとか、振り回せば武器になるとか、物騒な都市伝説は尽きることを知らない。しかしどれも現実になり得る。 先日手元のボディが、10000シャッターに達した。 動作トラブルは一度も起きていない。今後続けて使っていくことが、デジタル機におけるリアル耐久性テストとなりそうだ。 最後にライカPMDのステファンの言葉を引用しておく。 ライカはカメラマンの為の道具ですから、贅沢品という風には位置づけていません。それでも高いと言われることもあるのですが、それは真面目に材料や部品を選び、職人の手で一台一台作り上げたらこうなったのです。 – Stefan Daniel Leica M10-D のすべてにもどる

  • ズミクロンについて

    ズミクロンについて

    All about Summicron 50mm ライカと言えばエルマーとズミクロン。これについては多くで語られているので、僕が新たに語るべきことは何もないように思える。 それにしては随分背伸びしたタイトルで、個人的な経験からその魅力を少しでも描き出せるように。 フィルム時代は2ndを使っていたが、今回M10-Dにアップデートするにあたり、ズミクロンも新型にしてみた。 新型といっても現行は1994年の発売。僕がロックさえも聞いていない、米米CLUBやシャ乱Qやモーニング娘。の古き良き時代の製品だ。 光学設計は1979年から変わっていない。そんなレンズが2020年のデジタルカメラで難なく使えてしまうのが驚きである。それは描写性の回でも述べたように、センサーのほうをレンズに合わせて開発しているからこそなせる業なのだろう。 50mmと言えば、標準レンズのド定番。引けば広角的にも使え、寄れば圧縮感も表現できる。逆に、人間の視覚に近いので、一見面白味に欠ける画角でもある。 開放からキレる。F4まで絞れば、周辺も解像感も十分だ。 中口径、高画質、小型で軽量という、バランス感が良い。重さは240グラム。 描写はリアリティにあふれて、シリアスな印象もある。都市のドキュメンタリーに相応しいけれど、自然や有機物も写る。 柔らかな雰囲気のポートレートから、鋼鉄多めの建築写真までいけるオールマイティさがある。 思いつくままに印象を書いてみた。正直に言うと、これ一本で良いんじゃないかと思っている。 デイリーユースの画角を、50mmと35mmで迷っている人は多いように思う。フォトグラファーの永遠の課題と言っても良い。 両方経験すれば好みがわかってくるので、好きな方を使えば良いと思う。 最初の一本を選ぶなら、今なら僕は50mmをおすすめする。 カメラを始めたばかりの人なら、ボケ感がしっかり出るから。 そして広角側は誰もが持っているiPhoneで撮れるから。(iPhoneの画角は28mmくらい)だから、50mmを使うことで、iPhone写真と差別化できる。使い分けもできる。 描写に関しては、いくら文章で云々書いても伝わらない。 どのレンズにも言えることだが、自分で使って撮ってみるのが最も手っ取り早い。ただ写真から感じるしかない。 Leica M10-D のすべてにもどる

  • Leica M10-D の描写性

    Leica M10-D の描写性

    Depiction of Leica M10-D カメラの描写性能はボディよりもレンズによって決まる、ということは多くの撮影者の間で異論のないことだろう。それはどのカメラでも基本的に変わらない。 ライカが他のカメラと違う点がひとつある。それはイメージセンサーに合わせて新たなレンズを開発するのではなく、レンズに合わせてイメージセンサーが開発されていることだ。 60年以上も同じマウントのレンズが支障なく使えるのは、M型レンズに合わせてセンサーがチューニングされているということが大きい。 それはM型以外のモデル、S, SL, Q, CLでも変わらず貫かれている。 M10-Dに関しては、ライカPMDのステファン・ダニエルいわく、「CCDセンサーに寄せたM9ライクなトーン」にチューニングされているらしい。 確かに吐き出されるDNGファイルは、ハイライト側の粘りが強く、シャドウもしっかり沈みコントラストが高く、ライカ特有のウォームな雰囲気をまとっているように思える。 とは言え、m9のように後処理しづらい感じでもなく、トーニング/レタッチ派にも受け入れられそうなレンジがある。 処理エンジンは Leica Maestro Ⅱ、24 x 36mm のCMOSイメージセンサーを積んでいる。 フルサイズで往来のM型のサイズ感ということが、他のメーカーには無い優位性がある。そろそろフジやリコーあたりが、あのサイズ感でフルサイズを搭載してきそうな時代だが、ライカが長い間35判でM型レンズと、フルサイズセンサーのマッチングを経験してきたところに、道具として使う安心感がある。 僕に関して言えば、レンズはもっぱらズミクロンだ。MPのフィルム時代から、50mmを愛用している。ズミクロンに関してはこちらで書きます。 Leica M10-D のすべてにもどる