ユニクロシームレスパンツ

友人からユニクロのシームレスパンツがいいと聞いて早速購入して試してみた。正式名称は「ユニクロウルトラシームレスローライズボクサーブリーフ」長い。これまでもエアリズムのショーツは持っていた時期があって、その使用感の良さを知ってはいた。シームレスショーツはレディースが先に販売されて、メンズも出してくれないかと願っていたらいつの間にか出ていたらしい。以前のエアリズムとどう変わったか。デザインもさることながら、まず目立つのは素材である。ナイロン71%とポリウレタン29%で、初期のエアリズムはポリエステルメインだったのがナイロンに変わっている。ナイロンは伸縮性と耐久性は高いが、ポリエステルに比べて若干だが抜けが悪く吸水性が高いという特徴がある。何度かこの場所で書いているパタゴニアのバギーズショーツのインナーはポリエステルである。ハイクやラン時のベースレイヤーとしてもポリを着ることが圧倒的に多い。ウールよりも耐久性がありアウトドアを融合した日常使いとしてはポリエステルは良い素材だ。実際履いてみると、縫い目のないシームレスなデザインはストレスがない。そしてナイロンとウレタンの絶妙なバランスによって着心地もいい。化繊でありながら、綿のような着心地を目指したショーツだと言える。夏場であれば以前のモデルの方が抜けがあって良かったかもしれないが、通年通しで着るならば新作のシームレスショーツの方がいいのかもしれない。初見はこのような感じ。個人的にはよりミニマルに、これのブリーフタイプが欲しい。足回りの丈部分はいらない。だが丈があることによって、もうこれでランニングに出たらどうかという思いを抱く。できればこの上にトラウザーを履くのではなくシームレスショーツ1枚で外に出たい感じ。それくらい着心地がよい。ユニクロも一層のことアメアパみたいに全てユニセックスの展開をしたらいいのにと思う。しばらく着込んでみてまた何か気づいたことがあればレビューしたい。